バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

by BITTIMES

Joe Biden(ジョー・バイデン)次期米大統領の政権移行チームは2021年1月18日に、20日に発足するバイデン政権の予定人事を発表しました。この発表では「米国証券取引委員会(SEC)」の新委員長として仮想通貨・暗号資産に詳しいGary Gensler(ゲイリー・ゲンスラー)氏が指名されています。

こちらから読む:コインチェック、国内初"Enjin Coin"取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

政権移行チーム「ゲンスラー氏」をSEC委員長に指名

米国の次期大統領であるJoe Biden(ジョー・バイデン)氏の政権移行チームは2021年1月18日に、20日に発足するバイデン政権の予定人事を発表しました。新政権では「米国証券取引委員会(SEC)」の新委員長として、Gary Gensler(ゲイリー・ゲンスラー)氏が指名される見通しだということが報じられていましたが、今回の発表では正式にゲンスラー氏が米SECの新委員長に指名されています。

Gary Gensler(ゲイリー・ゲンスラー)氏は、米商品先物取引委員会(CFTC)の元委員長でありながら仮想通貨・暗号資産についても詳しい人物であり、トランプ政権時代にはマサチューセッツ工科大学(MIT)で「ビットコインブロックチェーンが金融分野でどのように使用されていくか」などについてのコースを教えていました。

またゲンスラー氏は、2008年の金融危機後にドッド=フランク法(米金融規制改革法)の整備に取り組んでおり、2020年11月以降はバイデン氏の政権移行チームに加わって「金融規制・監督見直し」に関する助言を行なっています。

ゲンスラー氏はすでに仮想通貨・暗号資産・ブロックチェーン技術に関する知識を有しており、暗号資産業界を理解することに熱心に取り組んでいるため、同氏がSECの委員長に就任すれば暗号資産・デジタル資産業界にもプラスの影響がもたらされる可能性があると期待されています。

なお、ゲンスラー氏は今後上院議会の承認を得た上で正式に米国証券取引委員会の委員長に就任することになります。

>>「バイデン政権移行チーム」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン価格「22万から強く反発」機関投資家は底値を待つ:元Goldman Sachs幹部

ビットコイン価格「22万から強く反発」機関投資家は底値を待つ:元Goldman Sachs幹部

HIS:旅行をテーマにしたNFTプロジェクト「Traveler’s Canvas」リリース

HIS:旅行をテーマにしたNFTプロジェクト「Traveler’s Canvas」リリース

金融庁:コインベースなど3社を「暗号資産交換業者」として新規登録

金融庁:コインベースなど3社を「暗号資産交換業者」として新規登録

神奈川県警:ビットコイン「1,000万円詐取」の容疑で男性3人を逮捕【全国初】

神奈川県警:ビットコイン「1,000万円詐取」の容疑で男性3人を逮捕【全国初】

dHealth Network:Health 2 Earnを活用して「ウクライナの小児病院」を支援|DHP寄付を実施

dHealth Network:Health 2 Earnを活用して「ウクライナの小児病院」を支援|DHP寄付を実施

音楽の「権利」に投資するブロックチェーンプラットフォーム公開へ:ANote Music

音楽の「権利」に投資するブロックチェーンプラットフォーム公開へ:ANote Music

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す