コンセンシスが「Wallet Guard」を買収|メタマスクのセキュリティを強化

by BITTIMES

イーサリアム(ETH)関連の開発企業であるConsensys(コンセンシス)は2024年7月3日に、仮想通貨ウォレットMetaMask(メタマスク)のセキュリティを強化する目的でWallet Guard(ウォレットガード)を買収したことを発表しました。

Wallet Guard(ウォレットガード)は、ユーザーのウォレット・仮想通貨・データを詐欺や盗難から保護するセキュリティツールの開発企業であり、詐欺被害防止に役立つブラウザ拡張機能などを提供しています。

コンセンシスは今回の買収を通じて、自己管理型ウォレットであるメタマスクにウォレットガードが提供する最先端のセキュリティ機能を統合し、ユーザーに最高の保護を提供することを目指すと説明しています。

仮想通貨業界ではハッキングや詐欺の被害が依然として続いており、2021年には30億ドル以上、2022年には37億ドル、2023年には17億ドル以上の仮想通貨が詐欺で盗まれたと伝えられています。

そのような詐欺は仮想通貨保有者や新規参入者にとって重要な脅威となっているため、ウォレットガードの買収・統合は仮想通貨ユーザーを脅威から保護して、新しいユーザーを迎え入れる強固な基盤を構築するための重要な一歩になると期待されています。

Wallet GuardチームはMetaMaskチームに加わり、メタマスク利用者を狙う詐欺やハッキングを未然に防ぐための複数の保護槽を構築するとのことで、詐欺検出機能の改善を行なって悪意のあるdApps詐欺からユーザーをリアルタイムで保護すると説明されています。

>>ウォレット関連の最新ニュースはこちら

Consensys発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

越境ECサイト「SBI Motor Japan」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPの2銘柄をサポート

越境ECサイト「SBI Motor Japan」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPの2銘柄をサポート

仮想通貨業界「教育」が今後の重要課題|知識不足が多くの問題を招く:Mati Greenspan

仮想通貨業界「教育」が今後の重要課題|知識不足が多くの問題を招く:Mati Greenspan

金・銀・ビットコインの価格上昇は近い?ロバート・キヨサキ氏が語る次の目標価格

金・銀・ビットコインの価格上昇は近い?ロバート・キヨサキ氏が語る次の目標価格

IEO予定のBrilliantcrypto:世界展開に向け「スペイン語圏最大級の取引所」と上場契約

IEO予定のBrilliantcrypto:世界展開に向け「スペイン語圏最大級の取引所」と上場契約

東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

バイナンスジャパン「日本国内でのサービス開始」を正式発表|取扱銘柄などの詳細も

バイナンスジャパン「日本国内でのサービス開始」を正式発表|取扱銘柄などの詳細も

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説