米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

by BITTIMES

米国のデジタル資産運用会社である「One River Digital Asset Management」は2021年3月29日に、米国証券取引委員会(SEC)の元委員長であるJay Clayton(ジェイ・クレイトン)氏を含めた3人が同社の学術・規制諮問委員会に参加したことを発表しました。

こちらから読む:Visa、USDC決済機能導入へ「暗号資産」関連ニュース

規制・政策に詳しい3名が「諮問委員会」に参加

デジタル資産運用会社「One River Digital Asset Management」は2021年3月29日に、同社が新たに立ち上げた学術・規制諮問委員会に米国証券取引委員会(SEC)の元委員長であるJay Clayton(ジェイ・クレイトン)氏を含めた3人が参加したことを発表しました。クレイトン氏は「在任期間中にビットコインETFを1度も承認しなかったこと」や「Ripple社を提訴したこと」などでも知られています。

「One River Digital Asset Management」はアメリカ・コネチカット州グリニッジに本社を構えるデジタル資産運用会社であり、世界中の機関投資家にファンドや投資戦略を提供しています。なお、同社は米国の資産運用会社「One River Asset Management」の子会社であり、ビットコインやイーサリアムに関連した投資戦略を提供しています。

同社の学術・規制諮問委員会に参加したのは以下の3名であり、規制や政策に関する知識と経験を持つ人物を委員会メンバーに迎えることによって、同社の透明性を高める目的があるとされています。
・Jay Clayton氏(米国証券取引委員会の元委員長)
・Kevin Hassett氏(トランプ元大統領の上級顧問)
・Jon Orszag氏(米商務長官の元チーフアドバイザー)

なお、Kevin Hassett氏は「米連邦準備制度理事会(FRB)のシニア・エコノミスト」や「2004年の米国大統領選挙でブッシュ元大統領の経済顧問」なども務めた経歴を有しているとされており、Jon Orszag氏も政府機関で様々な実務経験を有しているとされています。

「One River Asset Management」の創設者兼CEO兼CIOであるEric Peters(エリック・ピーターズ)氏はクレイトン氏らの参加について次のようにコメントしています。

オープンかつ透明性のある方法で政府と関わりながら、デジタル資産が既存の法律や規制機関とどのように相互作用するかを理解することは非常に重要です。One Riverの学術・規制諮問委員会は、これらの新しいデジタルシステムと投資が既存のルールにどのように適用できるかを把握するのに役立ちます。また、これらの取り組みを米国が金融革新と資産管理で世界をリードすることにも繋げたいと考えています。

Clayton氏、Hassett氏、Orszag氏の3名は共同声明の中で『金融・銀行・資本市場のエコシステムのデジタル化と、One Riverの透明性への取り組みについて、我々の意見を積極的に聞いてくれるエリックの意欲に感銘を受けた。デジタル化の動きが世界中に広がっている中で、One Riverと協力していけることを楽しみにしている』と語っています。

>>「One River Digital Asset Management」の発表はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

LINE NFT:賃貸会員権NFT「サクラノスマイ」の第一弾販売、本日12時から開始

LINE NFT:賃貸会員権NFT「サクラノスマイ」の第一弾販売、本日12時から開始

ブロックチェーン・オークション「Andy Warhol」の作品が数億円で落札される

ブロックチェーン・オークション「Andy Warhol」の作品が数億円で落札される

銀行アプリ内で「ビットコイン取引サービス」をテスト:イタリアBanco Sella

銀行アプリ内で「ビットコイン取引サービス」をテスト:イタリアBanco Sella

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

ビットバンク「FLRトークンのエアドロップ・取扱い開始日」が決定

ビットバンク「FLRトークンのエアドロップ・取扱い開始日」が決定

Coinbase Commerce「ドージコイン(DOGE)」をサポート|合計7銘柄に対応

Coinbase Commerce「ドージコイン(DOGE)」をサポート|合計7銘柄に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

ビットコイン・ブロックチェーン初のICOに参加できる最後の24時間

ビットコイン・ブロックチェーン初のICOに参加できる最後の24時間

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す