リップル(XRP)とSWIFTの今後についてRipple責任者が明言

by BITTIMES   

リップル(Ripple/XRP)とSWIFTの今後の提携などの可能性について、リップル(Ripple)社のストラテジック・アカウント責任者を務めているマーカス・トリーシャー氏は、自身がどのように考えているかの明確な意見を述べています。

RipplとSWIFTの今後の戦いには2つの結果しかない

リップル(Ripple)社のストラテジック・アカウント責任者を務めているマーカス・トリーシャー氏はリップルとSWIFTの今後について次のように明確な意見を述べています。

「リップル(Ripple)社とSWIFTは非常に異なる事業モデルを有しており、パートナーになる必要はない。」

「リップル社とSWIFTの戦いには2つの結果しかない」

トリーシャー氏は、この2つのモデルの今後について次のような結果が想定されると語っています。

1つ目は、両社が共存できるもの可能性のあるもので、リップル(XRP)が速さが要求される案件を処理し、SWIFTが残りの部分を担うと言うものです。

2つ目は、リップルが幅広く使用されるようになることで、SWIFTが徐々に市場から消えていくというものです。

「SWIFTも大規模かつ低価値の取引の処理が可能なため、弊社のモデルがSWIFTの崩壊につながる可能性があると認識しています。しかし、SWIFTと共存すること自体は好ましいと考えています」

リップル(Ripple/XRP)は価格にかかわらず十分な意義を備えている

トリーシャー氏は、リップル社がインド、ブラジル、ラテンアメリカなどの恵まれない地域、軽視されている地域にサービスを提供しているリップル(Ripple)の技術は、極めて重要な役割を果たしていると述べています。

「苦労が多い地域で、イノベーションとしてのリップルはいち早く採用されています。そのため、効率の低い経済圏では多くの引き合いをいただいています。戦略的にはこれらの市場はまだ成長過程にあるため、弊社としても取り組むべき市場です」

トリーシャー氏は、XRPの価格変動がリップル社の業務にどのような影響を与えるかについて説明しています。

リップル社の業務は次の2つの段階に分けられます。
1つ目は、リップル(XRP)の有無にかかわらず動作する支払いプラットフォームとなることです。
2つ目は、リップル(XRP)のスケーラビリティ、スピード、効率性を活用して国際送金に必要な資本の削減を追求することです。

しかしリップル社は、リップル(XRP)の価格が0円になっても、支払いソリューションプロバイダーとしての役割を果たすことができます。

これは、リップル社がXRPの価値に関係なく決済ソリューションとしての価値において十分な意義を備えていることを表しています。

「リップル(XRP)自身の価値は、流動性ソリューションとしての価値よりも低いと言えます。リップル(XRP)の目的は牧草になることです。つまり、銀行と企業は非戦略的通貨で流動資産を保持する必要がないということです。そのため、リップル(XRP)の価格はリップル社のモデルにとって重要ではありません」

トリーシャー氏は、5月16日にオランダで開催されるTFX貿易財務会議で講演を行う予定となっています。この会議にはバンク・オブ・アメリカのプロダクト・マネージメント部門の責任者ピーター・ジェイムソン氏、ヨーロッパIBMのブロックチェーン責任者であるルイ・デ・ブリュン氏などの他の決済業界のリーダーも参加する予定となっています。

(引用:ripplenews.tech

リップル(XRP)の購入におすすめの取引所

リップル(XRP)を購入する際は、XRPの取引量で世界一を達成した仮想通貨取引所Bitbank(ビットバンク)がおすすめです。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

三菱UFJなどがリップルの国際送金を実証実験|今月中に開始

三菱UFJなどがリップルの国際送金を実証実験|今月中に開始

リップル(XRP)のシンボルマークが変わる?|Ripple公式Twitterでも話題に

リップル(XRP)のシンボルマークが変わる?|Ripple公式Twitterでも話題に

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

リップルとビットコインの価格相関性について|Ripple社CEOのコメント

リップルとビットコインの価格相関性について|Ripple社CEOのコメント

ディーカレット「XRP売買サービス」再開へ|1日あたりの最大注文数量は変更に

ディーカレット「XRP売買サービス」再開へ|1日あたりの最大注文数量は変更に

BINANCE:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

BINANCE:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Coinbase:イタリアで「暗号資産サービスプロバイダー」の登録を完了

Coinbase:イタリアで「暗号資産サービスプロバイダー」の登録を完了

ジェド・マケーレブ氏のXRP大量売却「終了目前」か|保有枚数は約530万枚に

ジェド・マケーレブ氏のXRP大量売却「終了目前」か|保有枚数は約530万枚に

「ビットコイン売却=強気ではない」ということではない:Cypherpunk CEO

「ビットコイン売却=強気ではない」ということではない:Cypherpunk CEO

前澤友作氏「MZDAO」の初期メンバー募集開始|数時間で登録者数1万人超え

前澤友作氏「MZDAO」の初期メンバー募集開始|数時間で登録者数1万人超え

QUOREA「bitFlyer自動売買」のAPI接続方法|画像付きでわかりやすく解説

QUOREA「bitFlyer自動売買」のAPI接続方法|画像付きでわかりやすく解説

XANA:AIで進化するメタバースパートナーNFT「XANA:Genesis」リリース

XANA:AIで進化するメタバースパートナーNFT「XANA:Genesis」リリース

暗号資産取引所OKX:高機能チャートプラットフォーム「TradingView」と提携

暗号資産取引所OKX:高機能チャートプラットフォーム「TradingView」と提携

世界の仮想通貨ATM設置台数「39,000台」に到達|日本国内のBTM情報も更新

世界の仮想通貨ATM設置台数「39,000台」に到達|日本国内のBTM情報も更新

暗号資産取引所「Phemex」がわずか3年で数百万人のユーザーを獲得した理由

暗号資産取引所「Phemex」がわずか3年で数百万人のユーザーを獲得した理由

Project Twelve:人気のM2Eアプリ「STEPN」と提携|持続可能なWeb3.0エコシステム構築へ

Project Twelve:人気のM2Eアプリ「STEPN」と提携|持続可能なWeb3.0エコシステム構築へ

支払い時に仮想通貨SHIBをバーン「SHIB Burn Visa Card」登場

支払い時に仮想通貨SHIBをバーン「SHIB Burn Visa Card」登場

GMOコイン:ライブ配信アプリ「Palmu」のIEO検討開始|PLMトークンを販売予定

GMOコイン:ライブ配信アプリ「Palmu」のIEO検討開始|PLMトークンを販売予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す