ビットコインの大型アップデート「Taproot」11月頃に実施へ|支持率が90%を突破

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の大型アップデート「Taproot(タップルート)」の支持率が規定値である90%に到達し、『2021年11月のアップデート実施』が決定されたことが明らかになりました。タップルートは2017年に実施されたブロックサイズ拡大以来の最も重要なアップグレードであり「プライバシーの向上・手数料の削減・柔軟性の向上・ライトニングネットワークの強化」などといった様々なメリットを有しています。

大型アップデート「Taproot」の支持率が90%突破

ビットコイン(BTC)は今や世界中で知られる代表的な仮想通貨となっていますが、技術的な面でみると送金速度・送金手数料・プライバシーなどといった複数の面で課題を抱えているため、現在はこれらの課題を解決することを目的とした「Taproot(タップルート)」と呼ばれる大型アップデートの実施が提案されています。

Taproot(タップルート)は2017年に実施されたブロックサイズの拡大以来、最も重要なアップグレードであり「プライバシーの向上・手数料の削減・柔軟性の向上・ライトニングネットワークの強化」などといった様々なメリットを有しています。

ビットコインコミュニティでは、この大型アップデートの支持率を図るために2021年5月1日から「Speedy Trial(スピーディー・トライアル)」と呼ばれる支持率調査が実施されており、ビットコインマイナーが採掘したブロックの中で"Taprootの支持"を表明することができる仕組みが導入されていましたが、今回はこの支持率調査でタップルートの支持率が規定値となる90%に到達したことが報告されています。

Taprootの支持率は2021年6月13日時点で「93.40%」に到達(画像:Taproot.watch)Taprootの支持率は2021年6月13日時点で「93.40%」に到達(画像:Taproot.watch

これは「大型アップデート"Taproot"の新ルールが2021年11月頃(ブロック高709,632時点)に適用されること」を意味するものであるため、仮想通貨業界では『SegWit(セグウィット)実装以来の大型アップデート』として今回の結果に注目が集まっています。

Taproot(タップルート)の特徴と利点

「Taprootソフトフォーク」は、通常ブロックに格納する署名(シグネチャ)部分をブロックの外部領域に切り出して記録する暗号技術「シュノア署名」と、トランザクションデータを効率的に記述して不要な情報をブロックに書き込むことなく秘匿性を向上させる技術「マークル化抽象構文木(Merkelized Abstract Syntax Tree/MAST)」のメリットを融合したソリューションとなっており、以下のような点が主な利点として挙げられています。

  • ブロック内部に記録するデータ容量が削減される
  • 署名とトランザクションを切り離して記録するため匿名性の向上が期待される
  • 複数の署名を必要とする「マルチシグ」でもブロックサイズを節約することができる
  • 秘匿性・プライバシーの向上を図ることができる
  • トランザクションのデータサイズが縮小されるため、トランザクションコストが低くなる
  • 新しいタイプの署名がBTCのスマートコントラクト機能を向上させ、ユーザーはより簡単・安価にトランザクションに対する複雑な条件を設定できる
  • ライトニングネットワーク上でのトランザクションをより安価・柔軟・プライベートなものにする

2021年6月13日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先日9日に346万円付近まで下落したものの、その後は再び回復しており、2021年6月13日時点では「1BTC=3,909,525円」で取引されています。

2020年5月14日〜2021年6月13日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年5月14日〜2021年6月13日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

バイデン氏当選確実報道で「ビットコイン急落」今後予想される影響は?【米大統領選挙】

バイデン氏当選確実報道で「ビットコイン急落」今後予想される影響は?【米大統領選挙】

中国人民銀行「仮想通貨は違法」として取締強化|ビットコイン価格は再び急落

中国人民銀行「仮想通貨は違法」として取締強化|ビットコイン価格は再び急落

イオンアジア:ブロックチェーンを「医薬品のトレーサビリティ」に活用|信頼性向上へ

イオンアジア:ブロックチェーンを「医薬品のトレーサビリティ」に活用|信頼性向上へ

仮想通貨出資金詐欺ワンコイン関係者2名「遺体」で発見

仮想通貨出資金詐欺ワンコイン関係者2名「遺体」で発見

Volkswagen:IOTAと協力して車両データを効率的に管理「Digital CarPass」

Volkswagen:IOTAと協力して車両データを効率的に管理「Digital CarPass」

アフガニスタン政府:ファントムのブロックチェーンで「偽造医薬品」に対処

アフガニスタン政府:ファントムのブロックチェーンで「偽造医薬品」に対処

注目度の高い仮想通貨ニュース

2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

PEPEの上昇が緩やかになる一方でBOMEは価格抵抗に挑む:Rebel Satoshiは新世代のミームコインか?

PEPEの上昇が緩やかになる一方でBOMEは価格抵抗に挑む:Rebel Satoshiは新世代のミームコインか?

Flare初の流動性ステーキングプロトコル「Sceptre」プライベートベータ版が稼働

Flare初の流動性ステーキングプロトコル「Sceptre」プライベートベータ版が稼働

コインチェック「つるはしNFTの再販条件・スケジュール」を発表

コインチェック「つるはしNFTの再販条件・スケジュール」を発表

マスターカード:仮想通貨の送受信を簡素化する「Crypto Credential」提供開始

マスターカード:仮想通貨の送受信を簡素化する「Crypto Credential」提供開始

バイナンスジャパン「Simple Earnの追加銘柄に関するアンケート第1弾」開始

バイナンスジャパン「Simple Earnの追加銘柄に関するアンケート第1弾」開始

AIコインとミームコインが高騰、WienerAIはこれらのトレンドに後押しされるか

AIコインとミームコインが高騰、WienerAIはこれらのトレンドに後押しされるか

カルダノ(ADA)を「50種類以上の法定通貨」に交換|Yoroi Walletが新機能追加

カルダノ(ADA)を「50種類以上の法定通貨」に交換|Yoroi Walletが新機能追加

世界中のコミュニティでオープンワールドメタバースを構築「The Sandbox DAO」立ち上げ

世界中のコミュニティでオープンワールドメタバースを構築「The Sandbox DAO」立ち上げ

coinbook:NIDT買い物サイト「C.B.Shop」でオリジナルTシャツを第二次販売

coinbook:NIDT買い物サイト「C.B.Shop」でオリジナルTシャツを第二次販売

GMO:暗号資産を獲得できる「ブロックチェーンゲームPARK」複数の連携サービスで提供開始

GMO:暗号資産を獲得できる「ブロックチェーンゲームPARK」複数の連携サービスで提供開始

ソラナの新たなICO、開始から72時間以内に35万ドルを調達

ソラナの新たなICO、開始から72時間以内に35万ドルを調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

人気のタグから探す