Ripple社のxRapidが国際送金で40〜70%の節約を達成|大幅にコストを削減

by BITTIMES   

Ripple社の製品担当上級副社長であるAsheesh Birla氏は、同社が提供する国際送金ソリューションである「xRapid」を使用した実証実験の集計結果を5月10日に発表しました。

重要な役割を担うxRapid

Ripple社はここ数ヶ月間で、xRapidを扱う多くの企業とパートナーシップを結んでいます。

xRapidは、仮想通貨リップル(XRP)をブリッジ通貨として使用し、リップルのブロックチェーンを介して瞬時に国際送金を行います。国際送金におけるスピードやコストを大幅に削減することが期待されているxRapidは『価値のあるインターネット』を実現するための重要な役割を担っています。

今回行われた実証実験の集計結果には、xRapidの圧倒的な機能効率が現れています。

実験結果が示す圧倒的な送金速度

米国とメキシコでの国際送金の場合では、他の外国為替取引業者と比較して40%〜70%のコスト削減を達成しており、送金にかかった時間は平均2分となっています。

これまでに利用されていた一般的な国際送金の方法では、送金を完了するまでに平均で2〜3日もの時間がかかっていたことと比べると、xRapidが圧倒的な送金速度を実現していることがわかります。

2つの異なる金融機関の間で行われる取引には数分ほどの時間がかかる結果となっていますが、実際にXRP元帳に関わった時間は数秒であり、取引にかかった時間の大部分は元の通貨をXRPに変換し中間の取引所を移動する処理などに費やされているとのことです。

xRapidを使った国際送金の流れ

xRapidを使った国際送金は次のような流れで行われます。

はじめに金融機関が送金元と目的地の両方の仮想通貨取引所に直接接続します。
送金元の通貨は、国際送金に必要な流動性を提供するXRPに交換されたのち、仮想通貨取引所で目的地の通貨に秒単位で変換されます。この取引が行われると資金は支払いのために目的国の地方のルートに送られます。

この取引はエンドツーエンド(E2E)で追跡されるため、これまで以上に安価で高速な国際送金が可能となります。

価値のあるインターネットの実現

Birla氏は今回の結果がRipple社が掲げる『Value of Internet(価値のあるインターネット)』に沿ったものであると述べています。

これは価値あるインターネットのビジョンの実現です。
世界経済全体に、送金に頼る家族から、新しい国の市場に拡大しようとする企業に、新しい流動的な資金移動を可能にします。

世界経済の可能性は無限にあり、価値のあるのインターネットがその可能性を十分に発揮できることを嬉しく思います。

リップルが提供するその他のサービスと解説はこちら

リップルが今後の主流に?

Ripple社のストラテジック・アカウント責任者を務めているマーカス・トリーシャー氏は先月、国際送金システムであるSWIFTとRippleの今後について「リップル社とSWIFTの戦いには2つの結果しかない」と語り、明確な意見を述べています。

(引用:ripple.com

リップル(XRP)は仮想通貨取引所BitTradeで購入できます。

仮想通貨取引所の画像仮想通貨取引所BitTradeの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「ファン参加型」チーム運営へ:West Ham United FC ー ロンドン

ブロックチェーンで「ファン参加型」チーム運営へ:West Ham United FC ー ロンドン

マレーシアで進む「不動産のトークン化」ブロックチェーンが活用される理由とは?

マレーシアで進む「不動産のトークン化」ブロックチェーンが活用される理由とは?

メルセデスベンツの親会社が独自の仮想通貨を発表

メルセデスベンツの親会社が独自の仮想通貨を発表

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月23日〜29日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月23日〜29日

ブロックチェーン用いた「EV・PHEVのCO2排出削減量記録システム」開発:A.L.I.×ユビ電

ブロックチェーン用いた「EV・PHEVのCO2排出削減量記録システム」開発:A.L.I.×ユビ電

仮想通貨取引にLINE参入「LINE Financial」設立

仮想通貨取引にLINE参入「LINE Financial」設立

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック「SorareのNFTレアカード販売日時」が決定|ネイマール選手など49種類

コインチェック「SorareのNFTレアカード販売日時」が決定|ネイマール選手など49種類

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Chicago Bulls(シカゴ・ブルズ)」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Chicago Bulls(シカゴ・ブルズ)」と提携

BINANCE:カルダノ大型アップグレードに伴い「ADAの入出金」一時停止へ

BINANCE:カルダノ大型アップグレードに伴い「ADAの入出金」一時停止へ

分散型音楽配信のAudius「TikTok」と提携|AUDIO価格は100%以上高騰

分散型音楽配信のAudius「TikTok」と提携|AUDIO価格は100%以上高騰

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

Twitter主導の分散型SNS「Bluesky」仮想通貨Zcash開発者がリーダーに

Twitter主導の分散型SNS「Bluesky」仮想通貨Zcash開発者がリーダーに

コインチェック:オリジナルラベルビールが当たる「7周年記念キャンペーン」開始

コインチェック:オリジナルラベルビールが当たる「7周年記念キャンペーン」開始

イーサリアムの主要ノード運用ソフト「Geth」でバグ|利用者にアップデート求める

イーサリアムの主要ノード運用ソフト「Geth」でバグ|利用者にアップデート求める

コインチェック:仮想通貨積立サービスに「モナコイン(MONA)」追加

コインチェック:仮想通貨積立サービスに「モナコイン(MONA)」追加

OKCoinJapan「IOST」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計9銘柄に

OKCoinJapan「IOST」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計9銘柄に

Cardano基盤のDeFiサービス提供へ「Astarter」を発表:EMURGO×Blockchain 4A

Cardano基盤のDeFiサービス提供へ「Astarter」を発表:EMURGO×Blockchain 4A

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す