日本国内のNFT市場形成に向け「ブロックチェーン企業3社」が業務提携

by BITTIMES   

「株式会社スマートアプリ、CryptoGames株式会社、double jump.tokyo株式会社」の3社は2021年3月12日に、日本国内のNon-Fungible Token(NFT)市場形成を促進するために業務提携したことを発表しました。同社は今回の提携を通じて『コンテンツホルダー・クリエイターのNFT事業において、発行から販売までをワンストップで支援する』と説明しています。

こちらから読む:THETA.tv、日本向けサービス提供開始「国内ニュース」

「NFT事業化をワンストップで支援できる体制」を構築

「株式会社スマートアプリ、CryptoGames株式会社、double jump.tokyo株式会社」の3社は2021年3月12日に、日本国内のNon-Fungible Token(NFT)市場形成を促進するために業務提携したことを発表しました。

「double jump.tokyo」と「CryptoGames」は"NFTを活用したブロックチェーンゲームの運営実績"を有しており、「スマートアプリ」は"暗号通貨決済サービスやコンテンツホルダーとのNFT販売における実績"を有しているため、『今後は3社で協力してコンテンツホルダー・クリエイターのNFT事業化をワンストップで支援できる体制を構築していく』と説明されています。

具体的には、コンテンツホルダー・事業者・クリエイター向けに以下のような支援を展開していくとされています。

  • NFT発行・販売支援
  • 最新動向による販売手法の提案
  • 国内、海外マーケティング支援
  • ブロックチェーンゲームやその他コンテンツとのコラボレーション
  • ブロックチェーンやNFTに関するの講習会の実施

>>「スマートアプリ」の公式発表はこちら
>>「double jump.tokyo」の公式発表はこちら
>>「CryptoGames」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ドバイの自由貿易エリアで「仮想通貨決済」が可能に|UAE政府機関で初の対応

ドバイの自由貿易エリアで「仮想通貨決済」が可能に|UAE政府機関で初の対応

イーサリアムを拡張して世界の決済インフラに「INTMAX」戦略ラウンドを完了

イーサリアムを拡張して世界の決済インフラに「INTMAX」戦略ラウンドを完了

カルダノ財団CEOが語る「銀行がCardano(ADA)を保有する可能性」

カルダノ財団CEOが語る「銀行がCardano(ADA)を保有する可能性」

Chilizが「Chainlink」と提携|イベントに基づいた限定トークン自動生成が可能に

Chilizが「Chainlink」と提携|イベントに基づいた限定トークン自動生成が可能に

あなたのアルトコインは大丈夫?開発の進捗が見られない「デッド通貨」1,240銘柄公開

あなたのアルトコインは大丈夫?開発の進捗が見られない「デッド通貨」1,240銘柄公開

暗号資産取引所FTX「業務再開の可能性」FTT価格は2倍以上に急騰

暗号資産取引所FTX「業務再開の可能性」FTT価格は2倍以上に急騰

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説