ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

by BITTIMES   

全21階建ての超高層ビル型メタバース(仮想空間)プラットフォームである「Bloktopia(ブロックトピア)」と、そのネイティブトークン・暗号資産である「BLOK」に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説します。この記事ではBLOKを取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

こちらから読む:ブロックトピア関連記事を新着順で「Bloktopia/BLOK」関連ニュース

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?

Bloktopia-BLOK-Logo

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは、暗号資産とブロックチェーン技術を活用した全21階建ての超高層ビル型メタバース(仮想空間)プラットフォームであり、仮想空間・プラットフォーム・プロジェクトの名称が「ブロックトピア(Bloktopia)」、プラットフォーム上で使用される仮想通貨の名称が「BLOK」となっています。

メタバース(仮想空間)とは、オンライン上に構築された3DCG仮想空間のことであり、サービス利用者は自分のアバターを作成して世界に入ることによって、仮想空間にアクセスしている他のユーザーとのコミュニケーションを楽しんだり、仮想空間上に構築されたコンテンツで遊ぶことができるようになっています。

Bloktopiaは2021年10月に公開された比較的新しいメタバースプラットフォームであるものの、美しいグラフィックや独自の世界観に加えて、パートナーや出資者の中に有名企業が多数含まれていることなどから、メタバース業界でも今後の成長に特に注目が集まっているプロジェクトの1つとなっています。

また、Bloktopiaは取引速度の向上やコスト削減などの利点を持つイーサリアム(Ethereum/ETH)のセカンドレイヤーソリューション「ポリゴン(Polygon/MATIC)」の技術を活用しているため、仮想通貨業界で頻繁に指摘されている取引速度・取引手数料などの問題に対処できると期待されます。

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)の特徴

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)の特徴としては以下のようなことが挙げられます。

全21階建ての超高層ビル型メタバース

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)は「全21階建ての超高層ビル型メタバース」となっています。現在の一般的なメタバースプラットフォームは「広大なマップ上に複数の土地や建物が存在する形式」となっているため、"1棟の大規模なビルとしてメタバースを構築した"という点はBloktopiaの大きな特徴の1つとなっています。

なお、Bloktopiaの"21階建て"という設定はビットコイン(BTC)に敬意を表したものであり、21という数字はビットコインの総発行枚数が2,100万枚であることにちなんで付けられています。

(画像:Bloktopiaホワイトペーパー)(画像:Bloktopiaホワイトペーパー)

美しいグラフィックで描かれた近未来世界

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)のメタバースは、美しいグラフィックで描かれた近未来世界のような仮想空間となっています。エリア全体が統一感のあるデザインで設計されており、メタバース内を歩く人々のアバターも非常にリアルな質感で描かれているため、単純にメタバースの中を散策するだけでも楽しめるような空間となっています。

Bloktopiaのメタバースは記事執筆時点では一般公開されておらず、ベータ版完成予定時期は2022年3月とされているものの、BloktopiaはVRデバイスにも対応しており、現在はYouTubeなどでメタバース内部の映像などが公開されているため、コミュニティの間では今後の正式リリースに期待が高まっています。

(画像:Bloktopiaホワイトペーパー)(画像:Bloktopiaホワイトペーパー)

不動産や広告スペースを活用した収益化

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)の高層ビル内の各フロアには複数の不動産が存在しているため、Bloktopia利用者はそれらの不動産を購入して、自社コンテンツなどを展開したり、不動産を貸出・販売したりすることによって収益化を図ることができるようになっています。Bloktopia内の不動産を購入する行為は「REBLOK」と呼ばれており、不動産所有には「単独所有」と「共同所有」の2種類があると説明されています。

また、Bloktopiaの仮想空間上には多数の広告スペースも存在しているため、自分の会社や製品の広告をメタバース上に掲載したり、広告スペースを購入して仮想空間上で広告収入を得たりすることもできるようになっています。Bloktopiaの広告収益の仕組みは「AFBLOK」と呼ばれており、大型広告21個・小型広告84個が利用可能、そのうちの50%のスペースがNFTを通じて購入でき、ADBLOKを通じて得られた収益の50%はNFT保有者に分配されると説明されています。

なお「REBLOK」や「ADBLOK」はBLOKで購入することができ、Bloktopiaのライトペーパーでは以下のような有名企業・取引所・プロジェクトなどがテナント・広告を展開する予定だと報告されています。

(画像:Bloktopiaホワイトペーパー)(画像:Bloktopiaホワイトペーパー)

取引所・ゲーム・ニュースなど多様なコンテンツ

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)の仮想空間には「暗号資産取引所・ゲーミングスペース・ネットワーキングスペース・インフルエンサーゾーン・ニュースゾーン」などいった様々なコンテンツが存在しているため、製品・サービスを有している企業などは自社製品をBloktopiaで展開でき、ユーザーはメタバース内でそれら複数のコンテンツを楽しむことができるようになっています。

また、アート作品などのNFTコンテンツを所有している方も、Bloktopiaのメタバース内でそれらのNFTを展示・売買して収益化を図ることができると期待されます。

シンプルなビルダーツールも提供

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)の公式サイトでは、メタバース上のコンテンツを作成するクリエイターのための「シンプルなビルダーツール」を提供することも説明されています。

クリエイターはこのビルダーツールを使用して「シーン・アートワーク・チャレンジ」などを作成してイベントに参加することによって賞品を獲得することができるとのことで、『SDKはより経験豊富なクリエイターのためにソーシャルゲームやアプリで世界を埋めるためのツールを提供する』とも説明されています。

