【HBAR価格高騰】Google:Hedera Hashgraphの「評議会メンバー」に参加

by BITTIMES   

Google(グーグル)は、2020年2月11日にDAG(有向非巡回グラフ)ベースの分散型台帳ネットワーク「ヘデラ・ハッシュグラフ(Hedera Hashgraph/HBAR)」の運営評議会である「Hedera Governing Council」に参加すると発表しました。

こちらから読む:Weiss Ratings、2020年2月版の格付け公開「仮想通貨」関連ニュース

グーグル「Hedera Governing Council」に参加

Google(グーグル)は、2020年2月11日に分散型台帳技術(DLT)を使った高速プラットフォームである「ヘデラ・ハッシュグラフ(Hedera Hashgraph/HBAR)」の運営評議会「Hedera Governing Council」に参加すると発表しました。

ヘデラ・ハッシュグラフ(Hedera Hashgraph/HBAR)は、ブロックチェーン構造を持たない分散型台帳技術を用いた高速プラットフォームであり、1秒あたり数十万件のトランザクションを処理できる高性能かつ安全で公平なネットワークとなっています。

企業が分散型アプリケーション(DApps)を開発するための基盤としても活用されているこのプラットフォームは、すでに「Google Cloud Platform」のプレミアムネットワーク層を活用しており、開発者はGoogleの位置情報データやインフラなどを活用することができるようになっています。

「Hedera Governing Council」は、Hederaネットワークの運営計画を主導し、ネットワーク運用の安定性・信頼性確保に取り組んでいる組織であり、Googleの他にも
IBM(アイビーエム)- IT大手
・Boeing(ボーイング)- 航空宇宙機器開発製造大手
・Tata Communications(タタ・コミュニケーションズ)- ネットワークプロバイダー
・野村ホールディングス - 投資銀行・証券持株会社
・Fidelity National Information Services - 金融サービス大手
などといった大手企業を含む合計39社が参加しています。

この評議会は1社1票制で運営を行うことによって、特定の企業に権力が集中しないように設計されており、評議会を管理する企業は2年ごとに変更されると伝えられています。評議会メンバーの中には「IT・航空機製造・金融機関・法律事務所」などといった様々な業種の企業が参加しているため、様々な業界でプラットフォームを活用していけると期待されます。

>>「Google」の公式発表はこちら

仮想通貨HBAR、24時間で「120%以上」価格高騰

ヘデラ・ハッシュグラフ(Hedera Hashgraph)の独自仮想通貨である「HBAR」の価格は今回の発表を受けて大幅に高騰しており、過去24時間の上昇率は記事執筆時点で127%に達しています。

HBARは今年1月まで1円台での推移を続けていましたが、2020年2月12日時点では「1HBAR=4.69円」まで上昇しているため、今後の動きにも注目が集まります。

HBARを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら。
>>仮想通貨取引所BINANCEの登録ページはこちら

2020年1月29日〜2020年2月12日 HBAR/JPYのチャート(画像:Coingecko)2020年1月29日〜2020年2月12日 HBAR/JPYのチャート(画像:Coingecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2040年:ビットコイン(BTC)は「金を置き代える」存在に|Block.one CEOが強気発言

2040年:ビットコイン(BTC)は「金を置き代える」存在に|Block.one CEOが強気発言

Chiliz Exchange:パリ・サンジェルマンFCの公式ファントークン「PSG」本日取引開始

Chiliz Exchange:パリ・サンジェルマンFCの公式ファントークン「PSG」本日取引開始

シンガポール中銀、ブロックチェーンや暗号通貨に前向き

シンガポール中銀、ブロックチェーンや暗号通貨に前向き

中国人民銀行:デジタル人民元、2019年内にも「試験導入開始」の可能性=現地報道

中国人民銀行:デジタル人民元、2019年内にも「試験導入開始」の可能性=現地報道

Shellyメインネット、年内リリースできなければ「自分の靴食べる」Charles Hoskinson

Shellyメインネット、年内リリースできなければ「自分の靴食べる」Charles Hoskinson

ビットポイント:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

ビットポイント:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン基盤の地震対策コイン「ナマズトークン」を発表:ツバイスペース

ブロックチェーン基盤の地震対策コイン「ナマズトークン」を発表:ツバイスペース

Coinbase Pro:Libraのライバル「CELO」取扱いへ|上場発表で価格は約2倍に

Coinbase Pro:Libraのライバル「CELO」取扱いへ|上場発表で価格は約2倍に

中国建設銀行:デジタル人民元用の「ウォレット機能」を一時的に公開

中国建設銀行:デジタル人民元用の「ウォレット機能」を一時的に公開

セキュリティトークン取引所「大阪・神戸」に設立|SBI北尾社長の国際金融都市構想

セキュリティトークン取引所「大阪・神戸」に設立|SBI北尾社長の国際金融都市構想

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

BINANCE:ステーキングで新たな資産が獲得できる「Launchpool」を発表

BINANCE:ステーキングで新たな資産が獲得できる「Launchpool」を発表

コインチェック:イーサリアムクラシック(ETC)の取扱い「一時停止」を発表

コインチェック:イーサリアムクラシック(ETC)の取扱い「一時停止」を発表

DeFiプロジェクトKava:クロスチェーンマネーマーケット「Harvest」公開へ

DeFiプロジェクトKava:クロスチェーンマネーマーケット「Harvest」公開へ

Chiliz Exchange:公式ファントークン「APL・CAI・TH」の取引開始

Chiliz Exchange:公式ファントークン「APL・CAI・TH」の取引開始

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

香港ビットコイン協会:路面電車などで「BTC広告」を大々的に掲載

香港ビットコイン協会:路面電車などで「BTC広告」を大々的に掲載

Chiliz Exchange:モータースポーツゲームのメイントークン「REVV」取扱い開始

Chiliz Exchange:モータースポーツゲームのメイントークン「REVV」取扱い開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す