イーサリアム財団「The Mergeに関する8つの誤解」について説明

by BITTIMES   

イーサリアム財団(Ethereum Foundation)は2022年8月17日に、イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムをプルーフ・オブ・ステーク(PoS)へと移行する大型アップグレード「The Merge(マージ)」について誤解されている可能性のある8つの内容を公開しました。

こちらから読む:The Sandbox、ALPHA SEASON 3提供へ「暗号資産」関連ニュース

「大型アップグレードに関する8つの誤解」について説明

イーサリアム財団(Ethereum Foundation)は2022年8月17日に、イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムをプルーフ・オブ・ステーク(PoS)へと移行する大型アップグレード「The Merge(マージ)」について誤解されている可能性のある8つの内容を公開しました。

The Merge(マージ)はイーサリアムのコンセンサスアルゴリズムを「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」から「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」へと移行する大型アップグレードであり、最新の情報では2022年9月15日頃にメインネットで実施される予定だと報告されています。

この大型アップグレードでは、イーサリアムの取引承認・合意形成・ブロック生成の仕組みが大幅に変更されるため、今回のアップデートによって様々なメリットがもたらされると期待されていますが、今回公開された内容では「Mergeに関する誤解8つ」について以下のように説明が行われています。

誤解①ノードを動かすには32ETHのステーキングが必要

『ノードを動かすには32ETHのステーキングが必要』というのは誤解だ。誰でも自由にイーサリアムの自己検証済みコピーを同期させることができる(つまりノードを実行することができる)。ETHは必要ない。

誤解②The Mergeでガス代が安くなる

『The Mergeでガス代が安くなる』というのは誤解だ。The Mergeは「合意メカニズムの変更」であり「ネットワーク容量の拡大」ではないため、ガス代の引き下げにはつながらない。

誤解③マージ完了後に取引が著しく速くなる

『マージ完了後に取引が著しく速くなる』というのは誤解だ。若干の変更はあるものの、レイヤー1での取引速度はほとんど変わらない。

誤解④The MergeでステークしたETHを引き出すことができる

『The MergeでステークしたETHを引き出すことができる』というのは誤解だ。The Mergeの段階ではステーキング報酬の引き出しは有効化されない。次の「Shanghaiアップグレード」でステーキング報酬の引き出しが可能になる。

誤解⑤バリデータはShanghaiアップグレードまで流動性のあるETH報酬を受け取れない

『バリデータは引き出しが有効になるShanghaiアップグレードまで流動性のあるETH報酬を受け取れない』というのは誤解だ。手数料チップ/MEVはバリデータが管理するメインネットアカウントに入金され、すぐに利用できるようになる。

誤解⑥出金が可能になるとステイカーが一斉に撤退する

『出金が可能になるとステイカーが一斉に撤退する』というのは誤解だ。バリデータの退出はセキュリティ上の理由から制限されている。

誤解⑦ステーキングAPRはマージ後3倍になると予想される

『ステーキングAPRはマージ後3倍になると予想される』というのは誤解だ。最新の予測では「マージ後のAPRは200%増ではなく、50%に近い」とされている。

誤解⑧マージによってチェーンのダウンタイムが発生する

『マージによってチェーンのダウンタイムが発生する』というのは誤解だ。Mergeでアップグレードはダウンタイムなしでプルーフ・オブ・ステークに移行できるように設計されている。

なお、これらの誤解に関する詳しい説明は以下にリンクを記載している公式発表ページで確認することが可能となっています。

>>「The Mergeに関する誤解」の詳細はこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

ブロックチェーンで再生可能エネルギーの起源を証明:スペイン・ACCIONA Energy

ブロックチェーンで再生可能エネルギーの起源を証明:スペイン・ACCIONA Energy

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

Brave「Binanceウィジェット」提供開始|ブラウザ上で仮想通貨取引が可能に

Brave「Binanceウィジェット」提供開始|ブラウザ上で仮想通貨取引が可能に

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Chicago Bulls(シカゴ・ブルズ)」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Chicago Bulls(シカゴ・ブルズ)」と提携

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

注目度の高い仮想通貨ニュース

VRNFTアート制作アプリ「SnowCanvas」ベータ版公開

VRNFTアート制作アプリ「SnowCanvas」ベータ版公開

DEA:オリジナルNFTを作成できる広告ソリューション「プロダクトプレイスメントNFT」発表

DEA:オリジナルNFTを作成できる広告ソリューション「プロダクトプレイスメントNFT」発表

トミ(tomiNet/TOMI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

トミ(tomiNet/TOMI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

モンテネグロ警察:Terra(LUNA)共同創設者「Do Kwon」を拘束|米検察も起訴

モンテネグロ警察:Terra(LUNA)共同創設者「Do Kwon」を拘束|米検察も起訴

経済データと市場動向の関連性への理解

経済データと市場動向の関連性への理解

仮想通貨の暴落 - 今注目の仮想通貨銘柄5選【PR】

仮想通貨の暴落 - 今注目の仮想通貨銘柄5選【PR】

ビットバンク「APE・GALA・CHZ」取扱開始|取引手数料無料キャンペーンも開催

ビットバンク「APE・GALA・CHZ」取扱開始|取引手数料無料キャンペーンも開催

コインチェック:The Sandboxのメタバース土地区画「ESTATE」販売へ

コインチェック:The Sandboxのメタバース土地区画「ESTATE」販売へ

Nippon Idol Token(NIDT)とは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所など

Nippon Idol Token(NIDT)とは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所など

Telegramのウォレットボット機能、Tether(USDT)に対応

Telegramのウォレットボット機能、Tether(USDT)に対応

シリコンバレー銀行破綻の影響でステーブルコイン「USDC」がデペグ|DAI価格も0.90ドルに

シリコンバレー銀行破綻の影響でステーブルコイン「USDC」がデペグ|DAI価格も0.90ドルに

2023年大きなリターンが期待されているアルトコイン|注目の銘柄7選【PR】

2023年大きなリターンが期待されているアルトコイン|注目の銘柄7選【PR】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

トミ(tomiNet/TOMI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

トミ(tomiNet/TOMI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ガラ(Gala/GALA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ガラ(Gala/GALA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Nippon Idol Token(NIDT)とは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所など

Nippon Idol Token(NIDT)とは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所など

米ドル連動ステーブルコインのリアルタイム価格・チャート一覧

米ドル連動ステーブルコインのリアルタイム価格・チャート一覧

エイプコイン(ApeCoin/APE)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エイプコイン(ApeCoin/APE)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FiNANCiEのフィナンシェトークン(FNCT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FiNANCiEのフィナンシェトークン(FNCT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す