仮想通貨決済企業ワイレックス:多通貨対応の「Wirex Mastercard」発行へ

by BITTIMES

イギリスロンドンに本社を構える仮想通貨決済企業「Wirex(ワイレックス)」は2020年9月18日に、Mastercard(マスターカード)のプリンシパルメンバーシップを付与されたことに続いて、新しく「多通貨対応のWirex Mastercard」を発行することを発表しました。

こちらから読む:Kraken、日本ユーザーの新規口座開設受付開始「暗号資産」関連ニュース

「多通貨対応のWirex Mastercard」発行へ

Wirex(ワイレックス)は2014年に設立されたイギリス・ロンドンに本社を構える仮想通貨決済処理業者であり、英国金融行動規制機構(FCA)に登録されている数少ない暗号資産系ペイメント会社として知られています。

同社は2020年7月に「Mastercard(マスターカード)」の決済カードを直接発行することができる"プリンシパルメンバーシップ(本会員)"に選ばれたことを発表していましたが、今回の発表ではこれに続いて複数の仮想通貨や法定通貨に対応した"多通貨対応のWirex Mastercard"を新たに発行することが報告されています。

Wirexが新たに発行する多通貨対応カードは、Wirexアプリのアカウントに19種類の暗号資産と法定通貨にリンクされており、マスターカードにサポートされているため、マスターカードに対応している店舗で様々な暗号資産を使用してスムーズに支払いを行うことができます。

同社はこのマルチ通貨カードの限度額が非常に高いことや、手数料がほぼ無料であることなどを理由に『新しいWirex Mastercardは競合他社の決済カードよりも遥かに優れている』と語っています。なお、このカードの正式なリリース日はまだ明らかにされていません。

報酬プログラムもアップグレード

Wirex(ワイレックス)は今回の発表の中で、同社が提供している「Cryptoback(クリプトバック)」と呼ばれる報酬プログラムをアップグレードすることも発表しています。

この報酬プログラムでは、これまで各店舗での取引に対して最大1.5%のビットコインが報酬として還元されていたものの、今回のアップグレードによってオンラインショップ・店舗などでカードを使用した場合の報酬は最大2%、Wirex Token(WXT)保有者にはWXT保有残高に応じて年間最大6%の報酬が付与されると説明されています。

またこの他にも、決済ソリューション会社「LHV」とのパートナーシップに基づいて欧州経済地域で以下5種類の法定通貨を新たにサポートすることも報告されています。

  • クロアチア・クーナ(HRK)
  • チェコ・コルナ(CZK)
  • ポーランド・ズウォティ(PLN)
  • ルーマニア・レウ(RON)
  • ハンガリー・フォリント(HUF)

>>「Wirex」の発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロールス・ロイスなど「最高級車」が仮想通貨で購入可能に|BTC・BCH決済に対応

ロールス・ロイスなど「最高級車」が仮想通貨で購入可能に|BTC・BCH決済に対応

仮想通貨アプリ開発者に期待|Appleガイドライン改訂の裏側

仮想通貨アプリ開発者に期待|Appleガイドライン改訂の裏側

ドイツ私立大学:ブロックチェーンを活用して卒業証書を管理 ー ConsenSysが協力

ドイツ私立大学:ブロックチェーンを活用して卒業証書を管理 ー ConsenSysが協力

メタマスク:Squid統合で「20秒以内のクロスチェーンブリッジ」が可能に

メタマスク:Squid統合で「20秒以内のクロスチェーンブリッジ」が可能に

Enjin:ブロックチェーンゲームのローンチパッド「EnjinStarter」と提携

Enjin:ブロックチェーンゲームのローンチパッド「EnjinStarter」と提携

Reddit:コミュニティポイントとして「仮想通貨」発行へ|掲示板利用者に報酬を付与

Reddit:コミュニティポイントとして「仮想通貨」発行へ|掲示板利用者に報酬を付与

注目度の高い仮想通貨ニュース

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ビットコインブロックチェーン初のICO「Bitcoin Dogs」プレセール締め切りを迎える

ビットコインブロックチェーン初のICO「Bitcoin Dogs」プレセール締め切りを迎える

DexHunter:カルダノ分散委任ツール「Atrium」と提携|独自のステーキングバスケット提供へ

DexHunter:カルダノ分散委任ツール「Atrium」と提携|独自のステーキングバスケット提供へ

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す