Terra Classic(LUNC)注目のアップグレード実施へ|BINANCEなども対応方針を発表

by BITTIMES   

アルゴリズム型ステーブルコイン「USTC」のディペッグ(参照価格からの価格乖離)で価格が99%暴落したテラ・クラシック(Terra Classic/LUNC)で「1.2% Burn」や「委任・ステーキング再有効化」などの重要な改善提案を採用したアップグレードが実施されることが明らかになりました。今回のアップグレードを受けて「BINANCE」などの大手暗号資産取引所からも『LUNC入出金一時停止』の発表が行われています。

こちらから読む:日本政府、暗号資産の法人税見直しへ「暗号資産」関連ニュース

Terra Classic(LUNC)アップグレード実施へ

アルゴリズム型ステーブルコイン「USTC」のディペッグ(参照価格からの価格乖離)で価格が99%暴落したテラ・クラシック(Terra Classic/LUNC)で「1.2% TAX Burn」や「委任・ステーキング再有効化」などの重要な改善提案を採用したアップグレードが実施されることが明らかになりました。

テラ・クラシック(Terra Classic/LUNC)の価格はUSTCのディペッグ後に99%暴落して以降価格低迷が続いていますが、その背後では『Terra Rebels』として知られるDiscordグループの下で自己組織化された複数のコミュニティメンバーによって復旧に向けた活動が続けられており、複数の改善提案なども公表されていました。

今回のアップグレードはこの改善提案の中の「1.2% Burn」と「委任・ステーキング再有効化」に関連するもので、暴落したLUNC価格の回復や、コミュニティ再構築などの面で重要なアップグレードになると注目されています。

提案3568「1.2% Burn」

提案3568「1.2% Burn」とは『LUNCにTax Burnメカニズムを導入してLUNCの総供給量を削減する』というものであり、全てのLUNC売買取引に「税+バーン」のメカニズムを実装することによって、自動的に一定数量のLUNCをバーン用ウォレットへと送り、LUNCの総供給量を大幅に減らすことができると期待されています。

USTCのディペッグ騒動によってLUNCの供給量は大幅に増加しており、この供給量が減少しない限りLUNC価格が元に戻るのは難しいと考えられているため、LUNCコミュニティでは「LUNCバーン(LUNCの焼却処分)」が今後のLUNC復活に向けた重要な役割を果たすと期待されています。

なお「1.2% Tax Burn」のメカニズムはLUNCの総供給量が決められた枚数になるまで有効化される予定となっており、それ以降はこのメカニズムが無効となり、総供給量は決して変更できなくなると報告されています。

提案4095「委任とステーキングの再有効化」

提案4095「委任とステーキングの再有効化」とは『一時停止されていたTerra Classic(LUNC)の委任ステーキングを再び有効化させる』というもので、ステーキングが有効化されることによってTerra Classicにポジティブな影響が見られると期待されています。

なお、LUNC改善提案では「委任・ステーキングを再有効化するとBFT攻撃を受ける可能性がある」などの懸念が示されていましたが、そのような懸念に対処するために『最初の60日間は既存のバリデーターにのみ委任を開放する』などの対応を取ることが説明されています。

BINANCEなどもアップグレードに関する対応方針を発表

Terra Classic(LUNC)のネットワークアップグレードは「ブロック高9,109,990(日本時間2022年8月27日午前7時00分頃)」に実施される予定だと報告されているため、現在はLUNCを取り扱っているBINANCE(バイナンス)などの大手暗号資産取引所からも『LUNCアップグレードに関する対応方針』が発表されています。

BINANCE(バイナンス)は、日本時間2022年8月27日午前6時00分にLUNCの入出金を一時停止することを発表しており、アップグレードの間もLUNCの取引に影響は出ないとも説明を行なっています。

なお、BINANCEにおけるLUNCの入出金は「ネットワークが安定したと判断された時点」で再開されるとのことで、更新があった場合には新たな発表でユーザーに報告すると説明されています。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら
>>「BINANCE」の公式サイトはこちら

追記:FTX Globalもサポート表明

(2022年8月26日追記)
グローバルにサービスを提供している暗号資産取引所「FTX Global」は2022年8月26日に、Terra Classic(LUNC)のネットワークアップグレードをサポートすることを発表しました。

FTX Globalは今回のアップグレードに伴い『LUNCの入出金を日本時間2022年8月27日午前2時00分から一時停止する』と報告していますが、『FTXにおけるLUNCの取引は影響を受けない』とも説明されています。

なお、LUNCの出金はアップグレード後のネットワークを監視して、アップグレードが完了したと判断された場合に再開されるとのことです。

>>「FTX Global」の公式発表はこちら

追記:Bybit・KuCoinなども対応表明

(2022年8月26日追記)
Terra Classic(LUNC)のネットワークアップグレードを受けて「Bybit・KuCoin」などといったその他の大手暗号資産取引所からも続々と『Terra Classic(LUNC)のネットワークアップグレードをサポートする』との発表が行われています。

記事執筆時点で当メディアが確認している暗号資産取引所のサポート表明は以下の通りです。

Bybit(バイビット)
LUNCアップグレードをサポート
LUNC入出金一時停止:日本時間2022年8月27日午前6時00分〜
LUNC入出金再開時期:安定稼働が確認でき次第
>>Bybit公式発表

KuCoin(クーコイン)
LUNCアップグレードをサポート
LUNC入出金一時停止:日本時間2022年8月27日午前6時00分〜
LUNC入出金再開時期:安定稼働が確認でき次第
>>KuCoin公式発表

Poloniex(ポロニエックス)
LUNC入出金一時停止:日本時間2022年8月26日22時00分〜
LUNC入出金再開時期:安定稼働が確認でき次第
>>Poloniex公式発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

アルゼンチン中央銀行「決済事業者の仮想通貨サービス」を禁止

アルゼンチン中央銀行「決済事業者の仮想通貨サービス」を禁止

ORBS(オーブス)仮想通貨取引所「Liquid」に上場|日本向けサービスは未対応

ORBS(オーブス)仮想通貨取引所「Liquid」に上場|日本向けサービスは未対応

全てのNFTで遊べる新作ゲーム「NFTWars」6月25日公開へ|Oasys L2のTCG Verseを採用

全てのNFTで遊べる新作ゲーム「NFTWars」6月25日公開へ|Oasys L2のTCG Verseを採用

英取引所Coinfloor:イーサリアム「取り扱い終了」へ|上場廃止の理由とは?

英取引所Coinfloor:イーサリアム「取り扱い終了」へ|上場廃止の理由とは?

CARDANO(ADA)基軸の仮想通貨取引所「IronX」パブリックセール開催中

CARDANO(ADA)基軸の仮想通貨取引所「IronX」パブリックセール開催中

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す