Bloktopia「REBLOK NFT販売」の詳細・購入方法を発表|本日20時からアクセス可能

by BITTIMES

全21階建ての超高層ビル型メタバースプラットフォームである「ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)」は2022年5月25日に、Bloktopiaのメタバースビル内にあるテナントを販売する『BLOKTOPIA Genesis NFT Land Sale』の詳細を発表しました。テナント販売のポータルは日本時間2022年5月25日20時00分に公開されると報告されています。

こちらから読む:コインチェック、国内初"SAND"取扱開始「メタバース」関連ニュース

Bloktopiaのテナント販売ポータル「本日20時」に公開

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)は2022年5月25日に、Bloktopiaのメタバースビル内にあるテナントを販売する『BLOKTOPIA Genesis NFT Land Sale』の詳細を発表しました。

Bloktopiaは、近未来的でリアルなグラフィックで構築されている全21階建ての超高層ビル型メタバースであり、ユーザーはメタバースビル内のテナント(REBLOK)を購入してコンテンツを展開したり、ビル内の広告スペース(AFBLOK)を取得して広告を掲載したり、これらのテナント・広告スペースで賃貸収入や広告収入を得たりすることができるように設計されています。

今回の発表では、このテナント(REBLOK)の販売用ポータルが日本時間2022年5月25日20時00分に公開されることが報告されており、REBLOK NFTの購入方法などについても詳しく説明が行われています。

🚨📢BLOKTOPIA Genesis NFT Land Saleのポータルは5月25日午前11時(UTC)にオープンします!🚀

REBLOK NFTの購入方法についてはこちらをご覧ください👇
https://t.co/vD4djEP7JQ

REBLOK NFTの販売・購入方法について

Bloktopiaの公式発表によると、今回のテナント販売は段階的に実施されていくとのことで、REBLOK NFTを購入するためには仮想通貨ウォレット「MetaMask(メタマスク)」で「購入費を支払うためのBLOK」と「ガス代を支払うためのMATIC」が必要になるとされています。

LAND SALEフェーズ1について

第一段階のテナント販売では、Bloktopiaのレベル1にある共同所有型のREBLOK NFTが販売されるとのことで、この階層には「Algorand、Animoca Brands、Anti Fund、Avalanche、Binance NFT、Bloktopia HQ、Chilliz/Socios、Chainlink、CoinMarketCap、CoinTelegraph、Elrond、Kucoin、Polygon、Solana、Enjin」などの有名企業・プロジェクトに加えて「Jake Paul、Bitboy」などのインフルエンサーのテナントが含まれていると説明されています。

(画像:Bloktopia)(画像:Bloktopia)

REBLOKの販売価格について

Bloktopiaのレベル1には合計17のバーチャルストアが存在するとのことで、REBLOKの販売価格はストアのサイズと場所によって変化、24日時点の価格で換算すると「480,000〜1,200,000BLOK(5,280〜13,200ドル)」の価格で販売されると報告されています。

REBLOKからの収益について

共同所有型のREBLOKからは全て収益が発生するとのことで「購入価格の10%/年」の賃料収入が保証され、報酬はBLOKで支払われると説明されています。なお、REBLOK NFT保有者は、購入した仮想店舗がBloktopiaで稼働した瞬間から収益を得ることができるとされています。

また『REBLOKから発生する収益はテナントの賃料見直しや新規入居によってさらに高くなる可能性がある』とも報告されており、『賃貸契約はテナントとBloktopiaの間で年単位で決定される。将来的に高い価格に設定された場合、年間利回りは劇的に上昇する可能性がある』と説明されています。

REBLOK NFTは「OpenSea」などで売却可能

REBLOK NFTを購入したオーナーは「OpenSea(オープンシー)」などのNFTマーケットプレイスでREBLOK NFTを売却することもできるようになっており、主流のその他メタバースプラットフォームの土地価格が高騰していることから、将来的に「REBLOK NFT」の価値が高まる可能性があることも説明されています。

REBLOK NFTの購入方法について

REBLOK NFTの購入方法については以下のように説明されており、『販売はできる限り公平に、先着順で行われる』と説明されています。なお、REBLOK NFTは「1つのウォレットにつき1つのみ購入可能」とされています。

