Ripple社:シリーズC投資家からの「自社株買い」を実施|評価額は50%増加

by BITTIMES   

Ripple(リップル)社のCEOあるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は2022年1月26日に『Ripple社が2019年12月に実施したシリーズCの資金調達ラウンドで発行した株式を、150億ドル(約1兆7,100億円)の評価額で買い戻したこと』を発表しました。

こちらから読む:GMOコイン、Cardano(ADA)取扱い開始「暗号資産」関連ニュース

評価額は2年間で100億ドルから「150億ドル」に

Ripple(リップル)社のCEOあるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は2022年1月26日に『Ripple社が2019年12月に実施したシリーズCの資金調達ラウンドで発行した株式を、150億ドル(約1兆7,100億円)の評価額で買い戻したこと』を発表しました。

リップル社が2019年12月に実施したシリーズC資金調達ラウンドは世界的投資企業である「Tetragon」が主導したものであり、ベンチャーキャピタルである「Route 66 Ventures」や日本の「SBIホールディング」などが参加、100億ドル(1.1兆円)の評価額で2億ドル(約220億円)の資金調達に成功したことが報告されていました。

2019年当時の評価額は100億ドルとなっていたものの、今回の発表では『150億ドルの評価額で買い戻した』とされているため、Ripple社の評価額はこの2年間で50%増加したことになります。

ガーリングハウスCEOは今回の発表の中で『2021年は米国証券取引委員会(SEC)との訴訟問題などの逆風があったが過去最高の年だった』と述べており、『Ripple社の財務状況は今回の買い戻し完了後でも10億ドル(1,140億円)以上の銀行残高があるなどこれまでで最も強固である』とも報告しています。

また、Ripple社の投資部門である「RippleX」に関しては『XRP Ledgerに様々な機能を追加するために全力で取り組んでいる』と説明した上で、NFT中央銀行デジタル通貨(CBDC)・相互運用性ブリッジ・サイドチェーンなど世界中の開発者やパートナーと協力していると報告されています。

Ripple社が当社のシリーズC(2019年12月)の株式を150億ドルの評価額で買い戻したことを発表できることを嬉しく思います!2022年の私たちに「スローダウン」の文字はありません。2021年の逆風にもかかわらずこの年は私たちにとって過去最高の年であり、Ripple社の財務状況(銀行残高10億ドル)はこれまでで最も強固です。

RippleNetはクロスボーダー決済以上のものであり、流動性などといった暗号資産のネイティブサービスを企業にもたらすものです。現在このネットワークは100億ドルを超える取引を処理しています。毎年継続的にアップグレードを行い、新機能の開発に注力しているチームに大きな賞賛を贈ります。

XRP Ledgerに様々な機能を追加するために全力で取り組んでいるRippleXは、NFT・CBDC・相互運用性ブリッジ・サイドチェーンなど世界中の開発者やパートナーと手を取り合っています。結局のところマルチチェーンの世界なのです😁

Ripple社は2020年12月頃から「暗号資産XRPの有価証券性」に関する米SECとの訴訟問題が続いているものの、昨年はブータン王国やパラオなどで中央銀行デジタル通貨(CBDC)の試験運用に向けた取り組みが進められていることなども報告されています。

2022年1月26日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は先日24日に64.5円付近まで下落したものの、その後はやや回復してきており、2022年1月26日時点では「1XRP=71.07円」で取引されています。

2021年10月28日〜2022年1月26日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2021年10月28日〜2022年1月26日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

CoinBest×群馬県沼田市:NFT活用した「歴史文化のまちづくりプロジェクト」の寄付受付開始

CoinBest×群馬県沼田市:NFT活用した「歴史文化のまちづくりプロジェクト」の寄付受付開始

Ripple社のライバル「SWIFT」がR3と提携|分散型台帳技術の統合を発表

Ripple社のライバル「SWIFT」がR3と提携|分散型台帳技術の統合を発表

マイケル・ジョーダン氏、Solana・NFT活用のソーシャルアプリ「HEIR」公開へ

マイケル・ジョーダン氏、Solana・NFT活用のソーシャルアプリ「HEIR」公開へ

Flareトークン(FLR)の配布方法などに関する重要提案「FIP.01」が可決

Flareトークン(FLR)の配布方法などに関する重要提案「FIP.01」が可決

暗号資産投資家、XRPから「ビットコイン」へと移行か|GMOコインの取引金額に変化

暗号資産投資家、XRPから「ビットコイン」へと移行か|GMOコインの取引金額に変化

シバイヌ:Web2&Web3対応の「.shib」ドメイン提供へ|TLD取得に向けD3と提携

シバイヌ:Web2&Web3対応の「.shib」ドメイン提供へ|TLD取得に向けD3と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

レベルアップできるカルダノNFT「Profile NFT」の報酬付きテスト開始:Atrium Lab

レベルアップできるカルダノNFT「Profile NFT」の報酬付きテスト開始:Atrium Lab

40万円が「1億7,300万円」に|シバイヌ(SHIB)初期投資家が3年半を経て利確

40万円が「1億7,300万円」に|シバイヌ(SHIB)初期投資家が3年半を経て利確

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

金融庁:仮想通貨取引所「LBank Exchange」に警告

金融庁:仮想通貨取引所「LBank Exchange」に警告

ビットポイント「10万円相当のイーサリアム(ETH)が当たるキャンペーン」開始

ビットポイント「10万円相当のイーサリアム(ETH)が当たるキャンペーン」開始

Shibarium基盤のミームコイン「DAMN」中央集権型取引所への上場が決定

Shibarium基盤のミームコイン「DAMN」中央集権型取引所への上場が決定

世界初のSolana向けEVM互換L2「Solana VM」2024年にリリース予定|$SVMプレセールで100万ドル以上を調達

世界初のSolana向けEVM互換L2「Solana VM」2024年にリリース予定|$SVMプレセールで100万ドル以上を調達

ビットコイン投資戦略「NASDAQ上場の医療機器メーカー」も採用|約63億相当の購入報告

ビットコイン投資戦略「NASDAQ上場の医療機器メーカー」も採用|約63億相当の購入報告

Symbol関連イベント「XYMPOSIUM TOKYO 2024」9月開催か|リンガフランカに関する情報も

Symbol関連イベント「XYMPOSIUM TOKYO 2024」9月開催か|リンガフランカに関する情報も

Hashdex「ビットコイン・イーサリアム混合型の現物ETF」を申請

Hashdex「ビットコイン・イーサリアム混合型の現物ETF」を申請

IEO開催中のブリリアンクリプト「世界展開に向けた資本業務提携・パブリッシング契約」を発表

IEO開催中のブリリアンクリプト「世界展開に向けた資本業務提携・パブリッシング契約」を発表

バイデン政権「ビットコインとブロックチェーンに関する円卓会議」開催か

バイデン政権「ビットコインとブロックチェーンに関する円卓会議」開催か

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す