Cardano(ADA)「Daedalus 4.5.1」公開|ステークプールの過剰飽和警告機能などを追加

by BITTIMES   

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の開発を担当している「Input Output(IOG/IOHK)」は2021年11月19日に、Cardano関連のトークンを保管・管理することができる公式デスクトップウォレット「Daedalus(ダイダロス)」の最新バージョンとなる「Daedalus 4.5.1」をリリースしたことを発表しました。

こちらから読む:「暗号資産」関連ニュース

デスクトップウォレット「Daedalus 4.5.1」リリース

Input Output(IOG/IOHK)は2021年11月19日に、Cardano関連のトークンを保管・管理することができる公式デスクトップウォレット「Daedalus(ダイダロス)」の最新バージョンとなる「Daedalus 4.5.1」をリリースしたことを発表しました。

Fund7に向け「Catalyst画面」を改良

Daedalusウォレットでは「ADAのステーキング」に加えて、カルダノブロックチェーンの価値を高めるためのアイデアを募集して、ADA保有者からの投票で実際に資金提供を行うアイデアを決定し、投票に参加したADA保有者にADA報酬を付与するプログラム「Catalyst(カタリスト)」に参加するための有権者登録機能が搭載されていますが、今回のアップデートでは投票画面のレイアウトが改良され、Catalystプロジェクトとフッターのリンクに継続登録が追加されています。

Cardanoプロジェクトでは第7回目のCatalyst投票となる「Fund7」が実施されることになっていますが、新たにリリースされたDaedalusウォレットには「Fund7のスナップショット日」と「Fund6の結果発表日」が表示されています。

Fund7のスナップショット日は「2022年1月6日午後8時」とされているため、この期日までに500ADA以上をウォレットに保有して有権者登録を完了していれば、Catalystの投票アプリである「Catalyst Voting」を通じて投票に参加することができるようになります。

なお、この画面には「Catalyst Voting」のアプリをダウンロードするためのQRコードも記載されているため、このQRコードをスマホカメラでスキャンすることによって「Catalyst Voting」をダウンロードすることができます。

Daedalus 4.5.1

ステークプールの「過剰飽和警告機能」も追加

今回のアップデートでは「ステークプールの過剰飽和警告機能」も追加されています。

Cardanoでは委任するステークプールが過剰飽和状態になった場合には、委任者が受け取る報酬量が減少することになっていますが、今回の機能が追加されたことによって『選択したプールにそれ以上委任をすると過剰飽和状態になる』という場合には警告メッセージが表示されるようになったため、委任前にそのことを簡単に察知することができるようになっています。

選択したプールにそれ以上委任をすると過剰飽和状態になる場合には警告メッセージが表示される(画像:Input Output)選択したプールにそれ以上委任をすると過剰飽和状態になる場合には警告メッセージが表示される(画像:Input Output)

なお、既にDaedalusウォレットを利用している場合は、ウォレットを起動した後に表示される指示に従ってアップデート作業を行うことによって、簡単に「Daedalus 4.5.1」へとアップデートすることができます。

>>「Input Output」の公式発表はこちら
>>「Daedalusウォレットのダウンロード」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Twitter:投げ銭アプリ「XRP TipBot」アカウントを凍結

Twitter:投げ銭アプリ「XRP TipBot」アカウントを凍結

Decentraland「LANDレンタル機能」追加|メタバース土地の貸出が可能に

Decentraland「LANDレンタル機能」追加|メタバース土地の貸出が可能に

ブロックチェーンスマホ「Acute Angle」中国・東南アジア地域で発売へ|Huobiも出資

ブロックチェーンスマホ「Acute Angle」中国・東南アジア地域で発売へ|Huobiも出資

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

決済大手「Stripe」取引所・ウォレット・NFTなど暗号資産ビジネスに対応

決済大手「Stripe」取引所・ウォレット・NFTなど暗号資産ビジネスに対応

あのブロックチェーンゲームが「手塚プロダクション」とコラボ|人気キャラが多数登場

あのブロックチェーンゲームが「手塚プロダクション」とコラボ|人気キャラが多数登場

注目度の高い仮想通貨ニュース

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

BINANCE創設者CZ氏「Giggle Academy」を発表|新プロジェクトの内容は?

BINANCE創設者CZ氏「Giggle Academy」を発表|新プロジェクトの内容は?

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す