スマホ決済サービス「LINE Pay(ラインペイ)」特徴・メリット・使い方を詳しく解説

by BITTIMES   

スマホ決済を気軽に始めることができるだけでなく、限定クーポンの発行やポイント還元、友人間での送金、割り勘機能などといった様々な特徴を備えていることで高い評価を受けている「LINE Pay(ラインペイ)」に関する基本情報やメリット、デメリット、注意点、登録方法、使い方などを画像・動画付きで分かりやすく解説します。

こちらから読む:メルカリやゆうちょ銀行も参加「スマホ決済」関連ニュース

LINE Pay(ラインペイ)とは?

LINE Pay(ラインペイ)とは、韓国の大手インターネットサービス会社「NAVER(ネイバー)」の傘下に属する「LINE株式会社」が提供しているスマホ決済アプリです。同社が提供しているソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「LINE」の友達同士であれば、気軽に「送金/送金依頼/割り勘」などと行ったお金のやりとりを行うことができます。

送金に使用するお金は電子マネーとなっているため、銀行口座やコンビニなどから現金をチャージすることによって、それらのお金をスマートフォンで送金することができるようになります。

チャージが完了すれば「LINE Payに対応している加盟店での買い物」や「LINEの友達への送金や割り勘」を行うことができます。また、LINE Payが使えるお店では"特別優待"の特典なども用意されているため、通常の現金払いよりもお得なサービスを受けることも可能です。

LINE Pay(ラインペイ)のメリット

LINE Pay(ラインペイ)のメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

利用登録が非常に簡単、複雑な手続きは必要なし

LINE Payは、メッセージアプリ「LINE」を利用している方であれば利用規約に同意するだけで簡単に登録を完了することができます。決済や送金・出金を行う際には安全のためのパスワード設定が必要となりますが、複雑な会員登録の手続きなどを行う必要はありません。

財布を持ち歩く必要なし、スマホだけで簡単決済

LINE Payを使用していれば、かさばる財布を持ち歩く必要はありません。事前にアカウント残高をチャージしておけば、ポケットに入っているスマートフォンだけで簡単かつスピーディに支払いを行うことができます。

手数料無料で送金・割り勘も簡単

LINE Payを利用すれば、24時間365日、手数料無料で簡単に「送金/送金依頼/割り勘」を行うことができます。安全に取引を行うために事前の本人確認をを完了する必要がありますが、この作業を一度完了すれば、その後は非常にスムーズに支払いを行うことができます。

お得なクーポン付き

LINE Payは、他では入手することができないお得なクーポンを情報も配信しています。アプリを起動すれば簡単に複数のクーポン情報を確認することができるようになっており、実際に利用する際もクーポンを選択してそのまま支払いを行うことができます。

LINEポイントが貯まる

LINE Payは、使えば使うほど「LINEポイント」が貯まる仕組みとなっています。貯まったポイントは「LINEスタンプ」や「着せ替え」などに使用できるだけでなく、日常生活での支払いなどに利用することもできます。

国際的なセキュリティ認証を取得

LINE Payは、情報漏えいや不正アクセスを防止し、決済が完了するまでの全てのプロセスを安全に行うための国際的な基準である「PCI DSS」や、さまざまな情報資産を守り有効に活用するためのマネジメントシステム規格である「ISO/IEC 27001」に準拠した、安全で信頼性の高いサービスを提供しています。

LINE Pay(ラインペイ)の注意点

銀行口座への出金には手数料がかかる

LINE Payから銀行口座に出金する際には「216円の手数料」が必要となります。そのためチャージし過ぎたりしないようにすることや、頻繁に出金したりすることがないように注意が必要です。

QRコード・バーコードの有効期限に注意

LINE Payの「QRコード」や「バーコード」には有効期限があります。これらのコードは発行されてから5分以内に決済を行う必要があるため、コードを発行する際はあまり早まり過ぎずに支払いを行う少し前に行うようにしましょう。

