暗号資産取引所「BITMAX(ビットマックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

by BITTIMES   

LINE(ライン)のサービス内で提供されている暗号資産取引サービス「BITMAX(ビットマックス)」の基本情報やサービスの概要、取り扱う仮想通貨・特徴・メリット・デメリットなどを初心者向けにわかりやすく解説します。

こちらから読む:BITMAX関連の記事を新着順で確認「BITMAX」関連ニュース

BITMAX(ビットマックス)とは

BITMAX-Logo

BITMAX(ビットマックス)とは、人気のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である「LINE(ライン)」のサービス内で提供されている暗号資産取引サービスです。BITMAXは暗号資産交換業者として登録を完了しているLINE株式会社のグループ会社「LVC株式会社」によって運営されています。

日本国内の暗号資産取引所の多くは"WEBサイトでのサービス提供"がメインとなっていますが、BITMAXは「LINEのアプリ内」で利用することができる暗号資産取引サービスとなっており、高性能なチャート分析機能などは搭載されていないものの、誰でも気軽にスマートフォンで利用できるサービスとなっています。

LINE関連のサービスと連携をとっている「BITMAX」では、LINEが提供しているスマホ決済サービス「LINE Pay(ラインペイ)」との間で入出金を行うことができる他、LINE独自の暗号資産である「リンク(LINK/LN)」も取り扱っています。

取り扱う仮想通貨

BITMAX(ビットマックス)が取り扱う仮想通貨は2020年8月時点で以下の6銘柄となっています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
リンク(LINK/LN)

サービスの種類・概要

暗号資産の売買サービス

「暗号資産の売買サービス」では、BITMAXが取り扱っている暗号資産と日本円(JPY)の取引を行うことができます。暗号資産の取引は全てLINEのアプリ内で完結するようになっており、売買した銘柄を選択して、売買したい数量し、買うまたは売るのボタンをタップするだけで簡単に暗号資産を売買することができます。

WEBブラウザ版などで提供されているような上級者向けの機能は搭載されていないものの、自分が指定した価格に到達した時点で通知を受け取ることができる「指定価格通知機能」などは提供されているため『スマートフォンでいつでも簡単・手軽に取引したい』と考えている方などには魅力的なサービスとなっています。

取引概要

売買に関する制限

取引単位最小取引数量最大取引金額(数量)
LN/JPY0.001 LN0.01 LN20 LN/回
BTC/JPY0.001 BTC0.001 BTC100万円/回
ETH/JPY0.001 ETH0.01 ETH100万円/回
XRP/JPY0.01 XRP1 XRP50万円/回
BCH/JPY0.001 BCH0.01 BCH100万円/回
LTC/JPY0.001 LTC0.01 LTC100万円/回

入出庫に関する制限

最小入庫数量/1回最小出庫数量/1回最大出庫数量/1日
LINK現在準備中現在準備中現在準備中
BTC制限なし0.0001 BTCJPY換算100万円/1日あたり
ETH0.005 ETH0.001 ETHJPY換算100万円/1日あたり
XRP制限なし30 XRPJPY換算100万円/1日あたり
BCH制限なし0.001 BCHJPY換算100万円/1日あたり
LTC制限なし0.001 LTCJPY換算100万円/1日あたり

※BITMAXユーザー間の入出庫は制限なし

入出金に関する制限

1日に入金できる限度額1日に出金できる限度額
LINE Pay100万円100万円
銀行口座無制限1000万円

各種手数料

暗号資産の売買手数料

BITMAX(ビットマックス)における暗号資産の売買手数料は"無料"となっています。ただし、暗号資産を取引する際に提示される価格には「スプレッド(取引コスト)」が含まれています。

日本円の入出金手数料

入金出金
LINE Pay110円(*1)110円
銀行口座無料400円

(*1)期間限定で「LINE Payからの入金手数料無料キャンペーン」なども開催

暗号資産の入出庫手数料

入庫出庫
LINK現在準備中現在準備中
BTC無料0.001 BTC
ETH無料0.005 ETH
XRP無料0.15 XRP
BCH無料0.001 BCH
LTC無料0.001 LTC

※BITMAXユーザー間の入出庫にかかる手数料は無料

BITMAX(ビットマックス)のメリット

merit

簡単に暗号資産投資を開始できる

BITMAX(ビットマックス)はLINEのアプリを利用している方であれば、簡単に利用し始めることができるように設計されています。実際に利用する場合には、LINEアプリ右下に表示されている「ウォレットタブ」へと移動して、「BITMAX」の項目をタップし、簡単な手続きを行うだけでサービスを利用することができます。

口座開設を行う際に必要となる「本人確認手続き(KYC)」などもアプリ内で必要事項を入力して、いくつかの写真を撮影するだけですぐに完了するようになっているため、『暗号資産取引所の登録は難しそう』と感じている方でも比較的簡単に暗号資産投資を始めることができます。

