スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

by BITTIMES

スイスの暗号資産取引所である「Lykke(リッケ)」が、米国証券取引委員会(SEC)がRipple(リップル)社を提訴したことを受けて一時的に停止していたXRPの取引サービスを再開する方針を固めたことが明らかになりました。同社のCEOは『XRPは従来の金融とブロックチェーンを繋ぐための重要な技術である』と語っています。

こちらから読む:Coincheck NFT、The SandboxのLAND発売へ「暗号資産」関連ニュース

「XRPは伝統金融とブロックチェーンを繋ぐ重要技術」

スイスの暗号資産取引所である「Lykke(リッケ)」は、米国証券取引委員会(SEC)Ripple(リップル)社を提訴したことを受けてXRPの取引サービスを2021年1月に停止していたものの、2021年3月26日には同社がXRP取引サービスを再開する方針を固めたことが明らかになりました。

同社の創設者兼CEOであるRichard Olsen(リチャード・オルセン)氏は26日のツイートで『XRPは従来の金融とブロックチェーンを繋ぐための重要な技術であり、規制当局によってXRPの再上場が認められるのは重要な節目である』とコメントしています。

私たちはXRPの再上場にワクワクしています。私たちは「従来の金融とブロックチェーンという新しい世界を繋ぐこと」をモットーとしていますが、XRPはこの目標を達成するための基盤となります。規制当局によって再上場が認められるのは重要な節目であり、大きな前進です。

Ripple社に対する訴訟問題によって、米国をはじめとする複数の仮想通貨関連企業は『XRP関連サービスの一時停止』を発表していましたが、最近ではXRPコミュニティを中心として"XRPの再上場"を求める「#RelistXRP」運動が活発化しています。

Lykke(リッケ)はスイスを拠点とする暗号資産取引所であるため、同取引所のXRP再上場が「米国を拠点とする暗号資産取引所でのXRP再上場」に与える影響はそれほど大きくないとも考えられるものの、今回の決定は仮想通貨XRPにプラスの影響を与えると期待されています。

なお「CoinMarketCap」のデータによると、Lykkeで提供されているXRP関連の取引ペアは「XRP/EUR、XRP/USD、XRP/CHF、XRP/BTC、XRP/ETH」の5種類とされています。

2021年3月29日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は今月23日に64円付近まで回復した後に50円付近まで急落したものの、その後は再び回復しており、2021年3月29日時点では「1XRP=61.06円」で取引されています。

2021年2月27 日〜2021年3月29日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2021年2月27日〜2021年3月29日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

運用資産7兆円規模の資産管理会社「Pendal Group」ビットコイン投資を開始

運用資産7兆円規模の資産管理会社「Pendal Group」ビットコイン投資を開始

当選したら「毎月1,000ドル分のビットコイン支給」Jameson Lopp氏、大統領選出馬を検討

当選したら「毎月1,000ドル分のビットコイン支給」Jameson Lopp氏、大統領選出馬を検討

仮想通貨マイニングプール「Binance Pool」公開|参加手数料無料キャンペーンも開催

仮想通貨マイニングプール「Binance Pool」公開|参加手数料無料キャンペーンも開催

TAOTAO:法改正直後は「レバレッジ倍率4倍」を維持|改正資金決済法への対応方針を発表

TAOTAO:法改正直後は「レバレッジ倍率4倍」を維持|改正資金決済法への対応方針を発表

世界最大級のSNSトレードeToro「ADA・TRXのステーキングサービス」提供開始

世界最大級のSNSトレードeToro「ADA・TRXのステーキングサービス」提供開始

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

コナミ:悪魔城ドラキュラ35周年記念「KONAMI MEMORIAL NFT」発売へ

コナミ:悪魔城ドラキュラ35周年記念「KONAMI MEMORIAL NFT」発売へ

JPYC決済用いた徳島県海陽町へのふるさと納税「延期」を発表:JPYC株式会社

JPYC決済用いた徳島県海陽町へのふるさと納税「延期」を発表:JPYC株式会社

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

BINANCE「カナダ」と「バーレーン王国」でライセンス取得

BINANCE「カナダ」と「バーレーン王国」でライセンス取得

ビットポイント「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも

ビットポイント「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも

エストニア:暗号資産関連の規制法案「仮想通貨取引を禁止するものではない」と説明

エストニア:暗号資産関連の規制法案「仮想通貨取引を禁止するものではない」と説明

DMMビットコイン「おかげさまで4周年!DMM Bitcoinが進化する!6カ月連続キャンペーン」開始

DMMビットコイン「おかげさまで4周年!DMM Bitcoinが進化する!6カ月連続キャンペーン」開始

ディーカレット「最大2,000円相当のビットコインがもらえるキャンペーン」開始

ディーカレット「最大2,000円相当のビットコインがもらえるキャンペーン」開始

OKCoinJapan「IOSTステーキングサービス」1月26日提供開始|記念キャンペーンも開催

OKCoinJapan「IOSTステーキングサービス」1月26日提供開始|記念キャンペーンも開催

米MicroStrategy CEO:ビットコイン価格「600万ドル」になると予想

米MicroStrategy CEO:ビットコイン価格「600万ドル」になると予想

カルダノ基盤のネイティブトークン「Revuto(REVU)」中央集権型取引所に初上場

カルダノ基盤のネイティブトークン「Revuto(REVU)」中央集権型取引所に初上場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す