米SEC委員長候補ゲンスラー氏:公聴会で「暗号資産関連の取り組み」について発言

by BITTIMES

米国証券取引委員会(SEC)の新しい委員長に指名されたGary Gensler(ゲイリー・ゲンスラー)氏が2021年3月2日に開かれた米議会上院の公聴会で暗号資産(仮想通貨)に言及したことが複数の報道で明らかになりました。

こちらから読む:GMOコイン、エンジンコイン(ENJ)取扱い開始「暗号資産」関連ニュース

仮想通貨関連の特別な変更点などには言及なし

Gary Gensler(ゲイリー・ゲンスラー)氏はバイデン政権の下で米国証券取引委員会(SEC)の新長官に指名された人物であり、米マサチューセッツ工科大学(MIT)で仮想通貨やブロックチェーンに関する授業も行なっている仮想通貨関連の知識豊富な人物でもあるため、『ゲンスラー氏の就任は仮想通貨業界にプラスの影響を与える可能性がある』として以前から注目を集めていました。

今回の公聴会では仮想通貨業界で期待されていた「SECが仮想通貨規制関連でこれまでの方針を大幅に変更する」といった内容の発言は行われなかったと報告されていますが、ゲンスラー氏は以下のような内容の発言を行なったと伝えられています。

  • 市場とテクノロジーは常に変化しているため、それに伴ってルールも変化していく必要がある
  • 委員会と協力して「技術革新」だけでなく「投資家保護」にも取り組む
  • 仮想通貨関連の詐欺や価格操作などの不正行為対策に注力する
  • 海外で運営されている仮想通貨取引市場の一部は詐欺で溢れているため、仮想通貨詐欺などへの取り組みは非常に重要
  • SECの管轄範囲は「政府が仮想通貨をどのように分類するか」による
  • これまでと同様に「有価証券と分類されればSECの管轄、コモディティ(商品)と分類されればCFTCの管轄」となる
  • 仮想通貨規制が明確化されていなかった点に関しては『SECがルールを定めて規制を明確化していくことが重要』だと考えている

今回ゲンスラー氏が語った内容は基本的にこれまでのSECの態度を繰り返すものであったものの、仮想通貨業界では『ゲンスラー氏がSECの長官になれば、長年承認されなかったビットコインETFが米国で承認される可能性がある』と期待する声が多数出ています。

今月1日には、以前からビットコインETFの申請を行なっていた「シカゴ・オプション取引所(CBOE)」がVanEckのビットコインETF申請に関する書類をSECに提出したことも報告されているため、この申請の動向などにも注目が集まっています。

(参照:CNBCBloombergMarkets InsiderCoinGape

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Kakaoのブロックチェーン「Klaytn」OKExなど多数の大手企業と提携

Kakaoのブロックチェーン「Klaytn」OKExなど多数の大手企業と提携

DeFiの損益計算・確定申告を簡単に「Gtax」で新機能β版をリリース:Aerial Partners

DeFiの損益計算・確定申告を簡単に「Gtax」で新機能β版をリリース:Aerial Partners

コインチェック:NFTマーケットプレイスで「F1® Delta Time」のNFT取扱いを検討

コインチェック:NFTマーケットプレイスで「F1® Delta Time」のNFT取扱いを検討

機関投資家向けビットコイン取引「今後数週間」で開始か:米金融大手Fidelity

機関投資家向けビットコイン取引「今後数週間」で開始か:米金融大手Fidelity

東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

スロベニアの「バーガーキング」が仮想通貨決済に対応

スロベニアの「バーガーキング」が仮想通貨決済に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

国内暗号資産取引所「FLR/SGBトークンの配布」について続報

国内暗号資産取引所「FLR/SGBトークンの配布」について続報

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

カルダノ・イーサリアムを繋ぐ「公式NFTブリッジ」構築へ:IOG×Bondly

カルダノ・イーサリアムを繋ぐ「公式NFTブリッジ」構築へ:IOG×Bondly

NFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

NFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

XANALIA:NFT技術導入で「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

XANALIA:NFT技術導入で「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

Zaif「CMS:XEM保有者に対するCMS:XYMエアドロップ」の対応方針を発表

Zaif「CMS:XEM保有者に対するCMS:XYMエアドロップ」の対応方針を発表

MetaMask(メタマスク)の「登録・導入・初期設定・復元方法」初心者向けにわかりやすく解説

MetaMask(メタマスク)の「登録・導入・初期設定・復元方法」初心者向けにわかりやすく解説

ビットコイン:BINANCEのBTC/USDTペアで「過去最高値」突破|アルトコイン価格も回復傾向

ビットコイン:BINANCEのBTC/USDTペアで「過去最高値」突破|アルトコイン価格も回復傾向

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す