Ripple社のxRapidが国際送金で40〜70%の節約を達成|大幅にコストを削減

by BITTIMES   

Ripple社の製品担当上級副社長であるAsheesh Birla氏は、同社が提供する国際送金ソリューションである「xRapid」を使用した実証実験の集計結果を5月10日に発表しました。

重要な役割を担うxRapid

Ripple社はここ数ヶ月間で、xRapidを扱う多くの企業とパートナーシップを結んでいます。

xRapidは、仮想通貨リップル(XRP)をブリッジ通貨として使用し、リップルのブロックチェーンを介して瞬時に国際送金を行います。国際送金におけるスピードやコストを大幅に削減することが期待されているxRapidは『価値のあるインターネット』を実現するための重要な役割を担っています。

今回行われた実証実験の集計結果には、xRapidの圧倒的な機能効率が現れています。

実験結果が示す圧倒的な送金速度

米国とメキシコでの国際送金の場合では、他の外国為替取引業者と比較して40%〜70%のコスト削減を達成しており、送金にかかった時間は平均2分となっています。

これまでに利用されていた一般的な国際送金の方法では、送金を完了するまでに平均で2〜3日もの時間がかかっていたことと比べると、xRapidが圧倒的な送金速度を実現していることがわかります。

2つの異なる金融機関の間で行われる取引には数分ほどの時間がかかる結果となっていますが、実際にXRP元帳に関わった時間は数秒であり、取引にかかった時間の大部分は元の通貨をXRPに変換し中間の取引所を移動する処理などに費やされているとのことです。

xRapidを使った国際送金の流れ

xRapidを使った国際送金は次のような流れで行われます。

はじめに金融機関が送金元と目的地の両方の仮想通貨取引所に直接接続します。
送金元の通貨は、国際送金に必要な流動性を提供するXRPに交換されたのち、仮想通貨取引所で目的地の通貨に秒単位で変換されます。この取引が行われると資金は支払いのために目的国の地方のルートに送られます。

この取引はエンドツーエンド(E2E)で追跡されるため、これまで以上に安価で高速な国際送金が可能となります。

価値のあるインターネットの実現

Birla氏は今回の結果がRipple社が掲げる『Value of Internet(価値のあるインターネット)』に沿ったものであると述べています。

これは価値あるインターネットのビジョンの実現です。
世界経済全体に、送金に頼る家族から、新しい国の市場に拡大しようとする企業に、新しい流動的な資金移動を可能にします。

世界経済の可能性は無限にあり、価値のあるのインターネットがその可能性を十分に発揮できることを嬉しく思います。

リップルが提供するその他のサービスと解説はこちら

リップルが今後の主流に?

Ripple社のストラテジック・アカウント責任者を務めているマーカス・トリーシャー氏は先月、国際送金システムであるSWIFTとRippleの今後について「リップル社とSWIFTの戦いには2つの結果しかない」と語り、明確な意見を述べています。

(引用:ripple.com

リップル(XRP)は仮想通貨取引所BitTradeで購入できます。

仮想通貨取引所の画像仮想通貨取引所BitTradeの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

幻冬舎が仮想通貨やブロックチェーンのウェブメディア「あたらしい経済」を創刊|独自トークンも発行予定

幻冬舎が仮想通貨やブロックチェーンのウェブメディア「あたらしい経済」を創刊|独自トークンも発行予定

Ripple社:SBI Holdingsなどから「200億円以上」の資金調達|2020年もさらに事業拡大へ

Ripple社:SBI Holdingsなどから「200億円以上」の資金調達|2020年もさらに事業拡大へ

セキュリティトークン取引所「大阪・神戸」に設立|SBI北尾社長の国際金融都市構想

セキュリティトークン取引所「大阪・神戸」に設立|SBI北尾社長の国際金融都市構想

デジタルコンテンツに「ブロックチェーン証明書」を付与|エイベックス子会社が新技術開発

デジタルコンテンツに「ブロックチェーン証明書」を付与|エイベックス子会社が新技術開発

【公式発表】TelegramのTONブロックチェーン「10月後半」公開へ

【公式発表】TelegramのTONブロックチェーン「10月後半」公開へ

Ripple技術用いた「ステーブルコイン・寄付プラットフォーム」公開:韓国SKグループ

Ripple技術用いた「ステーブルコイン・寄付プラットフォーム」公開:韓国SKグループ

注目度の高い仮想通貨ニュース

TAOTAO(タオタオ)「My Crypto Heroesキャッシュバックキャンペーン」開催

TAOTAO(タオタオ)「My Crypto Heroesキャッシュバックキャンペーン」開催

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

Gemini:支払う度に仮想通貨が貯まる「ジェミナイ・クレジットカード」リリースへ

Gemini:支払う度に仮想通貨が貯まる「ジェミナイ・クレジットカード」リリースへ

NEM「FIN/SUM 2021」参加へ|日本マーケティングで日経産業広告社と提携

NEM「FIN/SUM 2021」参加へ|日本マーケティングで日経産業広告社と提携

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

【BITMAX推し暗号資産アンケート】ビットコインを抜き「XRP」が1位ランクイン

【BITMAX推し暗号資産アンケート】ビットコインを抜き「XRP」が1位ランクイン

イスラエル証券庁:Kiroboの仮想通貨を「セキュリティトークン」と判断

イスラエル証券庁:Kiroboの仮想通貨を「セキュリティトークン」と判断

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

日本円ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」販売開始:日本暗号資産市場株式会社

日本円ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」販売開始:日本暗号資産市場株式会社

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す