SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

by BITTIMES

SBIホールディングスは2021年9月30日に、NFT事業を展開している「株式会社スマートアプリ」の株式を取得して、連結子会社化したことを発表しました。SBIグループの持ち株比率は80%になるとのことで、スマートアプリの社名は「SBINFT株式会社」に変更されると報告されています。

こちらから読む:ディーカレット、クアンタム(QTUM)取扱い開始「国内ニュース」

「SBINFT株式会社」としてNFT事業を展開

SBIホールディングスは2021年9月30日に、NFT事業を展開している「株式会社スマートアプリ」の株式を取得して、連結子会社化したことを発表しました。なお、今回の株式取得によってSBIグループの持ち株比率は80%になるとのことで、スマートアプリの社名は「SBINFT株式会社」に変更される説明されています。

スマートアプリは2015年5月に設立された東京都港区に本社を構える企業であり、NFTの発行・販売・取引などを行うことができるNFTマーケットプレイス「nanakusa」や、人気ブロックチェーンゲームのスマホ向けアプリなどを手掛けていることで知られています。

SBIグループはすでに「SBI VCトレード」や「TaoTao」を通じて暗号資産取引所サービスを提供している他、「SBIアートオークション」を通じて美術品オークションサービスを展開し、「SBI e-Sports」を通じてeスポーツ事業にも参入していますが、取引所アートeスポーツなどはNFTとの親和性が高いため、SBIグループは以前からNFT事業への参入を検討していたと説明されています。

なお、今回の発表では「SBINFT株式会社が相互に業務拡大を図ることを目的として、ブロックチェーン・NFTを活用してアート作品の信頼性と真正性を担保するためのインフラを構築しているスタートバーン株式会社と業務提携に関する基本合意書を交わしたこと」も報告されています。

>>「SBIホールディングス」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ネットマーブル:人気メタバース「The Sandbox」と提携|IP用いた専用エリアを展開

ネットマーブル:人気メタバース「The Sandbox」と提携|IP用いた専用エリアを展開

シンボル(XYM)暗号資産取引所「Bitget」に上場|MEXC Globalとも提携

シンボル(XYM)暗号資産取引所「Bitget」に上場|MEXC Globalとも提携

グレースケール:イーサリアム投資信託の「現物ETF転換」を申請

グレースケール:イーサリアム投資信託の「現物ETF転換」を申請

イギリス税務当局:仮想通貨の「税金」に関するガイドラインを公開|個別に税制適用へ

イギリス税務当局:仮想通貨の「税金」に関するガイドラインを公開|個別に税制適用へ

USDC発行のCircle社「個人向けアカウントの廃止」について説明

USDC発行のCircle社「個人向けアカウントの廃止」について説明

Ripple(リップル)社「PayString」と呼ばれる新たな商標を申請

Ripple(リップル)社「PayString」と呼ばれる新たな商標を申請

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説