IOTAベースの廃棄物管理センサー「Lidbot」わずか4日で完売

by BITTIMES

アイオータ(IOTA/MIOTA)の技術を活用した廃棄物管理センサーである「Lidbot」は、同社が販売した最初の製品が完売したことを明らかにしました。このセンサーはゴミ箱の情報をタブレットなどで一括管理し、回収作業を効率化できるように設計されています。

こちらから読む:技術活用は"農業分野"でも「IOTA/MIOTA」関連ニュース

廃棄物管理センサー「Lidbot」とは

「Lidbot」は、アイオータ(IOTA/MIOTA)の分散型台帳技術を活用した廃棄物管理センサーであり、すでに利用しているゴミ箱などに取り付けることで簡単にゴミ箱の状況を確認・管理できるように設計されています。

この製品は2020年1月20日に1つあたり100ドル(約1万1,000円)で予約注文を開始しましたが、その4日後には全ての製品が完売したと報告されています。

「Lidbot」はゴミ箱が満杯になったことを自動で検知してゴミ箱の所有者に通知を行う仕組みとなっており、廃棄物回収の効率を高めることができると期待されています。仕組みとしては、ゴミ箱のフタ部分に固定された「Lidbot」がゴミ箱の底までの距離を測定し、一定のラインまでゴミが溜まった時点でアラートが送信される仕組みとなっています。

センサーのバッテリーは2年間以上持続するように設計されており、特別な装置などを必要とせずに120カ国以上で利用できると説明されています。センサーが取り付けられたゴミ箱の情報はタブレットなどで管理することができます。

「Lidbot」の次の発売時期については明らかにされていませんが、「Lidbot」がリツイートした投稿には「次の販売が3月に行われること」が記されているため、来月頃には新たな発表が行われると予想されます。

「Lidbot」は販売用に開発された初めてのIOTA関連製品だと伝えられていますが、IOTAの技術はすでに様々な分野で活用され始めているため、今後はより多くの製品がリリースされることになると期待されます。

>>「Lidbot」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ゲーム産業のブロックチェーン技術採用「遅かれ早かれ現実に」BINANCE CEO

ゲーム産業のブロックチェーン技術採用「遅かれ早かれ現実に」BINANCE CEO

欧州宇宙機関(ESA)衛星活用したブロックチェーン「SpaceChain」に助成金を提供

欧州宇宙機関(ESA)衛星活用したブロックチェーン「SpaceChain」に助成金を提供

税金問題に言及「仮想通貨への課税なくすべき」元米国大統領候補ロン・ポール氏

税金問題に言及「仮想通貨への課税なくすべき」元米国大統領候補ロン・ポール氏

eコマース最大手「Shopify」仮想通貨決済オプションを追加|1,800銘柄に対応

eコマース最大手「Shopify」仮想通貨決済オプションを追加|1,800銘柄に対応

P2P暗号資産取引所「Paxful」マーケットプレイス再開を発表

P2P暗号資産取引所「Paxful」マーケットプレイス再開を発表

コインマーケットキャップ:仮想通貨の「評価・データ分析結果」など配信開始

コインマーケットキャップ:仮想通貨の「評価・データ分析結果」など配信開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説