操作方法がかんたん

BITMAX(ビットマックス)の暗号資産取引サービスは非常にシンプルな設計となっているため、初心者の方でも手軽に暗号資産を売買することができます。実際に暗号資産を購入する場合には、登録完了後に「BITMAX」のページへと移動して「銀行口座」または「LINE Pay」から日本円を入金し、購入したい暗号資産と数量を選択して「買う」をタップするだけで購入することができます。

ビットマックスのトップページでは「自分の総資産」と「累積損益」が表示されているため、資産が増えているかどうかもすぐに確認することが可能です。

LINE独自通貨「リンク(LINK/LN)」を売買できる

BITMAX(ビットマックス)では、LINEの独自通貨である「リンク(LINK/LN)」を売買することができます。リンク(LINK/LN)を売買することができる暗号資産取引所は、2020年8月時点では"BITMAXのみ"となっています。

リンク(LINK/LN)はすでに海外の暗号資産取引所にも上場しており、LINEが提供する様々なサービスでも獲得することができるようになっているため、今後LINEがLINK関連のサービスを拡大すれば、LINKもさらに成長していくことになると予想されます。

BITMAX(ビットマックス)のデメリット

Demerit

提供されているサービスが少ない

BITMAX(ビットマックス)で提供されているサービスは「暗号資産の売買サービス」のみとなっているため「仮想通貨決済・仮想通貨積立・レバレッジ取引」などといったその他のサービスを利用したいという方には向いていません。

ビットマックスのサービスは手軽に利用できるサービスとなっているものの、機能面はそれほど充実していないため、決済・積み立て・証拠金取引などを利用したい場合にはその他の暗号資産取引所を利用する必要があります。

チャートなどの詳しい情報が確認しづらい

一部の暗号資産取引所では、取引所で提供されている「ローソク足チャート」にトレンドラインなどを書くことができる機能などが提供されていますが、BITMAXではそのような高度な機能は提供されていないため、『過去の動きなども分析しながら取引したい』という方にはやや不便なものとなっています。

スプレッド(売値と買値の差)が大きい

BITMAX(ビットマックス)は取引手数料が無料となっているものの「スプレッド(売値と買値の差)が大きい」というデメリットがあります。スプレッドが狭い取引所であれば、暗号資産購入後もすぐに収益がプラスとなる場合がありますが、スプレッドが狭い場合には購入直後に一定のマイナスを抱えることになります。

このようなことを踏まえて考えると、BITMAXのサービスは"長期的な目線"で暗号資産に投資する際などに適していると考えられます。BITMAXに関するより詳しい情報は以下の公式サイトをご覧ください。
>>「BITMAX」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国BMW:ブロックチェーン基盤の報酬プログラム「BMW Vantage」を発表

韓国BMW:ブロックチェーン基盤の報酬プログラム「BMW Vantage」を発表

ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークで高騰中

ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークで高騰中

米政治家トム・エマー「2019年はブロックチェーン実用化へ」適切な規制の重要性を強調

米政治家トム・エマー「2019年はブロックチェーン実用化へ」適切な規制の重要性を強調

「1,000ZAIFトークン」送付!ザイフが事業譲渡の承諾者に謝礼|価格上昇も

「1,000ZAIFトークン」送付!ザイフが事業譲渡の承諾者に謝礼|価格上昇も

Poloniex「パスワード・メールアドレス流出」について公式声明

Poloniex「パスワード・メールアドレス流出」について公式声明

Libra協会に政府系ファンドを含む「投資会社3社」が参加

Libra協会に政府系ファンドを含む「投資会社3社」が参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨が稼げる「スペースインベーダーのアーケードゲーム」を設置:英Pixel Bar

仮想通貨が稼げる「スペースインベーダーのアーケードゲーム」を設置:英Pixel Bar

チリーズ(Chiliz)Socios.comで「独自のステーキングサービス」提供へ

チリーズ(Chiliz)Socios.comで「独自のステーキングサービス」提供へ

Coinbase Pro:Libraのライバル「CELO」取扱いへ|上場発表で価格は約2倍に

Coinbase Pro:Libraのライバル「CELO」取扱いへ|上場発表で価格は約2倍に

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月13日〜19日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月13日〜19日

買い物で暗号資産がもらえるアプリ「SocialGood App」リリース

買い物で暗号資産がもらえるアプリ「SocialGood App」リリース

暗号資産取引所「FXcoin(FXコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「FXcoin(FXコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

韓国1位の暗号資産取引所「仮想通貨関連詐欺」の容疑で家宅捜索

韓国1位の暗号資産取引所「仮想通貨関連詐欺」の容疑で家宅捜索

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

bitFlyer Europe「新たなトレーディング機能」発表へ|日本ユーザーにも関係

bitFlyer Europe「新たなトレーディング機能」発表へ|日本ユーザーにも関係

DMMビットコイン「最大2万円プレゼント!アプリ90万DL突破!キャンペーン」開催へ

DMMビットコイン「最大2万円プレゼント!アプリ90万DL突破!キャンペーン」開催へ

暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

本田圭佑オーナーのサッカークラブ「FiNANCiE」でトークン発行【日本国内初】

本田圭佑オーナーのサッカークラブ「FiNANCiE」でトークン発行【日本国内初】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す