Ripple社:シリーズC投資家からの「自社株買い」を実施|評価額は50%増加

by BITTIMES

Ripple(リップル)社のCEOあるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は2022年1月26日に『Ripple社が2019年12月に実施したシリーズCの資金調達ラウンドで発行した株式を、150億ドル(約1兆7,100億円)の評価額で買い戻したこと』を発表しました。

こちらから読む:GMOコイン、Cardano(ADA)取扱い開始「暗号資産」関連ニュース

評価額は2年間で100億ドルから「150億ドル」に

Ripple(リップル)社のCEOあるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は2022年1月26日に『Ripple社が2019年12月に実施したシリーズCの資金調達ラウンドで発行した株式を、150億ドル(約1兆7,100億円)の評価額で買い戻したこと』を発表しました。

リップル社が2019年12月に実施したシリーズC資金調達ラウンドは世界的投資企業である「Tetragon」が主導したものであり、ベンチャーキャピタルである「Route 66 Ventures」や日本の「SBIホールディング」などが参加、100億ドル(1.1兆円)の評価額で2億ドル(約220億円)の資金調達に成功したことが報告されていました。

2019年当時の評価額は100億ドルとなっていたものの、今回の発表では『150億ドルの評価額で買い戻した』とされているため、Ripple社の評価額はこの2年間で50%増加したことになります。

ガーリングハウスCEOは今回の発表の中で『2021年は米国証券取引委員会(SEC)との訴訟問題などの逆風があったが過去最高の年だった』と述べており、『Ripple社の財務状況は今回の買い戻し完了後でも10億ドル(1,140億円)以上の銀行残高があるなどこれまでで最も強固である』とも報告しています。

また、Ripple社の投資部門である「RippleX」に関しては『XRP Ledgerに様々な機能を追加するために全力で取り組んでいる』と説明した上で、NFT中央銀行デジタル通貨(CBDC)・相互運用性ブリッジ・サイドチェーンなど世界中の開発者やパートナーと協力していると報告されています。

Ripple社が当社のシリーズC(2019年12月)の株式を150億ドルの評価額で買い戻したことを発表できることを嬉しく思います!2022年の私たちに「スローダウン」の文字はありません。2021年の逆風にもかかわらずこの年は私たちにとって過去最高の年であり、Ripple社の財務状況(銀行残高10億ドル)はこれまでで最も強固です。

RippleNetはクロスボーダー決済以上のものであり、流動性などといった暗号資産のネイティブサービスを企業にもたらすものです。現在このネットワークは100億ドルを超える取引を処理しています。毎年継続的にアップグレードを行い、新機能の開発に注力しているチームに大きな賞賛を贈ります。

XRP Ledgerに様々な機能を追加するために全力で取り組んでいるRippleXは、NFT・CBDC・相互運用性ブリッジ・サイドチェーンなど世界中の開発者やパートナーと手を取り合っています。結局のところマルチチェーンの世界なのです😁

Ripple社は2020年12月頃から「暗号資産XRPの有価証券性」に関する米SECとの訴訟問題が続いているものの、昨年はブータン王国やパラオなどで中央銀行デジタル通貨(CBDC)の試験運用に向けた取り組みが進められていることなども報告されています。

2022年1月26日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は先日24日に64.5円付近まで下落したものの、その後はやや回復してきており、2022年1月26日時点では「1XRP=71.07円」で取引されています。

2021年10月28日〜2022年1月26日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2021年10月28日〜2022年1月26日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

JPYC株式会社:次世代Visaクレジットカード「Nudge」と提携|NFT特典などを計画

JPYC株式会社:次世代Visaクレジットカード「Nudge」と提携|NFT特典などを計画

LINE NEXT:グローバルNFTプラットフォーム専用ウォレット「DOSI Wallet」提供開始

LINE NEXT:グローバルNFTプラットフォーム専用ウォレット「DOSI Wallet」提供開始

HEXAメタバースに「レンタルNFT展示機能」搭載|美術館・協賛空間の設営が可能に

HEXAメタバースに「レンタルNFT展示機能」搭載|美術館・協賛空間の設営が可能に

XRP銀行アプリ「XUMM」iOS・Android版リリース【日本でも利用可能】

XRP銀行アプリ「XUMM」iOS・Android版リリース【日本でも利用可能】

SQUARE ENIX「ブロックチェーンゲームへの本格参入」を検討|NFTは事業化フェーズへ

SQUARE ENIX「ブロックチェーンゲームへの本格参入」を検討|NFTは事業化フェーズへ

日本銀行「中央銀行デジタル通貨・決済システム」のフォーラム開催へ【参加者募集中】

日本銀行「中央銀行デジタル通貨・決済システム」のフォーラム開催へ【参加者募集中】

注目度の高い仮想通貨ニュース

Kraken:ジェシー・パウエルCEOが退任|新CEOはデイブ・リプリー氏

Kraken:ジェシー・パウエルCEOが退任|新CEOはデイブ・リプリー氏

Chiliz&Socios:アルゼンチンサッカー協会(AFA)とのファントークン独占契約を更新

Chiliz&Socios:アルゼンチンサッカー協会(AFA)とのファントークン独占契約を更新

PLT Place「NFTの二次流通機能」提供へ|ロイヤリティ総額50%山分けキャンペーンも開催

PLT Place「NFTの二次流通機能」提供へ|ロイヤリティ総額50%山分けキャンペーンも開催

NEM/Symbolコア開発者、NPO法人「NEMTUS」に2,000万円相当のXEM・XYMを寄付

NEM/Symbolコア開発者、NPO法人「NEMTUS」に2,000万円相当のXEM・XYMを寄付

インドの大手取引所「ステーブルコイン3銘柄の上場廃止」を発表:WazirX

インドの大手取引所「ステーブルコイン3銘柄の上場廃止」を発表:WazirX

ビットバンク:アスター(Astar/ASTR)取扱いへ|日本国内初上場

ビットバンク:アスター(Astar/ASTR)取扱いへ|日本国内初上場

マイニングプール大手「AntPool」イーサリアム大型アップグレード後の対応方針を発表

マイニングプール大手「AntPool」イーサリアム大型アップグレード後の対応方針を発表

BINANCE:イーサリアム(ETH)の現物取引手数料を期間限定で無料化

BINANCE:イーサリアム(ETH)の現物取引手数料を期間限定で無料化

ディーカレット「Amber Japan株式会社」に社名変更|WhaleFinの提供開始

ディーカレット「Amber Japan株式会社」に社名変更|WhaleFinの提供開始

Huobi Japan:COT上場記念「4つのキャンペーン」開催|PS5・AirPodsなどの豪華景品も

Huobi Japan:COT上場記念「4つのキャンペーン」開催|PS5・AirPodsなどの豪華景品も

FUELHASH「100%水力発電のBTCマイニングファーム」カナダで運用開始

FUELHASH「100%水力発電のBTCマイニングファーム」カナダで運用開始

Chiliz&Socios:米国初のeスポーツファントークン発行へ「Immortals」と提携

Chiliz&Socios:米国初のeスポーツファントークン発行へ「Immortals」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す