イラストレーターがNFTアート作品を発行できる「NFT Studio」公開へ:CryptoGames

by BITTIMES

ブロックチェーンゲームやNFT関連サービスの開発を行なっている「CryptoGames株式会社」は2021年3月4日に、イラストレーターが自分の作品をNFTアートとしてブロックチェーン上で発行できる新サービス『NFT Studio』を2021年3月にリリースすることを発表しました。

こちらから読む:IG証券株式会社、JVCEAに第二種会員として入会「国内ニュース」

自分の作品をNFTアートとして発行「NFT Studio」公開へ

CryptoGames株式会社は2021年3月4日に、イラストレーターが自分の作品をNFTアートとしてブロックチェーン上で発行できる新サービス『NFT Studio』を2021年3月にリリースすることを発表しました。

Non-Fungible Token(NFT)とは、"世界に1つだけしか存在しない唯一無二のデータ"として価値を生み出すことができる代替不可能なトークンのことであり、現在は「ゲーム内アイテムアート作品音楽作品不動産」などといった様々なものがNFTとして発行されています。

CryptoGames社が新たに公開する「NFT Studio」は、イラストレーターが自身の作品をNFTアートとしてブロックチェーン上に発行できるサービスとなっているため、クリエイターがNFTアート作品を発行する事例が増加し、業界の発展が促進されると期待されています。

「NFT Studio」のサービス内容について

「NFT Studio」では、イラストレーターが発行したNFTアート作品を売買することができますが、購入したNFTアート作品は二次流通市場で売買することも可能となっており、二次流通売買が行われた際には売買手数料の一部がクリエイターに永続的に還元される仕組みが採用されています。

(画像:CryptoGames)(画像:CryptoGames)

なお、発行されるNFTは全て「発行枚数1点のみ」とされる予定だと報告されており、NFTを所有するオーナーには「高画質なマスタデータの取得」や「イラストの商用利用権」などといった特典が規定されていると説明されています。

さらに同社は『クリエイターがNFTを発行する上での様々なハードルや課題に対して、サービスでのサポートと勉強会などを通して、クリエイターのNFT発行の裾野を広げていく』とも述べており、『二次創作イラストのNFTをクリエイターが発行・販売できるように、版権元への許諾とロイヤリティ分配のスキームの検討も推進していく』とも説明されているため「アート×NFT」の業界が長期的に成長・発展していくことになると期待されます。

なお、NFT Studioの公開時には「著名絵師3名」と「CryptoGames社が保有するIP(知的財産)」が参画する予定だとされており、詳細については順次発表する予定だと説明されています。

>>「CryptoGames」の公式発表はこちら
>>「NFT Studio」の公式Twitterはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

「2020年東京オリンピック」におけるブロックチェーン活用方法を模索:国際検査機関(ITA)

「2020年東京オリンピック」におけるブロックチェーン活用方法を模索:国際検査機関(ITA)

Libra(リブラ)は「ビットコインの脅威」となるのか?市場に与える影響を考察

Libra(リブラ)は「ビットコインの脅威」となるのか?市場に与える影響を考察

JASRAC:ブロックチェーン上で「音楽作品の情報管理」実証実験を実施

JASRAC:ブロックチェーン上で「音楽作品の情報管理」実証実験を実施

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

Libra協会から携帯電話大手「Vodafone」が離脱

Libra協会から携帯電話大手「Vodafone」が離脱

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:NBA所属のプロバスケチーム「Charlotte Hornets」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のプロバスケチーム「Charlotte Hornets」と提携

Chiliz&Socios:アルゼンチンの「Racing Club」と提携|$RACINGファントークン発行へ

Chiliz&Socios:アルゼンチンの「Racing Club」と提携|$RACINGファントークン発行へ

テックビューロ「CMS:XYMのエアドロップ・新生COMSAのローンチ予定」を発表

テックビューロ「CMS:XYMのエアドロップ・新生COMSAのローンチ予定」を発表

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

カルダノ・イーサリアムを繋ぐ「公式NFTブリッジ」構築へ:IOG×Bondly

カルダノ・イーサリアムを繋ぐ「公式NFTブリッジ」構築へ:IOG×Bondly

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

暗号資産取引所「FTX」香港からバハマに本社移転

暗号資産取引所「FTX」香港からバハマに本社移転

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

与沢 翼氏:YouTubeで「シンボル(XYM)の魅力に関する動画シリーズ」投稿開始

与沢 翼氏:YouTubeで「シンボル(XYM)の魅力に関する動画シリーズ」投稿開始

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す