【HBAR価格高騰】Google:Hedera Hashgraphの「評議会メンバー」に参加

by BITTIMES   

Google(グーグル)は、2020年2月11日にDAG(有向非巡回グラフ)ベースの分散型台帳ネットワーク「ヘデラ・ハッシュグラフ(Hedera Hashgraph/HBAR)」の運営評議会である「Hedera Governing Council」に参加すると発表しました。

こちらから読む:Weiss Ratings、2020年2月版の格付け公開「仮想通貨」関連ニュース

グーグル「Hedera Governing Council」に参加

Google(グーグル)は、2020年2月11日に分散型台帳技術(DLT)を使った高速プラットフォームである「ヘデラ・ハッシュグラフ(Hedera Hashgraph/HBAR)」の運営評議会「Hedera Governing Council」に参加すると発表しました。

ヘデラ・ハッシュグラフ(Hedera Hashgraph/HBAR)は、ブロックチェーン構造を持たない分散型台帳技術を用いた高速プラットフォームであり、1秒あたり数十万件のトランザクションを処理できる高性能かつ安全で公平なネットワークとなっています。

企業が分散型アプリケーション(DApps)を開発するための基盤としても活用されているこのプラットフォームは、すでに「Google Cloud Platform」のプレミアムネットワーク層を活用しており、開発者はGoogleの位置情報データやインフラなどを活用することができるようになっています。

「Hedera Governing Council」は、Hederaネットワークの運営計画を主導し、ネットワーク運用の安定性・信頼性確保に取り組んでいる組織であり、Googleの他にも
IBM(アイビーエム)- IT大手
・Boeing(ボーイング)- 航空宇宙機器開発製造大手
・Tata Communications(タタ・コミュニケーションズ)- ネットワークプロバイダー
・野村ホールディングス - 投資銀行・証券持株会社
・Fidelity National Information Services - 金融サービス大手
などといった大手企業を含む合計39社が参加しています。

この評議会は1社1票制で運営を行うことによって、特定の企業に権力が集中しないように設計されており、評議会を管理する企業は2年ごとに変更されると伝えられています。評議会メンバーの中には「IT・航空機製造・金融機関・法律事務所」などといった様々な業種の企業が参加しているため、様々な業界でプラットフォームを活用していけると期待されます。

>>「Google」の公式発表はこちら

仮想通貨HBAR、24時間で「120%以上」価格高騰

ヘデラ・ハッシュグラフ(Hedera Hashgraph)の独自仮想通貨である「HBAR」の価格は今回の発表を受けて大幅に高騰しており、過去24時間の上昇率は記事執筆時点で127%に達しています。

HBARは今年1月まで1円台での推移を続けていましたが、2020年2月12日時点では「1HBAR=4.69円」まで上昇しているため、今後の動きにも注目が集まります。

HBARを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら。
>>仮想通貨取引所BINANCEの登録ページはこちら

2020年1月29日〜2020年2月12日 HBAR/JPYのチャート(画像:Coingecko)2020年1月29日〜2020年2月12日 HBAR/JPYのチャート(画像:Coingecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

IOTAベースの廃棄物管理センサー「Lidbot」わずか4日で完売

IOTAベースの廃棄物管理センサー「Lidbot」わずか4日で完売

【注意】IOTA(MIOTA)ウォレットで「ユーザー資金盗難」の被害

【注意】IOTA(MIOTA)ウォレットで「ユーザー資金盗難」の被害

日米欧の大手銀行「仮想通貨」発行を計画|ブロックチェーンで海外送金を効率化

日米欧の大手銀行「仮想通貨」発行を計画|ブロックチェーンで海外送金を効率化

米国のトランプ大統領が仮想通貨ペトロの購入を禁止

米国のトランプ大統領が仮想通貨ペトロの購入を禁止

トルコの不動産会社:複数銘柄対応の「暗号資産決済」を導入|オンライン物件閲覧も可能

トルコの不動産会社:複数銘柄対応の「暗号資産決済」を導入|オンライン物件閲覧も可能

国際的な業界団体「世界ステーブルコイン協会(WSA)」発足|多数の関連企業が参加予定

国際的な業界団体「世界ステーブルコイン協会(WSA)」発足|多数の関連企業が参加予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月17日〜23日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月17日〜23日

Crypto.com:旅行宿泊予約サイト「Booking.com」と提携|最大25%割引を提供

Crypto.com:旅行宿泊予約サイト「Booking.com」と提携|最大25%割引を提供

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

Chiliz関連ファントークン:ラテンアメリカ最大の取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

Chiliz関連ファントークン:ラテンアメリカ最大の取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

Sociosアプリ「Token Hunt Explosion」開催|大量のファントークン・CHZを無料配布

Sociosアプリ「Token Hunt Explosion」開催|大量のファントークン・CHZを無料配布

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す