マスターカード:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「テスト環境」提供へ

by BITTIMES

Mastercard(マスターカード)は2020年9月9日に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテストプラットフォーム」を開発し、中央銀行がデジタル通貨を評価し・調査できるようにしたことを発表しました。このテスト環境は、各国のCBDC運営環境に合わせて個別にカスタマイズすることができるようになっていると説明されています。

こちらから読む:ブラジル中銀、2023年にはCBDC発行か「CBDC」関連ニュース

カスタマイズ可能な「CBDCテスト環境」を構築

Mastercard(マスターカード)は2020年9月9日に、各国の中央銀行が「中央銀行デジタル通貨(CBDC)」のユースケースを評価できるようにするための"独自のテスト環境"を構築したことを発表しました。

このテストプラットフォームは銀行・金融サービスプロバイダー・消費者間でCBDCの発行・配布・交換のシミュレーションを行うことができるように設計されているため、中央銀行・商業銀行・テック企業・アドバイザリー会社などは「Mastercard」と提携してCBDCの技術設計を評価し、ユースケースを検証したり、既存の決済システムとの相互運用性を評価したりすることができるとのことです。

中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行に向けた取り組みはすでに世界中の様々な国で進められているため、その具体的な仕組みや内容は国によって違いがありますが、マスターカードはそのような違いに臨機応変に対応できるようするために、テストプラットフォームを各国の運営環境に合わせて個別にカスタマイズできるように設計していると説明しています。

マスターカードが開発したテスト環境で可能なこととしては以下のようなことが挙げられています。

  • カードやリアルタイム決済などといった「既存の決済ネットワークやインフラ」と「中央銀行デジタル通貨」がどのように連携するかなどといった、銀行や消費者を前提としたCBDCの発行・流通・取引のエコシステムをシミュレーションすることが可能
  • マスターカード決済に対応している全ての場所で、CBDCを用いた商品・サービスの購入が可能なことを実証・検証することが可能
  • 様々なCBDCの技術設計や活用例を調査して、市場における価値と実現可能性をより迅速に判断することが可能
  • 「技術開発・セキュリティ・設計運用の初期テスト」などといった、CBDC開発に必要とされる労力を評価することが可能

中央銀行デジタル通貨(CBDC)が実際に発行されて広く利用されるようになるためには、既存の店舗などがスムーズにCBDCに対応できる環境を整えることが重要となるため、世界中で一般的な決済手段として広く採用されているマスターカードが中央銀行のCBDCテストをサポートすることによって、CBDCの開発や技術導入が加速すると期待されます。

>>「Mastercard」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

スイ(SUI)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

スイ(SUI)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

Trust Wallet(トラストウォレット)とは?特徴・使用方法などを初心者向けに解説

Trust Wallet(トラストウォレット)とは?特徴・使用方法などを初心者向けに解説

コインチェック:メタバース都市でフェンシング五輪銀メダリスト「太田 雄貴氏」とコラボ

コインチェック:メタバース都市でフェンシング五輪銀メダリスト「太田 雄貴氏」とコラボ

ジョン・マカフィー:一部アルトコイン価格「10倍増」宣言|BTC強気予想も維持

ジョン・マカフィー:一部アルトコイン価格「10倍増」宣言|BTC強気予想も維持

JCBA×JVCEA「2022年の暗号資産税制改正要望書」作成|分離課税・繰越控除の導入求める

JCBA×JVCEA「2022年の暗号資産税制改正要望書」作成|分離課税・繰越控除の導入求める

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットフライヤー「自己対当取引防止機能」を導入|相場操縦行為を未然に防ぐ

ビットフライヤー「自己対当取引防止機能」を導入|相場操縦行為を未然に防ぐ

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

「クレイグ・ライト氏はサトシ・ナカモトではない」英裁判官が判決

「クレイグ・ライト氏はサトシ・ナカモトではない」英裁判官が判決

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す