米SEC委員長候補ゲンスラー氏:公聴会で「暗号資産関連の取り組み」について発言

by BITTIMES

米国証券取引委員会(SEC)の新しい委員長に指名されたGary Gensler(ゲイリー・ゲンスラー)氏が2021年3月2日に開かれた米議会上院の公聴会で暗号資産(仮想通貨)に言及したことが複数の報道で明らかになりました。

こちらから読む:GMOコイン、エンジンコイン(ENJ)取扱い開始「暗号資産」関連ニュース

仮想通貨関連の特別な変更点などには言及なし

Gary Gensler(ゲイリー・ゲンスラー)氏はバイデン政権の下で米国証券取引委員会(SEC)の新長官に指名された人物であり、米マサチューセッツ工科大学(MIT)で仮想通貨やブロックチェーンに関する授業も行なっている仮想通貨関連の知識豊富な人物でもあるため、『ゲンスラー氏の就任は仮想通貨業界にプラスの影響を与える可能性がある』として以前から注目を集めていました。

今回の公聴会では仮想通貨業界で期待されていた「SECが仮想通貨規制関連でこれまでの方針を大幅に変更する」といった内容の発言は行われなかったと報告されていますが、ゲンスラー氏は以下のような内容の発言を行なったと伝えられています。

  • 市場とテクノロジーは常に変化しているため、それに伴ってルールも変化していく必要がある
  • 委員会と協力して「技術革新」だけでなく「投資家保護」にも取り組む
  • 仮想通貨関連の詐欺や価格操作などの不正行為対策に注力する
  • 海外で運営されている仮想通貨取引市場の一部は詐欺で溢れているため、仮想通貨詐欺などへの取り組みは非常に重要
  • SECの管轄範囲は「政府が仮想通貨をどのように分類するか」による
  • これまでと同様に「有価証券と分類されればSECの管轄、コモディティ(商品)と分類されればCFTCの管轄」となる
  • 仮想通貨規制が明確化されていなかった点に関しては『SECがルールを定めて規制を明確化していくことが重要』だと考えている

今回ゲンスラー氏が語った内容は基本的にこれまでのSECの態度を繰り返すものであったものの、仮想通貨業界では『ゲンスラー氏がSECの長官になれば、長年承認されなかったビットコインETFが米国で承認される可能性がある』と期待する声が多数出ています。

今月1日には、以前からビットコインETFの申請を行なっていた「シカゴ・オプション取引所(CBOE)」がVanEckのビットコインETF申請に関する書類をSECに提出したことも報告されているため、この申請の動向などにも注目が集まっています。

(参照:CNBCBloombergMarkets InsiderCoinGape

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Twitter:NFT共有をより便利にする新機能「NFT Tweet Tiles」をテスト

Twitter:NFT共有をより便利にする新機能「NFT Tweet Tiles」をテスト

ブラジル最大手銀行「仮想通貨取引サービス」提供開始|取扱銘柄も拡充予定

ブラジル最大手銀行「仮想通貨取引サービス」提供開始|取扱銘柄も拡充予定

パラグアイ上院議会「暗号資産関連法案」を可決|マイニングなどを適切に規制

パラグアイ上院議会「暗号資産関連法案」を可決|マイニングなどを適切に規制

米バイデン大統領「暗号資産に関する大統領令」に署名|仮想通貨業界からは歓迎の声

米バイデン大統領「暗号資産に関する大統領令」に署名|仮想通貨業界からは歓迎の声

過去最高額!リップル(XRP)を「サンフランシスコ州立大学」に寄付|Ripple共同創設者

過去最高額!リップル(XRP)を「サンフランシスコ州立大学」に寄付|Ripple共同創設者

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す