Bloktopia:マルチチェーン戦略を発表「BNB Chain」対応でBLOK価格急騰

by BITTIMES

全21階建ての超高層ビル型メタバースプラットフォームである「ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)」は2022年3月30日に、Bloktopiaを複数のブロックチェーンに対応する『マルチチェーンメタバース』へと進化させていくことを発表しました。Bloktopiaは大手暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」が提供する『BNB Chain』でBLOKを発行することも発表しており、一連の発表を受けてBLOKの価格も急騰しています。

こちらから読む:Coincheck、DecentralandのLAND取扱い「メタバース」関連ニュース

マルチチェーン対応でより快適な環境を提供

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)は2022年3月30日に、Bloktopiaを複数のブロックチェーンに対応する『マルチチェーンメタバース』へと進化させていくことを発表しました。

Bloktopia(BLOK)は、取引速度の向上やコスト削減などの利点を持つイーサリアムのセカンドレイヤーソリューション「ポリゴン(Polygon/MATIC)」のブロックチェーンネットワーク上に構築されていますが、今回の発表ではPolygon以外のブロックチェーンネットワークにも対応する『マルチチェーンアプローチを採用する』という新しい戦略が発表されています。

仮想通貨業界ではブロックチェーンネットワークの混雑による取引遅延・手数料高騰などの問題が頻発していますが、複数のブロックチェーンに対応すれば、その時の状況に応じて複数のブロックチェーンで柔軟に取引を行うことが可能になるため、仮想通貨BLOKの送金などもより便利になると期待されます。

Bloktopiaは公式発表の中で『マルチチェーンのアプローチは複雑なトランザクションを排除し、エンドユーザーに摩擦のない体験を保証するものである』と述べており、このようなソリューションはBloktopiaをユーザーにとって魅了的なものにするだけでなく、ブロックチェーン業界の成長にも絶対に欠かせないものであると説明しています。

なお、Bloktopiaは今回の発表中で『マルチチェーン対応後もPolygonは重要な戦略的パートナーであり続ける』とも説明しています。

BNB Chainを採用した「BNB BLOK」も発表

Bloktopia(BLOK)は2022年3月30日に、マルチチェーン戦略の一環として大手暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」が開発した独自のブロックチェーンである「BNB Chain」を採用したことも発表しています。

これにより「BNB Chain」を基盤とした仮想通貨である「BNB BLOK Token」が発行されるとのことで、このトークンは既存の「BLOK Token」を補完する形でローンチされるとも説明されています。

⛓️新たなマルチチェーン戦略の一環

🪙BNB Chain上のメタバースにアクセスし、BNB BLOKトークンを使用

🚀トークンは、既存のBLOKトークンを補完する形でローンチされます。

なお、今回発表されたマルチチェーン戦略で発行される「別チェーン上のBLOKトークン」が発行された場合でも、BLOKトークンの供給量が増えることはないとのことで、『別チェーン上でBLOKトークンが発行されてもBLOKの総供給量は変わらない』と説明されています。

一連の発表を受け、BLOK価格は急騰

Bloktopiaの独自通貨である「BLOK」の価格は過去数ヶ月間で下落傾向が続いていたものの、今回の発表を受けて価格は急騰しており、0.018ドル(約2.2円)付近で推移していたBLOK価格は一時的に0.035ドル(約4.28円)付近まで急騰しています。

2021年12月16日〜2022年3月31日 BLOK/USDTの日足チャート(画像:Bitget)2021年12月16日〜2022年3月31日 BLOK/USDTの日足チャート(画像:Bitget)

急騰後はやや下落し、記事執筆時点のBLOK価格は「1BLOK=0.024ドル(約2.94円)」となっているものの、今回の急騰で長期的に続いていた下落トレンドを抜け出す傾向が強まってきているため、コミュニティでは今後のBLOK価格上昇にも期待が高まっています。

>>「Bloktopia」の公式発表はこちら
>>BLOKの取引が可能な「Bitget」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【重要】日本円ステーブルコイン「ICHIBA」取扱終了へ|ICB→JPYCの交換受付開始

【重要】日本円ステーブルコイン「ICHIBA」取扱終了へ|ICB→JPYCの交換受付開始

Coincheck NFT:Otherside取扱開始「最大30万円相当のETHがもらえるキャンペーン」開催

Coincheck NFT:Otherside取扱開始「最大30万円相当のETHがもらえるキャンペーン」開催

米司法省:暗号資産詐欺・資金洗浄などを理由に「John McAfee氏」を起訴

米司法省:暗号資産詐欺・資金洗浄などを理由に「John McAfee氏」を起訴

DMMビットコイン「TRX・ADA・DOT・IOSTのレバレッジ取引」提供へ|TRX現物取引も

DMMビットコイン「TRX・ADA・DOT・IOSTのレバレッジ取引」提供へ|TRX現物取引も

Crypto.com「ケイマン諸島」で暗号資産サービスプロバイダーのライセンス取得

Crypto.com「ケイマン諸島」で暗号資産サービスプロバイダーのライセンス取得

今、投資家が注目すべきは「ビットコイン」ではない:Bernhard Schroeder

今、投資家が注目すべきは「ビットコイン」ではない:Bernhard Schroeder

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:DOT保有で5万円が当たる「ポルカドット取扱い記念キャンペーン」開始

コインチェック:DOT保有で5万円が当たる「ポルカドット取扱い記念キャンペーン」開始

Bitget launchpool、賞金総額1,000ETCの新キャンペーンを開始

Bitget launchpool、賞金総額1,000ETCの新キャンペーンを開始

アフガニスタン警察当局、1週間で「16の暗号資産取引所」を閉鎖=報道

アフガニスタン警察当局、1週間で「16の暗号資産取引所」を閉鎖=報道

OpenSea:Seaportで「Polygon・MATIC」をサポート|複数の新機能を追加

OpenSea:Seaportで「Polygon・MATIC」をサポート|複数の新機能を追加

愛で子供時代を守る、ベネズエラの病気の子どもたちに温かさを届けるチャリティー

愛で子供時代を守る、ベネズエラの病気の子どもたちに温かさを届けるチャリティー

BINANCE:イーサリアム(ETH)の現物取引手数料を期間限定で無料化

BINANCE:イーサリアム(ETH)の現物取引手数料を期間限定で無料化

ZARA:メタバースコレクション「Y2K クリーチャーズ」をローンチ

ZARA:メタバースコレクション「Y2K クリーチャーズ」をローンチ

スターバックス:Polygon・NFT活用の新サービス「Starbucks Odyssey」を発表

スターバックス:Polygon・NFT活用の新サービス「Starbucks Odyssey」を発表

ビットバンク:現金1,000円がもらえる「はじめてのご入金プログラム」開始

ビットバンク:現金1,000円がもらえる「はじめてのご入金プログラム」開始

米議員「アルゴリズム型ステーブルコインの発行禁止する法案」準備か=報道

米議員「アルゴリズム型ステーブルコインの発行禁止する法案」準備か=報道

DEPも獲得できるNFTサッカーシミュレーションゲーム「GOAL SEEKERS」開発開始:DEA社

DEPも獲得できるNFTサッカーシミュレーションゲーム「GOAL SEEKERS」開発開始:DEA社

Kraken:ジェシー・パウエルCEOが退任|新CEOはデイブ・リプリー氏

Kraken:ジェシー・パウエルCEOが退任|新CEOはデイブ・リプリー氏

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す