Cardano(ADA)「Daedalus 4.5.1」公開|ステークプールの過剰飽和警告機能などを追加

by BITTIMES

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の開発を担当している「Input Output(IOG/IOHK)」は2021年11月19日に、Cardano関連のトークンを保管・管理することができる公式デスクトップウォレット「Daedalus(ダイダロス)」の最新バージョンとなる「Daedalus 4.5.1」をリリースしたことを発表しました。

こちらから読む:分散型取引所"tbDEX"のホワイトペーパー公開「暗号資産」関連ニュース

デスクトップウォレット「Daedalus 4.5.1」リリース

Input Output(IOG/IOHK)は2021年11月19日に、Cardano関連のトークンを保管・管理することができる公式デスクトップウォレット「Daedalus(ダイダロス)」の最新バージョンとなる「Daedalus 4.5.1」をリリースしたことを発表しました。

Fund7に向け「Catalyst画面」を改良

Daedalusウォレットでは「ADAのステーキング」に加えて、カルダノブロックチェーンの価値を高めるためのアイデアを募集して、ADA保有者からの投票で実際に資金提供を行うアイデアを決定し、投票に参加したADA保有者にADA報酬を付与するプログラム「Catalyst(カタリスト)」に参加するための有権者登録機能が搭載されていますが、今回のアップデートでは投票画面のレイアウトが改良され、Catalystプロジェクトとフッターのリンクに継続登録が追加されています。

Cardanoプロジェクトでは第7回目のCatalyst投票となる「Fund7」が実施されることになっていますが、新たにリリースされたDaedalusウォレットには「Fund7のスナップショット日」と「Fund6の結果発表日」が表示されています。

Fund7のスナップショット日は「2022年1月6日午後8時」とされているため、この期日までに500ADA以上をウォレットに保有して有権者登録を完了していれば、Catalystの投票アプリである「Catalyst Voting」を通じて投票に参加することができるようになります。

なお、この画面には「Catalyst Voting」のアプリをダウンロードするためのQRコードも記載されているため、このQRコードをスマホカメラでスキャンすることによって「Catalyst Voting」をダウンロードすることができます。

Daedalus 4.5.1

ステークプールの「過剰飽和警告機能」も追加

今回のアップデートでは「ステークプールの過剰飽和警告機能」も追加されています。

Cardanoでは委任するステークプールが過剰飽和状態になった場合には、委任者が受け取る報酬量が減少することになっていますが、今回の機能が追加されたことによって『選択したプールにそれ以上委任をすると過剰飽和状態になる』という場合には警告メッセージが表示されるようになったため、委任前にそのことを簡単に察知することができるようになっています。

選択したプールにそれ以上委任をすると過剰飽和状態になる場合には警告メッセージが表示される(画像:Input Output)選択したプールにそれ以上委任をすると過剰飽和状態になる場合には警告メッセージが表示される(画像:Input Output)

なお、既にDaedalusウォレットを利用している場合は、ウォレットを起動した後に表示される指示に従ってアップデート作業を行うことによって、簡単に「Daedalus 4.5.1」へとアップデートすることができます。

>>「Input Output」の公式発表はこちら
>>「Daedalusウォレットのダウンロード」はこちら

ADAを取り扱っている暗号資産取引所ビットポイントの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所ビットポイントの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

マレーシアの規制に準拠した暗号資産取引所「Huobi Labuan」公開

マレーシアの規制に準拠した暗号資産取引所「Huobi Labuan」公開

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

JCB:ブロックチェーン決済システム構築に向け「テックファンド」と業務提携

JCB:ブロックチェーン決済システム構築に向け「テックファンド」と業務提携

gumi:1億ドル規模の暗号資産関連ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」組成へ

gumi:1億ドル規模の暗号資産関連ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」組成へ

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

米国・欧州の機関投資家「80%が暗号資産に関心」金融大手Fidelity調査報告

米国・欧州の機関投資家「80%が暗号資産に関心」金融大手Fidelity調査報告

注目度の高い仮想通貨ニュース

dHealth Network(DHP)暗号資産取引所「MEXC Global」に上場

dHealth Network(DHP)暗号資産取引所「MEXC Global」に上場

エルサルバドル政府:ビットコイン投資の利益で「20の学校」建設へ

エルサルバドル政府:ビットコイン投資の利益で「20の学校」建設へ

The Sandboxのメタバースにadidasの土地「adiVerse」登場か?SAND価格は再び上昇

The Sandboxのメタバースにadidasの土地「adiVerse」登場か?SAND価格は再び上昇

米議会:暗号資産関連の課税条項含む「バイデン政権の大規模インフラ法案」を可決

米議会:暗号資産関連の課税条項含む「バイデン政権の大規模インフラ法案」を可決

コインチェック「Coincheckでんき・Coincheckガス ウェルカムキャンペーン」開始

コインチェック「Coincheckでんき・Coincheckガス ウェルカムキャンペーン」開始

JPYC株式会社:USDC発行企業「Circle」などから約5億円の資金調達

JPYC株式会社:USDC発行企業「Circle」などから約5億円の資金調達

GMOコイン:口座開設でビットコインがもらえる「友達紹介キャンペーン」開始

GMOコイン:口座開設でビットコインがもらえる「友達紹介キャンペーン」開始

ADA Pay提供のCOTI:NFT音楽チケットの「Centaurify」と提携|ADA決済実装へ

ADA Pay提供のCOTI:NFT音楽チケットの「Centaurify」と提携|ADA決済実装へ

Coinbase:ニューヨーク州でも「SHIB」取扱い開始|Krakenも上場準備

Coinbase:ニューヨーク州でも「SHIB」取扱い開始|Krakenも上場準備

米Kraken:株式取引・少額ローンなどの「伝統的な金融サービス提供」を計画

米Kraken:株式取引・少額ローンなどの「伝統的な金融サービス提供」を計画

Bybit「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)の現物取引サービス」提供開始

Bybit「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)の現物取引サービス」提供開始

Bitget第1回KCGIトレーディング大会が暗号資産デリバティブ取引分野のトップイベントとして終了しました!

Bitget第1回KCGIトレーディング大会が暗号資産デリバティブ取引分野のトップイベントとして終了しました!

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す