  1. BLOKTOPIAのテナント販売ポータルにアクセス
  2. MetaMaskをサイトに接続
  3. マップから好きなREBLOK NFTを選択して購入

なお、テナント販売の早期アクセスに登録されているウォレットアドレスは「日本時間2022年5月25日20時00分〜2022年5月25日22時00分まで」の2時間だけ優先的に使用することができるとのことで、2022年5月25日22時00分以降は一般販売が開始され、全てのREBLOKが先着順で販売されると説明されています。

>>「Bloktopia」の公式発表はこちら
>>「REBLOK購入方法の詳細」はこちら
>>「テナント販売ポータル」はこちら
>>BLOKの取引が可能な「Bitget」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融大手Fidelity:チャリティー部門で「仮想通貨XRP」の寄付金を受け入れ

金融大手Fidelity:チャリティー部門で「仮想通貨XRP」の寄付金を受け入れ

自民党:Web3.0時代に向けたNFT戦略の「ホワイトペーパー案」公開

自民党:Web3.0時代に向けたNFT戦略の「ホワイトペーパー案」公開

2020年、イーサリアム時価総額は「ビットコイン」を超える:著名投資家Ian Balina

2020年、イーサリアム時価総額は「ビットコイン」を超える:著名投資家Ian Balina

ジャスミー:5,000JMYもらえる「プラチナデータ幸福発見プロジェクト」Phase1参加者を募集

ジャスミー:5,000JMYもらえる「プラチナデータ幸福発見プロジェクト」Phase1参加者を募集

コインチェック×CyberZ「エンターテイメント分野でのNFT活用」に向けて協業開始

コインチェック×CyberZ「エンターテイメント分野でのNFT活用」に向けて協業開始

暗号資産「ダイ(Dai/DAI)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ダイ(Dai/DAI)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

前澤友作氏:フォロワーに「分散型自律組織(DAO)の立ち上げ」を提案

前澤友作氏:フォロワーに「分散型自律組織(DAO)の立ち上げ」を提案

P2Eゲーム「De:Lithe Φ」国内初のゲームトークンIEO実施へ|Huobi Japan・HashPaletteと協力

P2Eゲーム「De:Lithe Φ」国内初のゲームトークンIEO実施へ|Huobi Japan・HashPaletteと協力

OKCoinJapan:IOST保有者に対するDONエアドロップ「日本円付与」を完了

OKCoinJapan:IOST保有者に対するDONエアドロップ「日本円付与」を完了

Chiliz&Socios:ポルトガル初「SLベンフィカ」と提携|公式ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ポルトガル初「SLベンフィカ」と提携|公式ファントークン発行へ

BINANCE CEO「米SECのBNB調査」についてコメント

BINANCE CEO「米SECのBNB調査」についてコメント

ジャスミー(Jasmy/JMY)「2022年ロードマップ最新版」を公開

ジャスミー(Jasmy/JMY)「2022年ロードマップ最新版」を公開

Coincheck NFT:デジタルファッションハウス「Joyfa」のNFTスニーカー取扱いへ

Coincheck NFT:デジタルファッションハウス「Joyfa」のNFTスニーカー取扱いへ

MEXC Global:dHealth Networkの仮想通貨「DHP」上場廃止か|ST警告ルールを適用

MEXC Global:dHealth Networkの仮想通貨「DHP」上場廃止か|ST警告ルールを適用

タイ向け暗号資産取引所「Huobi Thailand」7月1日にプラットフォーム閉鎖へ

タイ向け暗号資産取引所「Huobi Thailand」7月1日にプラットフォーム閉鎖へ

Grayscale:カルダノ(ADA)への配分を「34%」に増加|月末には大型アップグレードも

Grayscale:カルダノ(ADA)への配分を「34%」に増加|月末には大型アップグレードも

SAKURA GUILD GAMES:P2Eゲーム「Titan Hunters」とパートナーシップ契約

SAKURA GUILD GAMES:P2Eゲーム「Titan Hunters」とパートナーシップ契約

カルダノ創設者:米国下院農業委員会で「暗号資産・ブロックチェーン」について講演へ

カルダノ創設者:米国下院農業委員会で「暗号資産・ブロックチェーン」について講演へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す