クリプトアーティスト登録制のNFTマーケットプレイス「nanakusa」公開へ

by BITTIMES

株式会社スマートアプリは2021年3月1日に、国内初のクリプトアーティスト登録制NFTマーケットプレイス「nanakusa」のβサービスを2021年3月15日に公開し、同日15日から「公認クリプトアーティストの募集」を開始することを発表しました。

こちらから読む:集英社、ブロックチェーン証明書付きマンガアート販売へ「国内ニュース」

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公開へ

株式会社スマートアプリは2021年3月1日に、国内初のクリプトアーティスト登録制NFTマーケットプレイス「nanakusa」のβサービスを2021年3月15日に公開し、同日15日から「公認クリプトアーティストの募集」を開始することを発表しました。

同社は今回の発表の中で、同サービスでインセンティブ報酬を構築するために「MCH株式会社」とのパートナーシップ契約を締結し、「日本暗号資産市場株式会社」の代表取締役である岡部典孝氏がアドバイザーとして就任したことも発表しています。

「nanakusa」とは

nanakusa-Logo

「nanakusa」は、事業者やクリプトアーティストが自分が制作したNon Fungible Token(NFT)を販売したり、利用者同士が自分の保有するNFTを売買したりすることができるNFT売買プラットフォームとなっており、『ブロックチェーン上で売買されるため、利用者同士の売買においても永続的に事業者・制作者にロイヤリティが還元される』と説明されています(ロイヤリティの還元率は現時点で非公開)。

なお、2021年3月15日に公開される「nanakusa ベータ版」のサービスでは、一部ブロックチェーンゲームとNFTコンテンツのみが売買可能だとされています。

「公認クリプトアーティスト」とは

「公認クリプトアーティスト」とは、nanakusaのプラットフォーム上でNFTの発行・一次販売を行うことができるパートナーのことであり、デザイナー・イラストレーター・作家・音楽アーティストなどといった幅広いジャンルでのアーティスト募集を行う予定だと説明されています。

また「nanakusa」は、公認クリプトアーティストとなった人々にブロックチェーンの仕組みやNFTに関する説明会も随時行うため、ブロックチェーンやNFTの知識を有していない方でも公認クリプトアーティストの申請を行うことができるとされています。

公認クリプトアーティストの登録を希望する場合には、2021年3月15日から公開される「公認クリプトアーティスト募集申請フォーム」から申請を行うことができるとされています。ただし『審査を行う際には過去作品の照会などを行う場合がある』とされています。

「インセンティブ報酬」も検討

「nanakusa」は、クリプトアーティストとクリプトアートコレクターが活動した際のインセンティブ報酬に関する検討も行っていくと報告されています。

具体的には、人気のブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes」で活用されているERC20規格のガバナンストークンである「MCH Coin(MCHC)」や、日本暗号資産市場が発行している前払式支払手段を用いたERC20トークン「JPYC」などといった、すでに実績のある両社と連携して、実現に向けた積極的な協議を行っていくとされています。

トランザクション手数料の高騰にも対処

nanakusaは、イーサリアムネットワークで高騰するトランザクション手数料(GAS代)の問題に対処するために「Matic Network社」が提供するレイヤー2ソリューション「Polygon(Matic)」に対応しています。

Polygon(Matic)は、イーサリアムによって保護された安全でスケーラブルな即時トランザクションを実行することができ、ブロックチェーンサービス開発者のためのレイヤー2ソリューションとして急速に普及、現在は70以上の分散型アプリケーション(DApps)が構築されています。

Polygonに対応することによって、Polygon上でNFTの発行・決済を行うことが可能となるため、二次流通取引の活性化なども期待されています。

(画像:株式会社スマートアプリ)(画像:株式会社スマートアプリ)

「nanakusa」の正式リリースに向けた今後の予定

「nanakusa」の正式リリースに向けた今後の予定については以下のようなロードマップを予定していると報告されています。

【2021年3月15日】

  • nanakusaβサービス リリース
  • 公認クリプトアーティストの募集開始

【2021年3月28日】

  • 公認クリプトアーティストの募集締め切り

【2021年3月29〜31日】

  • 公認クリプトアーティスト審査及び結果通知

【2021年4月1日〜4月15日】

  • 公認アーティスト向け説明会の実施(オンライン開催、複数回実施予定)

【2021年4月16日】

  • クリプトアーティストによる作品の出品受付開始

【2021年4月21日】

  • nanakusaにて、アーティスト作品の販売開始 (本リリース)

>>「nanakusa」の公式サイトはこちら
>>「nanakusa」の公式Twitterはこちら
>>「スマートアプリ」の発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ワールドコイン:World Chainのインフラ強化で「Alchemy」と提携

ワールドコイン:World Chainのインフラ強化で「Alchemy」と提携

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

ファミリーマートと富士通がブロックチェーンを活用した実証実験

ファミリーマートと富士通がブロックチェーンを活用した実証実験

スマートフォンに仮想通貨モネロの「マイニング機能」搭載へ:HTC

スマートフォンに仮想通貨モネロの「マイニング機能」搭載へ:HTC

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済の一時停止」を発表|別の仮想通貨への対応も検討

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済の一時停止」を発表|別の仮想通貨への対応も検討

コインベース:直接上場先の取引所として「NASDAQ」選択か=報道

コインベース:直接上場先の取引所として「NASDAQ」選択か=報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説