IOTAベースの廃棄物管理センサー「Lidbot」わずか4日で完売

by BITTIMES

アイオータ(IOTA/MIOTA)の技術を活用した廃棄物管理センサーである「Lidbot」は、同社が販売した最初の製品が完売したことを明らかにしました。このセンサーはゴミ箱の情報をタブレットなどで一括管理し、回収作業を効率化できるように設計されています。

こちらから読む:技術活用は"農業分野"でも「IOTA/MIOTA」関連ニュース

廃棄物管理センサー「Lidbot」とは

「Lidbot」は、アイオータ(IOTA/MIOTA)の分散型台帳技術を活用した廃棄物管理センサーであり、すでに利用しているゴミ箱などに取り付けることで簡単にゴミ箱の状況を確認・管理できるように設計されています。

この製品は2020年1月20日に1つあたり100ドル(約1万1,000円)で予約注文を開始しましたが、その4日後には全ての製品が完売したと報告されています。

「Lidbot」はゴミ箱が満杯になったことを自動で検知してゴミ箱の所有者に通知を行う仕組みとなっており、廃棄物回収の効率を高めることができると期待されています。仕組みとしては、ゴミ箱のフタ部分に固定された「Lidbot」がゴミ箱の底までの距離を測定し、一定のラインまでゴミが溜まった時点でアラートが送信される仕組みとなっています。

センサーのバッテリーは2年間以上持続するように設計されており、特別な装置などを必要とせずに120カ国以上で利用できると説明されています。センサーが取り付けられたゴミ箱の情報はタブレットなどで管理することができます。

「Lidbot」の次の発売時期については明らかにされていませんが、「Lidbot」がリツイートした投稿には「次の販売が3月に行われること」が記されているため、来月頃には新たな発表が行われると予想されます。

「Lidbot」は販売用に開発された初めてのIOTA関連製品だと伝えられていますが、IOTAの技術はすでに様々な分野で活用され始めているため、今後はより多くの製品がリリースされることになると期待されます。

>>「Lidbot」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE「XRP保有者に対するSparkトークン付与」の対応方針を発表

BINANCE「XRP保有者に対するSparkトークン付与」の対応方針を発表

企業のブロックチェーン「導入・開発」を支援|日本MicrosoftとLayerXが協力

企業のブロックチェーン「導入・開発」を支援|日本MicrosoftとLayerXが協力

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

Braveブラウザ:パブリッシャー登録数「350,000」を突破|YouTubeなどで利用者拡大

Braveブラウザ:パブリッシャー登録数「350,000」を突破|YouTubeなどで利用者拡大

中国EV「BYD」ブロックチェーンで車両データを一括管理|CO2削減を目指す

中国EV「BYD」ブロックチェーンで車両データを一括管理|CO2削減を目指す

ユヴェントスFCが「Sorare」に参加|イーサリアム上で選手カード発行へ

ユヴェントスFCが「Sorare」に参加|イーサリアム上で選手カード発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

銀座渡利:寿司職人の包丁さばきNFT「SUSHI TOP SHOT」nanakusaで限定販売へ

銀座渡利:寿司職人の包丁さばきNFT「SUSHI TOP SHOT」nanakusaで限定販売へ

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

ディーカレット:国内初「オントロジー(Ontology/ONT)」取扱いへ

ディーカレット:国内初「オントロジー(Ontology/ONT)」取扱いへ

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

Chiliz&Socios:トルコサッカー業界の技術革新に向け「Turkish Union of Clubs」と協力

Chiliz&Socios:トルコサッカー業界の技術革新に向け「Turkish Union of Clubs」と協力

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

コインチェック:安全性向上・詐欺行為対策で「チェイナリシス」の製品スイートを採用

コインチェック:安全性向上・詐欺行為対策で「チェイナリシス」の製品スイートを採用

ビットポイント:口座開設や暗号資産購入でTRXがもらえる「2つのキャンペーン」開始

ビットポイント:口座開設や暗号資産購入でTRXがもらえる「2つのキャンペーン」開始

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

コインチェック「Coincheck IEO」7月1日提供開始|Palette Token(PLT)の購入申込みも

コインチェック「Coincheck IEO」7月1日提供開始|Palette Token(PLT)の購入申込みも

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す