IOTA財団:モビリティの未来を変える多機能コンセプトカー「EDAG CityBot」を紹介

by BITTIMES   

アイオータ財団(IOTA Foundation)は、2019年11月29日のブログ記事でドイツのエンジニアリング企業「EDAG」と共同開発している多機能コンセプトカー「EDAG CityBot」について紹介しました。IOTAの技術を活用しているこの自律型車両は、様々な目的で活用することができる次世代型の自動車となっています。

こちらから読む:自販機にID認証システムを統合「IOTA/MIOTA」関連ニュース

タクシー・清掃・販売・配達などを行う「自律型車両」

IOTA財団がEDAG社と共に開発を進めている「EDAG CityBot」は、24時間365日休むことなく都市部を移動して、人や物を運んだり、街の清掃を行ったり、人々の手助けをしたりと様々な作業を行う自律型車両です。このコンセプトカーでは、データ通信や支払いなどの面でアイオータ(IOTA/MIOTA)の分散型台帳技術が活用されています。

この自律型車両は環境に優しい燃料電池で動くように設計されているだけでなく、目的に応じて「グループタクシー・清掃車両・配達車両・VIP車両・商品販売車両」などといった様々な形態に変化させて使用することができると伝えられています。IOTA財団は「この車両は終日使用することができるため、駐車スペースの削減にもつながる」と説明しています。

(画像:IOTA)(画像:IOTA)

「EDAG CityBot」は、人間が運転して作業を行うわけではなく、車両それぞれが独自に物事を判断して、車両間で情報通信を行いながら行動をとるように設計されているため、機械間での通信処理や取引を自動化することなどを得意とするIOTAの技術は「EDAG CityBot」に最適なテクノロジーであるといえます。

IOTAの技術が「新たなビジネスモデル」を可能に

IOTA財団は今回の発表の中で、IOTAの具体的な使用用途として以下の5つを挙げており「このようなIOTAの技術がCityBot所有者向けの新しいビジネスモデルを可能にする」と説明しています。
・「機械間」および「機械とインフラ間」の支払い
・安全なデータ通信
・シームレスなID管理
・「IOTA Data Marketplace」などの透明性の高いデータマーケットプレイス
・IOTA対応の業界取引市場およびデータの取引市場

IOTAの技術はすでに自動車業界で広く活用されており、Volkswagen(フォルクスワーゲン)Jaguar Land Rover(ジャガーランドローバー)などの大手自動車メーカーもIOTAの技術を活用していることを発表しています。

自動車業界では自動運転車両などの開発が進められていますが、IOTAの技術はこのような自律型車両にも様々なメリットをもたらすことができるため、今後もIOTAの技術は自動車関連のプロジェクトで積極的に活用されていくことになると予想されます。

(参照元:IOTA財団公式ブログ

2019年12月2日|アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格

アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格は、先月22日に21円付近まで下落して以降は横ばいの状態が続いており、2019年12月2日時点では「1MIOTA=22.46円」で取引されています。

MIOTAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年11月18日〜2019年12月2日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)2019年11月18日〜2019年12月2日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンは「教育分野」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「教育分野」をどのように変えるのか?

イーサリアムは証券となり得るか|米証券取引委員会(SEC)

イーサリアムは証券となり得るか|米証券取引委員会(SEC)

NEM:シンボル(Symbol/XYM)の「公開日延期」を発表

NEM:シンボル(Symbol/XYM)の「公開日延期」を発表

参加メンバー50社以上「Celo Alliance for Prosperity」発足|Libraのライバルとなるか

参加メンバー50社以上「Celo Alliance for Prosperity」発足|Libraのライバルとなるか

アメリカで「Rippleの購入方法」に関心高まる|Google検索量でビットコインを凌駕

アメリカで「Rippleの購入方法」に関心高まる|Google検索量でビットコインを凌駕

イーサリアムクラシックのハードフォーク予定日迫る。カリストとは?

イーサリアムクラシックのハードフォーク予定日迫る。カリストとは?

注目度の高い仮想通貨ニュース

Decentraland:仮想空間上で「Sotheby'sのバーチャルギャラリー」公開

Decentraland:仮想空間上で「Sotheby'sのバーチャルギャラリー」公開

スイスの資産運用会社Valour「CardanoとPolkadotの上場投資商品(ETP)」を発表

スイスの資産運用会社Valour「CardanoとPolkadotの上場投資商品(ETP)」を発表

BINANCEの「入出金・取引手数料」や「アカウントレベル」について解説

BINANCEの「入出金・取引手数料」や「アカウントレベル」について解説

Cardano(ADA)「Catalyst FUND4の有権者登録」期限迫る|本日11日20時まで

Cardano(ADA)「Catalyst FUND4の有権者登録」期限迫る|本日11日20時まで

ローカルビットコイン「ADA・LINK・DOGE」など複数のアルトコインをサポート

ローカルビットコイン「ADA・LINK・DOGE」など複数のアルトコインをサポート

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月16日〜22日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月16日〜22日

コインベース:ブラウザ拡張機能「Coinbase Wallet extension」公開|DeFiなど接続可能に

コインベース:ブラウザ拡張機能「Coinbase Wallet extension」公開|DeFiなど接続可能に

金融庁:暗号資産デリバティブ取引所「Bybit(バイビット)」に警告

金融庁:暗号資産デリバティブ取引所「Bybit(バイビット)」に警告

新作NFTカードゲーム「マイクリプトサーガ」オフィシャルサービス開始

新作NFTカードゲーム「マイクリプトサーガ」オフィシャルサービス開始

BTCのエネルギー消費量に透明性を「ビットコインマイニング協議会」設立へ

BTCのエネルギー消費量に透明性を「ビットコインマイニング協議会」設立へ

Zaif:Symbol取引で「15,000円相当のフィスココインが当たる」キャンペーン開始

Zaif:Symbol取引で「15,000円相当のフィスココインが当たる」キャンペーン開始

取引せずに最大0.1BTCを稼ぐ方法
〜オーバービット・リワード・ハブご利用のすすめ〜

取引せずに最大0.1BTCを稼ぐ方法
〜オーバービット・リワード・ハブご利用のすすめ〜

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す