LINE Pay(ラインペイ)の使い方

LINE Payの登録方法

LINE Payの登録方法は非常にシンプルで簡単です。すでにLINEのアプリを利用している方は普段使用しているメッセージアプリ「LINE」を起動して画面右下にある「ウォレット」のページに移動し、ページ上部に表示されている「LINE Payをはじめる」から利用規約に同意するだけで簡単に登録を完了することができます。

「LINE Payをはじめる」をクリックして利用規約に同意「LINE Payをはじめる」をクリックして利用規約に同意

登録が完了すれば「LINE Pay」の残高画面が表示されますが、先に「パスワード」の設定を行うようにしましょう。画面上部に「パスワード設定」を促す画面が表示されるため、そこをタップすることによってパスワード(暗証番号)の設定ページに移動します。パスワードは「6桁の数字」となっているため、設定するパスワードを入力して下さい。なお、パスワード登録後に「指紋認証機能(Touch IDなど)」へのアクセスを許可すれば、指紋認証でのアクセスも可能になります。

LINE Payのパスワード設定方法LINE Payのパスワード設定方法

ここまでの手順を完了したユーザーは、"QRコード決済のみ"を使用することができる「LINE Cash」のアカウントということになります。個人間送金や出金などといった全ての機能を使用するためには、銀行口座登録を行って「LINE Money」のアカウントに昇格する必要があります。なお、この"銀行口座連携"を行うことによって「本人確認」が完了したことになります。

本人確認(銀行口座連携)の方法

本人確認(銀行口座連携)が完了すると、以下の3つの機能を使うことができるようになります。
①残高上限の解除
②LINEの友だちに送金
③LINE Payの口座残高を銀行口座へ出金

本人確認を行うためには「LINE Pay」のページから「銀行口座」を選択し、利用規約に同意する必要があります。同意が完了したら、連携したい銀行を選択して、名前や生年月日などの情報を入力し、各銀行ページの指示に従って連携を進めて下さい。

「銀行口座」を選択して規約に同意、連携したい銀行を選択後に各種情報を入力「銀行口座」を選択して規約に同意、連携したい銀行を選択後に各種情報を入力

連携が完了したら「LINE Pay」ページの画面下部の「設定ボタン」からアカウント情報を確認し、アカウントタイプが「LINE Money」に切り替わっていることを確認しましょう。無事に切り替わっていれば本人確認(銀行口座連携)は完了です。

「設定ボタン」からアカウント情報を確認、アカウントタイプが「LINE Money」に切り替わっていればOK「設定ボタン」からアカウント情報を確認、アカウントタイプが「LINE Money」に切り替わっていればOK

LINE Pay(ラインペイ)のチャージ方法

LINE Payのチャージ方法は、以下の4種類があります。

銀行口座

銀行口座を登録すると、登録した口座からLINE Payの口座にチャージすることができます。

LINE Pay カード レジチャージ

店頭で「LINE Pay カード」を使えば簡単にチャージすることができます。

コンビニ

コンビニで支払いを行なってLINE Payの口座にチャージすることも可能です。

オートチャージ

オートチャージ機能を使用すれば、残高が設定された最低残高を下回った場合に、銀行口座から自動でチャージするように設定することもできます。

LINE Pay(ラインペイ)の決済方法

LINE Payの決済方法は、
・LINE Pay カード
・コード決済
・オンライン決済
の3種類があります。

LINE Pay カード

「LINE Pay カード」は、国内外のJCB加盟店3,300万店舗で使用することができ、使うたびにポイントが貯まるお得なチャージ式プリペイドカードです。

コード決済

「コード決済」は、リアル店舗の「LINE Pay加盟店」で支払いを行う際にスタッフに「LINE Payで支払う」ということを伝えることによって使用することができます。

支払い方法としては、
・スマートフォンでコード画面を表示してレジで店員さんに読み取ってもらう方法
・スマートフォンで店舗に設置されたQRコードを読み取って支払う方法
の2種類があります。

オンライン決済

「オンライン決済」でLINE Payを使用する場合には、実際に何かを購入する際に「LINE Pay」を選択することによって、行うことができます。

送金・送金依頼・割り勘の方法

送金、送金依頼、割り勘の方法送金、送金依頼、割り勘の方法

送金、送金依頼、割り勘のサービスは、ウォレット画面に表示されているそれぞれのボタンを選択することによって使用することができます。利用するサービスを選択したら、表示される指示に従って友達を選択し、金額やメッセージなどを入力して決定ボタンを押しましょう。