BLOK保有で稼ぐステーキング

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)はBLOKを一定期間保有し続けることによって新たなBLOKを獲得することができる「ステーキング」の仕組みも採用しています。

ステーキングで得られる報酬の数量は保有期間や数量などによって変化する仕組みとなっており、ステーキングの詳細は「Bloktopia公式サイトのステーキングページ」で説明されています。

開発者・出資者・パートナーが優秀

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)の開発者チームには、仮想通貨・ブロックチェーン・マーケティング・映画・ゲーム・3Dコンソールゲームなどといった様々な業界で活躍した経歴を持つ複数の人物が含まれています。

また、Bloktopiaのリード投資家は世界的に人気のメタバースプラットフォーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」の親会社にあたる「Animoca Brands(アニモカ・ブランド)」であり、パートナーには「Polygon」なども含まれているため、開発者・出資者・パートナーなどの面からも将来が期待できるプロジェクトとして注目されています。

既に複数の有名企業がオフィス建設

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)のメタバースには既に複数の有名企業などがオフィスを立ち上げることが決定されており、これまでには暗号資産取引所「KuCoin(クーコイン)」や、仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトである「エンジン(Enjin/ENJ)」などが不動産の一角を購入したことが報告されています。

Bloktopiaは比較的新しいメタバースプロジェクトであるため、今後も有名企業がBloktopiaのメタバースに参加することになれば、その注目度はさらに高まり、エコシステム全体の成長につながると期待されます。

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)の基本情報

プロジェクト名称ブロックトピア(Bloktopia)
トークン名称BLOK
ティッカーシンボルBLOK
総発行枚数200,000,000,000 BLOK(2,000億枚)
開発者ROSS TAVAKOLI(CEO)
コンセンサスアルゴリズムProof-of-Stake(PoS)

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)の価格・チャート

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)を取扱う暗号資産取引所

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)は記事執筆時点で日本国内の暗号資産取引所には上場していません。BLOKの取引が可能な海外の主要取引所としては以下のような取引所が挙げられます(2022年1月時点)。
Bitget(ビットゲット)
KuCoin(クーコイン)
Bitrue(ビットゥルー)
・OKEx(オーケーイーエックス)
・Gate.io

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)対応のウォレット

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)を保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
MetaMask(メタマスク)

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)関連リンク

Bloktopia公式サイト
Bloktopia公式Twitter
Bloktopia公式Telegram
Bloktopia公式Instagram
Bloktopia公式ブログ
Bloktopia公式YouTubeチャンネル
ライトペーパー
エクスプローラー①(Polygonscan)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

滝沢秀明氏:火山写真のNFT作品「Volcano Adventure Club」発行|OpenSeaで販売

滝沢秀明氏:火山写真のNFT作品「Volcano Adventure Club」発行|OpenSeaで販売

ErisX「ビットコイン現物決済先物」を正式に公開

ErisX「ビットコイン現物決済先物」を正式に公開

XRP Ledger基盤のバンキングアプリ「XUMM」プライベートβ版公開へ

XRP Ledger基盤のバンキングアプリ「XUMM」プライベートβ版公開へ

GMOコイン:貸暗号資産プレミアムで「年率40%」のETH貸出募集|11月9日まで

GMOコイン:貸暗号資産プレミアムで「年率40%」のETH貸出募集|11月9日まで

Coincheck NFT(β版)「3D Generativemasks」取扱いへ

Coincheck NFT(β版)「3D Generativemasks」取扱いへ

スイスの大手銀行「Julius Baer」が仮想通貨市場に参入|デジタル資産の需要増加に対応

スイスの大手銀行「Julius Baer」が仮想通貨市場に参入|デジタル資産の需要増加に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

c0ban取引所:停止していた各種サービスを再開|業務停止命令の期間が満了

c0ban取引所:停止していた各種サービスを再開|業務停止命令の期間が満了

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

Travel and Earn採用のWeb3旅行アプリ「xtrip」公開|旅行・移動で仮想通貨報酬

Travel and Earn採用のWeb3旅行アプリ「xtrip」公開|旅行・移動で仮想通貨報酬

OKCoinJapan:クイズ正解で「2,000円分のEFI」がもらえるキャンペーン開始

OKCoinJapan:クイズ正解で「2,000円分のEFI」がもらえるキャンペーン開始

イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)Coinbaseの「iOS・Androidアプリ」に対応

イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)Coinbaseの「iOS・Androidアプリ」に対応

FTX創業者サム・バンクマンフリード被告「無罪」を主張

FTX創業者サム・バンクマンフリード被告「無罪」を主張

ZEBEDEE×VIKER:ビットコインが稼げる「チェス・スクラッチ」のゲーム公開

ZEBEDEE×VIKER:ビットコインが稼げる「チェス・スクラッチ」のゲーム公開

素晴らしいヒント:クリプト弱気市場で便利な5つの無料インデックス

素晴らしいヒント:クリプト弱気市場で便利な5つの無料インデックス

独大手銀行デカバンク「機関投資家向けの暗号資産商品」提供へ|MEACO社の技術を採用

独大手銀行デカバンク「機関投資家向けの暗号資産商品」提供へ|MEACO社の技術を採用

2023年内に5カ国でTRXを法定通貨に|Tron創設者が目標語る

2023年内に5カ国でTRXを法定通貨に|Tron創設者が目標語る

カルダノ共同創設者:仮想通貨メディア「CoinDesk」の買収を検討

カルダノ共同創設者:仮想通貨メディア「CoinDesk」の買収を検討

FTX Japan「資産返還機能のベータ版」公開|出金再開に向け最終テスト

FTX Japan「資産返還機能のベータ版」公開|出金再開に向け最終テスト

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す