Binanceは地中海のマルタ島に拠点を開設予定

by BITTIMES   

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)は近い将来、地中海のマルタ島で拠点を開設する予定であることが明らかになりました。マルタでは現地の銀行と共同で法定通貨と仮想通貨の預金と引き出しのサービスを提供する予定となっています。

バイナンスの最高経営責任者(CEO)である趙長鵬(ジャオ・チャンポン/Zhao Changpeng)氏は、Bloomberg(ブルームバーグ)のインタビューで、近いうちにマルタ島で拠点を開設する予定であり、現地の銀行と共同で法定通貨と仮想通貨の預金と引き出しのサービスを提供することを明かしました。

「我々はすぐに銀行業務の提携を発表することができると確信しています。マルタは仮想通貨とフィンテックに関しては非常に進歩的です。」

各国の厳しい規制状況

現在Binanceには正式な本社がなくセキュリティ上の理由から場所を秘密にしていますが、香港/台湾/日本/韓国にオフィスやサーバーを保有していることは明らかになっています。バイナンスはアジア太平洋地域が「法的に不確実である」ため、香港からマルタ島に移転する予定です。

バイナンスは日本と香港の規制当局から営業許可を取得しようとしていましたが「現地の規制当局との衝突を避けるために職員を撤去することにした」と趙氏は述べています。先日日本の金融庁はバイナンスに対して、承認されずに運営することに警告を出しています。

趙昌鵬氏は香港当局との共同作業を試みており議論は進行中ですが、趙氏はその結果は"非常に不確実である"と述べています。
2月に香港の規制当局は、投資家に対して仮想通貨投資のリスクについて注意喚起すると同時に、有価証券とみなされる仮想通貨を取引しないように香港を拠点とする7つの仮想通貨取引所に警告を出しており、バイナンスも警告書を受け取っているとのことです。

仮想通貨に進歩的なマルタ政府

マルタ政府は今年2月に「マルタデジタルイノベーション局」を立ち上げており、ブロックチェーン技術/仮想通貨/ICOを進める企業に法的な確実性を与えるための法律を制定しています。

デジタル経済担当議員のシルビオ・スキブリ氏は、マルタと仮想通貨の3つのステップを次のように概説しました。

第1ステップは権限の設定を扱い、
第2ステップは技術サービス提供者の登録制度と技術契約の証明書を発行する法案を提出することを扱う。
第3段階では、ICOの枠組みと仮想通貨に関連する特定のサービスの提供に関する規制体制を設定する法案を発効させる予定です。

マルタのジョセフ・マスカット首相は、バイナンスのマルタオフィス開設について次のようなツイートを投稿しています。

「バイナンス、マルタへようこそ。私たちはブロックチェーンビジネスの規制において世界の先駆者を目指し、世界クラスのフィンテック企業から選ばられるような司法制度を構築します。」

この首相のツイートに対して、趙氏は次のように答えています。

「首相、光栄です。ブルーバーグの記事には引用されなかった私の発言を紹介します。」

"マルタは仮想通貨とフィンテックにとても積極的だ。我々はマルタが仮想通貨ビジネスを推進していくのに適した場所だと考えています。"

趙氏はブルーバーグへのインタビューの中で、技術的な準備が整えば、今後数ヶ月の間に分散型取引所を立ち上げる予定であると語りました。 現在、約10チームが開発作業を進めていますが、現在の技術は既存の集中型交換システムを置き換えるには遅すぎるとのことです。

(引用元:Bloomberg

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bianace Jersey:公式Twitterハッキングされる→ハッカーに「報奨金」を授与

Bianace Jersey:公式Twitterハッキングされる→ハッカーに「報奨金」を授与

フィアット取引:アルトコインも購入できる仮想通貨取引所が増加|市場回復なるか

フィアット取引:アルトコインも購入できる仮想通貨取引所が増加|市場回復なるか

コインチェック:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」の対応方針を発表

コインチェック:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」の対応方針を発表

バイナンス「アメリカ」に進出|規制遵守した仮想通貨取引所「Binance US」設立を表明

バイナンス「アメリカ」に進出|規制遵守した仮想通貨取引所「Binance US」設立を表明

Binance取引一時停止から再開|実行犯逮捕の懸賞金に「11億円」

Binance取引一時停止から再開|実行犯逮捕の懸賞金に「11億円」

仮想通貨取引所Binanceで利用者のAPIハッキングか?

仮想通貨取引所Binanceで利用者のAPIハッキングか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン「最大全額キャッシュバックキャンペーン」開始

GMOコイン「最大全額キャッシュバックキャンペーン」開始

Apple:仮想通貨業界での経験有する「決済関連の事業開発マネージャー」を募集

Apple:仮想通貨業界での経験有する「決済関連の事業開発マネージャー」を募集

ディーカレット:販売所3銘柄で「スプレッド原則固定キャンペーン」開催へ

ディーカレット:販売所3銘柄で「スプレッド原則固定キャンペーン」開催へ

新作NFTカードゲーム「マイクリプトサーガ」オフィシャルサービス開始

新作NFTカードゲーム「マイクリプトサーガ」オフィシャルサービス開始

GMOコイン:スギちゃん出演の「新テレビCM」放映へ|記念キャンペーンも開催

GMOコイン:スギちゃん出演の「新テレビCM」放映へ|記念キャンペーンも開催

DMMビットコイン:新規口座開設で「2,000円がもらえる」キャンペーン開始

DMMビットコイン:新規口座開設で「2,000円がもらえる」キャンペーン開始

IOST基盤の日本円連動ステーブルコイン「JPYA」販売開始:プラチナエッグ

IOST基盤の日本円連動ステーブルコイン「JPYA」販売開始:プラチナエッグ

日本銀行の黒田総裁「暗号資産は投機的だが、ステーブルコインは決済手段になり得る」

日本銀行の黒田総裁「暗号資産は投機的だが、ステーブルコインは決済手段になり得る」

ビットポイント:口座開設+入金で「3,000円分のTRX」がもらえるキャンペーン開始

ビットポイント:口座開設+入金で「3,000円分のTRX」がもらえるキャンペーン開始

暗号資産デリバティブ大手「Bybit」中国のIPアドレス関連アカウント停止へ

暗号資産デリバティブ大手「Bybit」中国のIPアドレス関連アカウント停止へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月9日〜15日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月9日〜15日

Chiliz&Socios:サッカーアルゼンチン代表チームの「$ARGトークン販売」詳細を発表

Chiliz&Socios:サッカーアルゼンチン代表チームの「$ARGトークン販売」詳細を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す