MoneyGram「Ripple製品用いた取引の一時停止」を発表|SEC訴訟の不確実性を考慮

by BITTIMES

Ripple(リップル)社と戦略的パートナーシップを締結している米国の大手国際送金会社「MoneyGram(マネーグラム)」が、米国証券取引委員会(SEC)のRipple社に対する訴訟を受けて、リップルのプラットフォームを用いた取引を停止したことが明らかになりました。

こちらから読む:Coincheck、DONエアドロップの対応方針発表「暗号資産」関連ニュース

SECの訴訟による不確実性のため「製品利用を一時停止」

「Ripple(リップル)」と「MoneyGram(マネーグラム)」は2019年6月に戦略的パートナーシップを締結しており、Ripple社はマネーグラム株と引き換えに5,000万ドル(約50億円)を投資するなど関係を深めていましたが、今回は『MoneyGramがRipple社製品の利用を一時停止した』ということが明らかになりました。

これは米国証券取引委員会(SEC)が昨年12月にRipple社を提訴したことを受けてのものであり、MoneyGramは2021年第1四半期の見通しの中で『SECの訴訟による不確実性のため、リップルのプラットフォームを用いた取引を停止した』とコメントしています。

また、同社は2020年第1四半期にリップル市場開発費用から1,210万ドル(約12.1億円)以上の利益を得ていたものの、今回の発表では『2021年第1四半期にリップル市場開発費用から利益を得る予定はない』と説明されています。

Ripple社に対する米国証券取引委員会の訴訟問題では、米国時間2021年2月22日に裁判前に両当事者の弁護士が今後の日程などについて話し合いを行う「裁判前の電話会議」が行われる予定となっていますが、先日公開された会議前の共同文書には『現時点では和解の見通しはないと考えている』と記されており両者の対立は深まっています。

Ripple社に対する訴訟問題を受けて、XRP関連のサービスを提供している米国の暗号資産取引所は『XRP関連サービスの一時停止』を発表していましたが、マネーグラムはRipple社との関係が深い大手企業の1社であるため、今回の発表には注目が集まっています。

>>「MoneyGram」の発表はこちら

2021年2月23日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は先日22日に67円付近まで急騰したものの、その後はやや下落しており、2021年2月23日時点では「1XRP=57.11円」で取引されています。

2021年1月28日〜2021年2月23日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2021年1月28日〜2021年2月23日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【米国銀行初】JPモルガン:独自の仮想通貨「JPMコイン」発行|企業間の即時決済を実現

【米国銀行初】JPモルガン:独自の仮想通貨「JPMコイン」発行|企業間の即時決済を実現

LINE BITMAX:現金やNFTがもらえる「サービス名変更記念キャンペーン」開始

LINE BITMAX:現金やNFTがもらえる「サービス名変更記念キャンペーン」開始

Ripple技術で「米国ーラテンアメリカ」の国際送金サービス提供へ:サンタンデール銀行

Ripple技術で「米国ーラテンアメリカ」の国際送金サービス提供へ:サンタンデール銀行

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

チリーズ(Chiliz/CHZ)ブラジル最大の暗号資産取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

チリーズ(Chiliz/CHZ)ブラジル最大の暗号資産取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

BINANCEのiOS版アプリが「App Store」に再登場

BINANCEのiOS版アプリが「App Store」に再登場

注目度の高い仮想通貨ニュース

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

GMOコイン「暗号資産の預入れで最大10万円が当たるキャンペーン」開始|13銘柄に対応

GMOコイン「暗号資産の預入れで最大10万円が当たるキャンペーン」開始|13銘柄に対応

Candy Digital:MLBチーム「Dodgers(ドジャース)」の公式NFTオークション開催へ

Candy Digital:MLBチーム「Dodgers(ドジャース)」の公式NFTオークション開催へ

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す