カルダノDEXの「SundaeSwap」ISO対象ステークプールを8つ追加|過飽和問題に対処

by BITTIMES   

カルダノ(Cardano/ADA)のブロックチェーンを基盤とした分散型取引所(DEX)である「SundaeSwap(サンデースワップ)」は2022年1月23日に、特定のステークプールに委任してADAのステーキングを行うことによってSUNDAEトークンを獲得することができる「ISO」の取り組みで、"対象のステークプールが過飽和状態になっている問題"を解決するために、ISO対象となるプールを新たに8つ追加したこと発表しました。

こちらから読む:「暗号資産」関連ニュース

委任者増加による報酬減少の問題に対処

カルダノ(Cardano/ADA)のブロックチェーンを基盤とした分散型取引所(DEX)である「SundaeSwap(サンデースワップ)」は2022年1月23日に、特定のステークプールに委任してADAのステーキングを行うことによってSUNDAEトークンを獲得することができる「ISO」の取り組みで、"対象のステークプールが過飽和状態になっている問題"を解決するために、ISO対象となるプールを新たに8つ追加したこと発表しました。

イニシャル・ステークプール・オファリング(Initial StakePool Offerig/ISO)は、事前にコミュニティ投票で選ばれたステークプール運営者に委任している人々にトークンが配布される仕組みであり、SundaeSwapは日本時間2022年1月26日からISO第1ラウンドの報酬計算を開始して、対象者に「SUNDAEトークン」と呼ばれる独自トークンを配布することを予定しています(ISOは合計5ラウンド実施予定)。

Cardano(ADA)のステーキングは、1つのステークプールへの委任数量が増加しすぎると得られる報酬量が減少する「過飽和状態」となる仕組みになっていますが、SundaeSwapのISO対象となるステークプールの数は限られているため、それらのステークプールでは『ISO参加を目的とした委任者が殺到してステークプールが過飽和状態になっている』という問題が発生していました。

ISO報酬の付与対象となる選ばれたステークプールは「Scoopers(スクーパー)」と呼ばれていますが、今回の発表では『多くのスクーパーから"デリゲーターが過飽和状態に陥らないように、待機しているスクーパーにISOプールを開放してほしい"との要望があったため、新たに8つのISOプールを受け入れた』との説明が行われています。

多くのスクーパーから『デリゲーターが過飽和状態に陥らないように、待機しているスクーパーにISOプールを開放してほしい』との要望がありました。

これを受けて新たに8つのプールが受け入れられました。全てのプールリストは「https://iso.sundaeswap.finance」で確認することができます。ぜひご覧ください🥳🎉🍨

飽和状態になっているステークプールに委任している場合でも"公式が設定した計算式に基づいて算出されるSUNDAE報酬"を得ることはできますが、先述したように飽和状態のステークプールに委任している場合にはステーキングで得られるADA報酬の数量が減少してしまうため、「これからISO対象プールに委任する方」や「飽和状態のステークプールに委任している方」などは、ステークプールの飽和状態を確認して"過飽和になっているプール"に委任すると良いかと思われます。

なお、ステークプールの飽和状況は「Daedalus(ウォレット)」などのウォレットでステーキングを行う際の「ステークプール選択画面」で確認することができ、SundaeSwapのISO対象となるプールは以下のリンク先ページで確認することができます。

>>「ISO対象のプールリスト」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ジョン・マカフィー:一部アルトコイン価格「10倍増」宣言|BTC強気予想も維持

ジョン・マカフィー:一部アルトコイン価格「10倍増」宣言|BTC強気予想も維持

SBI VCトレード:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

SBI VCトレード:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

米人気投資アプリRobinhood「現物ビットコインETF」取扱開始

米人気投資アプリRobinhood「現物ビットコインETF」取扱開始

ロシア政府:仮想通貨決済「禁止する方針」示す|中央銀行も合意=地元メディア報道

ロシア政府:仮想通貨決済「禁止する方針」示す|中央銀行も合意=地元メディア報道

日本銀行:中央銀行デジタル通貨の検討に向け民間企業に「情報提供」を依頼

日本銀行:中央銀行デジタル通貨の検討に向け民間企業に「情報提供」を依頼

トルコの不動産会社:複数銘柄対応の「暗号資産決済」を導入|オンライン物件閲覧も可能

トルコの不動産会社:複数銘柄対応の「暗号資産決済」を導入|オンライン物件閲覧も可能

注目度の高い仮想通貨ニュース

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す