マスターカード「2021年内に暗号資産を直接サポートする」と発表

by BITTIMES   

Mastercard(マスターカード)は2021年2月10日に『同社が2021年中にマスターカードのネットワークで暗号資産(仮想通貨)に直接対応する予定であること』を発表しました。サポートする暗号資産の種類については明らかにされていないものの「価格安定性・消費者保護・コンプライアンス」などに焦点を当てて、ステーブルコインのような信頼性・セキュリティを備えた仮想通貨を採用する計画であることが報告されています。

Mastercard「2021年に仮想通貨を直接サポート」

Mastercard(マスターカード)は2021年2月10日に『同社が2021年中にマスターカードのネットワークで暗号資産に直接対応する予定であること』を発表しました。

今回の発表では『具体的にどの仮想通貨をサポートするか』については明らかにされていないものの、同社は『消費者保護とコンプライアンスに焦点を当てたデジタル通貨の原則に基づいて、どの資産をサポートするかについて非常に慎重に検討する』と説明しています。

私たちは現在、仮想通貨と支払いの将来に備えて準備を進めています。今年中にマスターカードがネットワーク上で暗号資産をサポートすることを発表しました。これは大きな変更であり、多くの作業が必要となります。私たちは消費者保護とコンプライアンスに焦点を当てたデジタル通貨の原則に基づいて、どの資産をサポートするかについて非常に慎重に検討します。

マスターカードは発表の中で『現在存在しているすべての仮想通貨がサポートされるわけではない』と強調しており、『ステーブルコインは最近の規制によって信頼性が高まってきているが、流通している何百ものデジタル資産の多くは依然としてコンプライアンス対策を強化する必要があるため、要件を満たせていない』と説明しています。

同社は「価格安定性・消費者保護・コンプライアンス」に焦点を当ててサポートする暗号資産を決定することを説明していますが、発表の中では『ステーブルコインのような信頼性をセキュリティを備えた暗号資産を取り入れることを期待している』と説明されているため、現時点で対応する可能性が高いのはステーブルコインであると考えられます。

仮想通貨は「決済分野の重要なパーツ」になりつつある

マスターカードは公式発表の冒頭で『仮想通貨の熱狂的な信者であろうと、完全な懐疑派であろうと、"これらのデジタル資産が決済分野で重要なパーツになりつつある"という事実は変わらない』と述べており、実際にビットコイン価格高騰に伴い、マスターカードで仮想通貨を購入したり、仮想通貨を法定通貨に交換したりしている人が増えているということも報告されています。

このように語るマスターカードは、仮想通貨に直接対応する理由について『仮想通貨の利用を推薦するわけでなく、顧客・商人・企業が従来型と仮想通貨両方のデジタル価値を好きなように移動できるようにするため』だと説明しており、『これによって買い物客や商人にさらに多くの可能性がもたらされ、全く新しい支払い方法で取引することができるようになる』と語っています。

マスターカードは以前から仮想通貨関連企業との提携を通じて「仮想通貨デビットカード」を発行していましたが、マスターカードが直接仮想通貨をサポートすればより多くの加盟店が仮想通貨決済に対応できるようになるため、仮想通貨の利用増加にも繋がると期待されます。

なおマスターカードは今回の発表の中で、各国の中央銀行で開発・研究が進められている「中央銀行デジタル通貨(CBDC)」の発行に備えて、複数の国の中央銀行と積極的に関わっていることも報告しています。

>>「マスターカード」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BITMAX:仮想通貨の「価格通知機能」提供開始|LINEメッセージで情報配信

BITMAX:仮想通貨の「価格通知機能」提供開始|LINEメッセージで情報配信

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

BINANCE「ブルガリア・チェコ・ルーマニア」の法定通貨をサポート

BINANCE「ブルガリア・チェコ・ルーマニア」の法定通貨をサポート

Bybit「Slashを利用した入金」に対応|日本ユーザー向けに提供開始

Bybit「Slashを利用した入金」に対応|日本ユーザー向けに提供開始

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

BINANCE:避難民・子供たちを寄付で支援する「ウクライナ緊急救援基金」立ち上げ

BINANCE:避難民・子供たちを寄付で支援する「ウクライナ緊急救援基金」立ち上げ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

仮想通貨企業の広告に「エミネム」登場|世界的セレブの起用に注目集まる

仮想通貨企業の広告に「エミネム」登場|世界的セレブの起用に注目集まる

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

SBI VCトレード「APT・HBAR・ZPG」取扱いへ|ステーキング銘柄も拡充

SBI VCトレード「APT・HBAR・ZPG」取扱いへ|ステーキング銘柄も拡充

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

【重要】OKCoinJapan「対BTCの取引ペア」取扱終了へ

【重要】OKCoinJapan「対BTCの取引ペア」取扱終了へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す