ビットコインの大型アップデート「Taproot」11月頃に実施へ|支持率が90%を突破

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の大型アップデート「Taproot(タップルート)」の支持率が規定値である90%に到達し、『2021年11月のアップデート実施』が決定されたことが明らかになりました。タップルートは2017年に実施されたブロックサイズ拡大以来の最も重要なアップグレードであり「プライバシーの向上・手数料の削減・柔軟性の向上・ライトニングネットワークの強化」などといった様々なメリットを有しています。

こちらから読む:ビットコインマイニング協議会、正式に発足「暗号資産」関連ニュース

大型アップデート「Taproot」の支持率が90%突破

ビットコイン(BTC)は今や世界中で知られる代表的な仮想通貨となっていますが、技術的な面でみると送金速度・送金手数料・プライバシーなどといった複数の面で課題を抱えているため、現在はこれらの課題を解決することを目的とした「Taproot(タップルート)」と呼ばれる大型アップデートの実施が提案されています。

Taproot(タップルート)は2017年に実施されたブロックサイズの拡大以来、最も重要なアップグレードであり「プライバシーの向上・手数料の削減・柔軟性の向上・ライトニングネットワークの強化」などといった様々なメリットを有しています。

ビットコインコミュニティでは、この大型アップデートの支持率を図るために2021年5月1日から「Speedy Trial(スピーディー・トライアル)」と呼ばれる支持率調査が実施されており、ビットコインマイナーが採掘したブロックの中で"Taprootの支持"を表明することができる仕組みが導入されていましたが、今回はこの支持率調査でタップルートの支持率が規定値となる90%に到達したことが報告されています。

Taprootの支持率は2021年6月13日時点で「93.40%」に到達(画像:Taproot.watch)Taprootの支持率は2021年6月13日時点で「93.40%」に到達(画像:Taproot.watch

これは「大型アップデート"Taproot"の新ルールが2021年11月頃(ブロック高709,632時点)に適用されること」を意味するものであるため、仮想通貨業界では『SegWit(セグウィット)実装以来の大型アップデート』として今回の結果に注目が集まっています。

Taproot(タップルート)の特徴と利点

「Taprootソフトフォーク」は、通常ブロックに格納する署名(シグネチャ)部分をブロックの外部領域に切り出して記録する暗号技術「シュノア署名」と、トランザクションデータを効率的に記述して不要な情報をブロックに書き込むことなく秘匿性を向上させる技術「マークル化抽象構文木(Merkelized Abstract Syntax Tree/MAST)」のメリットを融合したソリューションとなっており、以下のような点が主な利点として挙げられています。

  • ブロック内部に記録するデータ容量が削減される
  • 署名とトランザクションを切り離して記録するため匿名性の向上が期待される
  • 複数の署名を必要とする「マルチシグ」でもブロックサイズを節約することができる
  • 秘匿性・プライバシーの向上を図ることができる
  • トランザクションのデータサイズが縮小されるため、トランザクションコストが低くなる
  • 新しいタイプの署名がBTCのスマートコントラクト機能を向上させ、ユーザーはより簡単・安価にトランザクションに対する複雑な条件を設定できる
  • ライトニングネットワーク上でのトランザクションをより安価・柔軟・プライベートなものにする

2021年6月13日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先日9日に346万円付近まで下落したものの、その後は再び回復しており、2021年6月13日時点では「1BTC=3,909,525円」で取引されています。

2020年5月14日〜2021年6月13日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年5月14日〜2021年6月13日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所FTX「NFTマーケットプレイス」公開|オリジナルグッズなども出品

暗号資産取引所FTX「NFTマーケットプレイス」公開|オリジナルグッズなども出品

VRゲームへの「ブロックチェーン活用」に向け実証実験:よむネコ×double jump.tokyo

VRゲームへの「ブロックチェーン活用」に向け実証実験:よむネコ×double jump.tokyo

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月12日〜18日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月12日〜18日

ブロックチェーンがTwitter・facebookの代わりになる日

ブロックチェーンがTwitter・facebookの代わりになる日

SONY(ソニー)暗号資産対応「eスポーツベッティングプラットフォーム」の特許申請

SONY(ソニー)暗号資産対応「eスポーツベッティングプラットフォーム」の特許申請

Chromeからマイニング拡張機能を削除|Google

Chromeからマイニング拡張機能を削除|Google

注目度の高い仮想通貨ニュース

エルサルバドルの地熱マイニング施設「初のビットコイン採掘」に成功

エルサルバドルの地熱マイニング施設「初のビットコイン採掘」に成功

仮想通貨価格「再び大幅下落」今後予想される動きは?

仮想通貨価格「再び大幅下落」今後予想される動きは?

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

エルサルバドル大統領「火山エネルギー用いたビットコインマイニング施設」の動画公開

エルサルバドル大統領「火山エネルギー用いたビットコインマイニング施設」の動画公開

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

Huobi Japan:TRX保有者に対する「NFTトークン(APENFT)エアドロップ」対応へ

Huobi Japan:TRX保有者に対する「NFTトークン(APENFT)エアドロップ」対応へ

暗号資産取引所FTX「日本居住者の新規登録禁止」を正式発表

暗号資産取引所FTX「日本居住者の新規登録禁止」を正式発表

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す