なお、友達が「LINE Pay」のサービスに加入していない場合には、加入後にそれぞれの依頼が完了されます。また、送金サービスを申し込んだ後に7日間経過しても送金が完了しなかった場合には自動的に送金がキャンセルされることになります。

LINE Payが使えるお店

LINE Payが使えるお店は現在も増え続けています。「LINE Pay」のタブに表示されている「使えるお店」ボタンを選択して、位置情報へのアクセスを許可すれば、自分のいる地域周辺の「LINE Pay対応店舗」を素早く見つけることができます。

お店によっては非常にお得なクーポンを発行している場合もあるため、既存のユーザーの間ではそれらのクーポンを賞賛する声も複数上がっています。これから対応店舗がさらに拡大し、クーポンの種類が増加すれば、今後もより多くの人々に利用され、個人間での送金の幅もさらに広がることになると予想されます。

「LINE Pay」に関する詳しい情報は以下の公式サイトをどうぞ
>>「LINE Pay」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【東京都】LINE Payなどのスマホ決済で「水道料金」の支払いが可能に

【東京都】LINE Payなどのスマホ決済で「水道料金」の支払いが可能に

流出したNEMをダークウェブで取引した日本人男性が判明か

流出したNEMをダークウェブで取引した日本人男性が判明か

ブロックチェーン技術が世界経済キャッシュレス化への鍵!現状と今後への影響

ブロックチェーン技術が世界経済キャッシュレス化への鍵!現状と今後への影響

bitFlyer:プロ向け取引ツールに「ETH/JPY」通貨ペア追加

bitFlyer:プロ向け取引ツールに「ETH/JPY」通貨ペア追加

SQUARE ENIX:ブロックチェーン技術応用に関心示す「新サービス開発」の可能性も

SQUARE ENIX:ブロックチェーン技術応用に関心示す「新サービス開発」の可能性も

SONY CSL「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を発表 ー ブロックチェーンにも意欲

SONY CSL「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を発表 ー ブロックチェーンにも意欲

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple投資部門「BRD」に出資|人気のウォレットアプリで「XRP」が保管可能に

Ripple投資部門「BRD」に出資|人気のウォレットアプリで「XRP」が保管可能に

Walmart:ブロックチェーンで「インド産えび」のサプライチェーン管理

Walmart:ブロックチェーンで「インド産えび」のサプライチェーン管理

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

株主優待で「ビットコイン贈呈」へ:マネックスグループ

株主優待で「ビットコイン贈呈」へ:マネックスグループ

イーサリアム公式サイト「日本語版」公開|初心者向けの解説や開発者向けツールを掲載

イーサリアム公式サイト「日本語版」公開|初心者向けの解説や開発者向けツールを掲載

IEOやICOなど「新規仮想通貨販売に関する自主規制規則」を施行:JVCEA

IEOやICOなど「新規仮想通貨販売に関する自主規制規則」を施行:JVCEA

Alipay:仮想通貨取引でのサービス利用は「禁止」であることを報告

Alipay:仮想通貨取引でのサービス利用は「禁止」であることを報告

ILCoinが「RIFT」を導入し、ブロックチェーン業界に革命をもたらす

ILCoinが「RIFT」を導入し、ブロックチェーン業界に革命をもたらす

New Balance×Cardano:ブロックチェーン用いた「サプライチェーン管理」で提携

New Balance×Cardano:ブロックチェーン用いた「サプライチェーン管理」で提携

ブロックチェーン用いた「キャリア間決済システム」導入へ|Softbank×日本IBM×TBCASoft

ブロックチェーン用いた「キャリア間決済システム」導入へ|Softbank×日本IBM×TBCASoft

Ripple社CEO「Libraの今後」に悲観的|XRPが証券ではない理由も説明

Ripple社CEO「Libraの今後」に悲観的|XRPが証券ではない理由も説明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す