【重要】BINANCE:全取引ユーザーが「本人確認必須」に|KYCなしで取引・入金は不可

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2021年8月20日に、全てのユーザーに身分証提出などの本人確認手続き(KYC)を求めることを発表しました。これにより既にバイナンスを利用している場合でも「中間認証(Intermediate/インターミディエイト)」が必要となり、中間認証を完了していない場合は「仮想通貨の入金・取引」などができなくなるため注意が必要です。

こちらから読む:Liquid by QUOINE、仮想通貨流出を報告「暗号資産」関連ニュース

バイナンス利用者に「中級の本人確認手続き」求める

BINANCE(バイナンス)は2021年8月20日に、全てのユーザーに身分証提出などの本人確認手続き(KYC)を求めることを発表しました。以前までは本人確認手続きを完了していなくても、仮想通貨の入金・出金・取引などといった基本的なサービスを利用することができましたが、今後は本人確認手続きを完了しないとこれらのサービスを利用することができなくなります。

具体的には、住所・氏名・顔写真・IDカード/運転免許証/パスポート/身分証明書などの提出が必要となる「中間認証(Intermediate/インターミディエイト)」までの本人確認手続きを完了することが求められており、新規ユーザーは中間認証を完了しなければ「仮想通貨の入金・出金・取引」などを含めたバイナンスのサービスを利用することができなくなると説明されています。

また、中間認証を完了していなかった既存のユーザーにも「中間認証」までの手続き完了が求められており、中間認証までの手続きを完了していないユーザーは利用できる機能が「出金・注文のキャンセル・ポジションのクローズ・償還のみ」に限定されると報告されています。

なお、この措置は「日本時間2021年10月19日午前9時00分まで」の期間にかけて段階的に実施される予定となっており、中間認証が完了すれば「仮想通貨の入金・出金・取引(1日の出金可能額には上限あり)」などといった基本的な機能を利用することができるようになります。

住所・氏名などといった基本情報の入力は1日で完了するものの、顔写真・身分証明書の提出・住所証明書の提出などの手続きで審査が完了するまでには20日ほどの期間がかかる場合もあるため、BINANCEをメインで利用している方は早めに手続きを完了しておく必要があると考えられます。

BINANCEで本人確認プロセスを完了するための手順については『BINANCE(バイナンス)「本人確認手続き」の完了方法|手順を画像付きで解説』の記事でも詳しく解説しているため、本人確認手続きが完了していない方は参考にされてみてください。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米PayPal:新アプリで「仮想通貨決済機能」提供開始|BTC・ETHなど4銘柄

米PayPal:新アプリで「仮想通貨決済機能」提供開始|BTC・ETHなど4銘柄

Huobi Japan「ベーシックアテンショントークン(BAT)」取扱いへ

Huobi Japan「ベーシックアテンショントークン(BAT)」取扱いへ

ガス・石油業界で「ブロックチェーン・コンソーシアム」発足|大手企業7社が参加

ガス・石油業界で「ブロックチェーン・コンソーシアム」発足|大手企業7社が参加

BINANCE:イーサリアムL2「アービトラム(Arbitrum/ARB)」取扱いへ

BINANCE:イーサリアムL2「アービトラム(Arbitrum/ARB)」取扱いへ

暗号資産の損益計算ツール「Gtax」Arbitrum・Fantomに新規対応|キャンペーンも開催

暗号資産の損益計算ツール「Gtax」Arbitrum・Fantomに新規対応|キャンペーンも開催

ドバイの暗号資産規制当局「The Sandbox」に世界初のメタバース本部設立へ

ドバイの暗号資産規制当局「The Sandbox」に世界初のメタバース本部設立へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す