オープンワールドアクションRPG「Stormrite」EnjinのNFTアイテム導入へ

by BITTIMES   

エンジン(Enjin/ENJ)は2021年9月2日に、Xbox・PC向けに開発中のオープンワールドアクションRPG「Stormrite」が、Kickstarterキャンペーンで成功したことを受けてEnjinのブロックチェーンエコシステムに参加することを発表しました。Stormriteには「Enjin Marketplace」で購入可能な装飾アイテムのNFTが導入される予定だと報告されています。

JumpNet用いた「装飾アイテムのNFT」を導入

エンジン(Enjin/ENJ)は2021年9月2日に、Xbox・PC向けに開発中のオープンワールドアクションRPG「Stormrite」が、Enjinのブロックチェーンエコシステムに参加することを発表しました。

Stormriteには、エンジンのマーケットプレイスである「Enjin Marketplace」で購入可能な"装飾アイテムのNFT"が導入される予定になっているとのことで、このNFTはEnjinのカーボンネガティブ(炭素排出量より相殺量が多い仕組み)で取引手数料のガス代を無料化するJumpNetブロックチェーンを用いて発行されると説明されています。

今回の発表は「Stormrite」がクラウドファンディングのサービス「Kickstarter」でのキャンペーンをさせて41,117ポンド(約623万円)の資金を調達し、2つのストレッチゴールを上回ったことを受けたものだとされています。

オープンワールドアクションRPG「Stormrite」とは

Stormriteは、2020年1月から4人のチームによって開発が進められているオープンワールドのアクションRPGであり、2021年第4四半期にはクローズドアルファ版の公開、2022年初頭にはPCで最初のパブリックビルドを開始、2022年後半にはXboxでの発売が予定されています。なお、クローズドアルファ版はKickstarterキャンペーンで50ポンド以上を支援した人々に提供されることになっています。

ゲームが公開されると、NFTのオーナーは「Enjin Wallet」をPCとXboxの「Stormrite」に直接リンクさせることができるようになるため、ゲームはリンクされたブロックチェーンアドレスを読み取って使用可能なNFTのリストを表示し、プレイヤーは所有するトークンに応じてキャラクターや武器のスキンをカスタマイズすることができるようになるとのことです。

「Stormrite」の創業者‍であるKelechi Apakama氏は、JumpNetを用いたNFTの導入について次のようにコメントしています。

私は以前からNFTの大ファンでしたが、ゲームでの展開における可能性が、その技術採用のきっかけとなりました。NFT導入にあたり重視した事の一つに、環境への影響が挙げられます。Enjinは、ゲーム用NFTのエコシステムにおけるマーケットリーダーであるだけでなく、環境に配慮したソリューションを提供しているため、決断は簡単でした。『Stormrite』のゲームプレイとコミュニティ体験を次のレベルに引き上げるために、この技術の応用を検討することを楽しみにしています。

Newzoo社の調査報告書によると、ゲーム内装飾アイテムを認識しているプレイヤーの81%が『スキンを現実の通貨と交換したい』と考えており、75%が『ゲーム外で金銭的価値のあるスキンにもっとお金を使う』と答えているとのことで、Enjinは『ブロックチェーンの導入によってStormriteのプレイヤーはNFTの装飾アイテムを本当の意味で所有し、P2Pで自由に取引することができるようになり、NFTに裏付けされるEnjin Coin(ENJ)によって、アイテムに現実世界の価値を与えることができる』と説明しています。

また、JumpNetと他の分散型ネットワークとの間に分散型ブリッジが構築されることによって、プレイヤーはNFTを「Ethereum」や「Polkadot」上に構築されるEfinityのパラチェーンに移動させ、Enjin Marketplaceだけでなく「NFT.io」や「Opensea」などといったその他マーケットプレイスで取引することも可能になると報告されています。

>>「Enjin」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン還元アプリLolli:大手通販サイト「eBay(イーベイ)」と提携

ビットコイン還元アプリLolli:大手通販サイト「eBay(イーベイ)」と提携

ヴェノム・ベンチャーファンドがエバースケール・ブロックチェーンに500万ドルの戦略的投資を実施

ヴェノム・ベンチャーファンドがエバースケール・ブロックチェーンに500万ドルの戦略的投資を実施

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

【重要】Liquid:本人確認書類など「28,000件流出」の可能性|ユーザーからの批判殺到

【重要】Liquid:本人確認書類など「28,000件流出」の可能性|ユーザーからの批判殺到

コインチェック:トレードビューで「PLT・MONA・ETC」の取引が可能に

コインチェック:トレードビューで「PLT・MONA・ETC」の取引が可能に

ドバイが仮想通貨やブロックチェーンの開発を本格始動?

ドバイが仮想通貨やブロックチェーンの開発を本格始動?

注目度の高い仮想通貨ニュース

coinbook:NIDT買い物サイト「C.B.Shop」でオリジナルTシャツを第二次販売

coinbook:NIDT買い物サイト「C.B.Shop」でオリジナルTシャツを第二次販売

SOL系の最新アザラシコインSealana、プレセールは6月26日に終了

SOL系の最新アザラシコインSealana、プレセールは6月26日に終了

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

CoinGecko「顧客データ漏洩」で注意喚起|エアドロップ・フィッシング詐欺などに要注意

CoinGecko「顧客データ漏洩」で注意喚起|エアドロップ・フィッシング詐欺などに要注意

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

学んで稼げるLearn-to-Earn型BRC-20トークン、99Bitcoinsのプレセールが150万ドルを突破

学んで稼げるLearn-to-Earn型BRC-20トークン、99Bitcoinsのプレセールが150万ドルを突破

Dogwifhat、Tron、Rebel Satoshi(RBLZ)は成長が期待できる仮想通貨?

Dogwifhat、Tron、Rebel Satoshi(RBLZ)は成長が期待できる仮想通貨?

Flare初の流動性ステーキングプロトコル「Sceptre」プライベートベータ版が稼働

Flare初の流動性ステーキングプロトコル「Sceptre」プライベートベータ版が稼働

マスターカード:仮想通貨の送受信を簡素化する「Crypto Credential」提供開始

マスターカード:仮想通貨の送受信を簡素化する「Crypto Credential」提供開始

オアシス(OAS)価格急騰|韓国の大手仮想通貨取引所「Upbit」に上場

オアシス(OAS)価格急騰|韓国の大手仮想通貨取引所「Upbit」に上場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す