【HBAR価格高騰】Google:Hedera Hashgraphの「評議会メンバー」に参加

by BITTIMES   

Google(グーグル)は、2020年2月11日にDAG(有向非巡回グラフ)ベースの分散型台帳ネットワーク「ヘデラ・ハッシュグラフ(Hedera Hashgraph/HBAR)」の運営評議会である「Hedera Governing Council」に参加すると発表しました。

こちらから読む:Weiss Ratings、2020年2月版の格付け公開「仮想通貨」関連ニュース

グーグル「Hedera Governing Council」に参加

Google(グーグル)は、2020年2月11日に分散型台帳技術(DLT)を使った高速プラットフォームである「ヘデラ・ハッシュグラフ(Hedera Hashgraph/HBAR)」の運営評議会「Hedera Governing Council」に参加すると発表しました。

ヘデラ・ハッシュグラフ(Hedera Hashgraph/HBAR)は、ブロックチェーン構造を持たない分散型台帳技術を用いた高速プラットフォームであり、1秒あたり数十万件のトランザクションを処理できる高性能かつ安全で公平なネットワークとなっています。

企業が分散型アプリケーション(DApps)を開発するための基盤としても活用されているこのプラットフォームは、すでに「Google Cloud Platform」のプレミアムネットワーク層を活用しており、開発者はGoogleの位置情報データやインフラなどを活用することができるようになっています。

「Hedera Governing Council」は、Hederaネットワークの運営計画を主導し、ネットワーク運用の安定性・信頼性確保に取り組んでいる組織であり、Googleの他にも
IBM(アイビーエム)- IT大手
・Boeing(ボーイング)- 航空宇宙機器開発製造大手
・Tata Communications(タタ・コミュニケーションズ)- ネットワークプロバイダー
・野村ホールディングス - 投資銀行・証券持株会社
・Fidelity National Information Services - 金融サービス大手
などといった大手企業を含む合計39社が参加しています。

この評議会は1社1票制で運営を行うことによって、特定の企業に権力が集中しないように設計されており、評議会を管理する企業は2年ごとに変更されると伝えられています。評議会メンバーの中には「IT・航空機製造・金融機関・法律事務所」などといった様々な業種の企業が参加しているため、様々な業界でプラットフォームを活用していけると期待されます。

>>「Google」の公式発表はこちら

仮想通貨HBAR、24時間で「120%以上」価格高騰

ヘデラ・ハッシュグラフ(Hedera Hashgraph)の独自仮想通貨である「HBAR」の価格は今回の発表を受けて大幅に高騰しており、過去24時間の上昇率は記事執筆時点で127%に達しています。

HBARは今年1月まで1円台での推移を続けていましたが、2020年2月12日時点では「1HBAR=4.69円」まで上昇しているため、今後の動きにも注目が集まります。

HBARを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら。
>>仮想通貨取引所BINANCEの登録ページはこちら

2020年1月29日〜2020年2月12日 HBAR/JPYのチャート(画像:Coingecko)2020年1月29日〜2020年2月12日 HBAR/JPYのチャート(画像:Coingecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

メキシコ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)「2024年までの発行」を予定

メキシコ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)「2024年までの発行」を予定

仮想通貨決済で賃貸物件が借りられる「CryptoResidence」公開|BTCで家賃支払いが可能に

仮想通貨決済で賃貸物件が借りられる「CryptoResidence」公開|BTCで家賃支払いが可能に

SpaceX:グッズ販売で「ドージコイン決済」対応へ|マスク氏のツイートでDOGE価格急騰

SpaceX:グッズ販売で「ドージコイン決済」対応へ|マスク氏のツイートでDOGE価格急騰

MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

【速報】コインチェック:取引所で「アルトコイン」の取り扱い開始

【速報】コインチェック:取引所で「アルトコイン」の取り扱い開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノDEX「SundaeSwap v3」メインネットローンチ迫る|取引処理速度が10倍に

カルダノDEX「SundaeSwap v3」メインネットローンチ迫る|取引処理速度が10倍に

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

カルダノのオープンソース開発を推進「PRAGMA」設立|dcSpark・Sundae Labsなども参加

カルダノのオープンソース開発を推進「PRAGMA」設立|dcSpark・Sundae Labsなども参加

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す