OpenSea「ユーザーのメールアドレス漏洩」を報告|フィッシング詐欺などに要注意

by BITTIMES

NFTマーケットプレイスの「OpenSea(オープンシー)」は2022年6月30日に、メール配信代行業者である「Customer.io」の過失によって顧客のメールアドレスが外部に流出したことを報告しました。今回のメールアドレス流出によって、今後はフィッシング詐欺などのメールがOpenSea利用者宛てに送信される可能性があるため、ユーザーは十分注意・警戒する必要があります。

こちらから読む:FTX Japan、ドージコイン(DOGE)取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

ユーザー・ニュース購読者のメールアドレスが流出

OpenSea(オープンシー)は2022年6月30日に、メール配信代行業者である「Customer.io」の過失によって顧客のメールアドレスが外部に流出したことを報告しました。

公式発表によると、メール配信ベンダーである「Customer.io」の従業員がアクセス権を悪用してOpenSeaユーザーやニュースレター購読者から提供されたメールアドレスをダウンロードし、アクセス権を持たない外部の第三者と共有したとのことで、『過去にOpenSeaでメールを共有したことがある方はその影響を受けたとお考えください』と説明されています。

なお、OpenSeaは現在「Customer.io」と協力して調査を進めているとのことで、法執行機関にも今回のメールアドレス流出の件について報告を行なっていると報告されています。

ユーザーは「フィッシング詐欺」などに要注意

OpenSeaは今回の発表の中で『流出したデータにはメールアドレスが含まれているため、フィッシング詐欺の可能性が高まっている』として、なりすましなどのフィッシング詐欺に騙されないようにと注意喚起を行なっています。

具体的には「OpenSeaになりすまそうとしているメールなどに注意するように」と説明されており、OpenSeaの公式メールドメインは『opensea.io』であるため、以下のような偽のメールドメインには騙されないようにと注意が促されています。

【偽物のメールドメインの例】
※以下のドメインは全て偽物であるため、このようなドメインからメールが届いた場合などには騙されないよう十分注意してください。OpenSeaの公式メールドメインは『opensea.io』であり、メールは"opensea.io"からしか送信されません。

  • opensae.io
  • opensea.org
  • opensea.xyz

【安全のための推奨事項】
自分の安全を維持するための推奨事項としては以下の5点が挙げられています。

  • OpenSeaになりすますフィッシングメールに関わらないこと。OpenSeaは「opensea.io」からしかメールを送信しません。
  • OpenSeaのメールから何かをダウンロードしない。本物のOpenSeaからのメールに添付ファイルやダウンロードを要求するものは一切ありません。
  • OpenSeaのメールに記載されているリンクのURLが"文字を入れ替えた偽物"などでないかをしっかりと確認すること。URLが公式のもの(opensea.io)であることをしっかり確認してください。
  • パスワード・秘密鍵・ウォレットの復元フレーズなどを他人に共有しないこと。OpenSeaが復元フレーズなどを要求することは絶対にありません。
  • 電子メールから直接要求されたトランザクションには絶対に署名しないこと。トランザクション署名を直接促すリンクは公式メールには絶対に含まれていません。

仮想通貨業界ではユーザーの暗号資産を騙し取ろうとするフィッシング詐欺が頻繁に行われていますが、今回OpenSeaでメールアドレスが流出したことによって、今後はOpenSeaを利用しているユーザーのメールアドレス宛てに詐欺師からの偽メールなどが届くようになる可能性があります。

また、今後は上記以外の方法で暗号資産や個人情報を騙し取ろうとする事例が出てくる可能性もあるため、OpenSeaを利用していた方はそのような詐欺行為などに十分注意するようにしましょう。

>>「OpenSea」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

Socios.com:NBA所属チーム「Sacramento Kings」とマーケティング提携

Socios.com:NBA所属チーム「Sacramento Kings」とマーケティング提携

日本政府、仮想通貨による「国税納付」について閣議決定

日本政府、仮想通貨による「国税納付」について閣議決定

ジョン・マカフィー:プライバシー重視の「携帯電話データ通信サービス」を発表

ジョン・マカフィー:プライバシー重視の「携帯電話データ通信サービス」を発表

ビットポイント台湾:ジャパン側に「約26億円相当の補償」求める|訴訟の可能性も

ビットポイント台湾:ジャパン側に「約26億円相当の補償」求める|訴訟の可能性も

The Sandbox:人気DJ「Steve Aoki」の近隣土地販売へ|LANDセールまもなく開始

The Sandbox:人気DJ「Steve Aoki」の近隣土地販売へ|LANDセールまもなく開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ基盤ステーブルコイン「Djed」来週公開へ|Bitrueも上場発表

カルダノ基盤ステーブルコイン「Djed」来週公開へ|Bitrueも上場発表

Chiliz関連ファントークン7銘柄、韓国の大手取引所「Upbit」に上場

Chiliz関連ファントークン7銘柄、韓国の大手取引所「Upbit」に上場

HEXA:XYM決済に続き「ETH・MATIC」にも対応へ

HEXA:XYM決済に続き「ETH・MATIC」にも対応へ

DMM:Web3事業本格参入に向け新会社「DM2C Studio」を設立

DMM:Web3事業本格参入に向け新会社「DM2C Studio」を設立

ビットフライヤー:XRP保有者に対する「FLR付与予定日」を発表

ビットフライヤー:XRP保有者に対する「FLR付与予定日」を発表

AI搭載NFTアバター「XANA:GENESIS」のリアルアート展開催へ

AI搭載NFTアバター「XANA:GENESIS」のリアルアート展開催へ

WhaleFin「ディーカレット公式サイトからの自動遷移終了」を発表

WhaleFin「ディーカレット公式サイトからの自動遷移終了」を発表

SBI VCトレード「FLRの付与・取扱い方針」で続報|残高確認システム公開へ

SBI VCトレード「FLRの付与・取扱い方針」で続報|残高確認システム公開へ

タイSEC:暗号資産のオンライン学習コース「SEC Crypto Academy」開設

タイSEC:暗号資産のオンライン学習コース「SEC Crypto Academy」開設

ヴェノム財団がアイスバーグキャピタルと提携|10億ドルのヴェノム・ベンチャーファンドを設立

ヴェノム財団がアイスバーグキャピタルと提携|10億ドルのヴェノム・ベンチャーファンドを設立

Flareトークン(FLR)の配布方法などに関する重要提案「FIP.01」が可決

Flareトークン(FLR)の配布方法などに関する重要提案「FIP.01」が可決

Terra:LUNA・LUNC関連の最新版ウォレット「Station」公開|ステーキングで新機能も

Terra:LUNA・LUNC関連の最新版ウォレット「Station」公開|ステーキングで新機能も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す