BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2023年1月6日に、仮想通貨業界内のコンプライアンス基準をさらに高めることを目的として、制裁コンプライアンス専門家を集めた世界唯一の組織である「認定制裁スペシャリスト協会(Association of Certified Sanctions Specialists/ACSS)」に参加したことを発表しました。

こちらから読む:ビットバンク、FLR取扱い開始日が決定「暗号資産」関連ニュース

BINANCEチームのスキルと専門性をさらに強化

BINANCE(バイナンス)は2023年1月6日に、仮想通貨業界内のコンプライアンス基準をさらに高めることを目的として、制裁コンプライアンス専門家を集めた世界唯一の組織である「認定制裁スペシャリスト協会(Association of Certified Sanctions Specialists/ACSS)」に参加したことを発表しました。

認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)は世界中の制裁専門家のための専門会員組織であり、金融機関・国際企業・法律事務所・コンサルティング会社・政府・その他の業界や企業など様々な雇用環境におけるすべての制裁専門家に共通する知識とスキルに対応する試験を提供、試験に合格した参加者は「認定制裁スペシャリスト」として資格情報を受け取ることができると説明されています。

バイナンスはACSSに正式加盟した初の暗号資産取引所であるとのことで、今後はACSS内のトレーニング教材・包括的なデータベース・深いネットワークを活用して、BINANCEチームのスキルと専門性をさらに高めていくと説明されています。

具体的には、BINANCEの制裁チームのすべてのコンプライアンス専門家がACSS認証プロセスの一環としてトレーニングを受けることになるとのことで、公式発表では『ACSSによって義務付けられたトレーニングはBINANCEの制裁チームが制裁コンプライアンスプログラムの開発に関する最新のOFACガイドラインを身につける上で重要な役割を果たすことになる。ACSSはチームが制裁令に遅れずについていき、複数の法域にまたがる違反のリスクを理解することを保証するのに役立つ』と説明されています。

バイナンスの制裁担当グローバル責任者であるChagri Poyraz氏は公式発表の中で『ACSSと密接に協力することで、制裁コンプライアンス基準を評判の良い業界団体に認められるレベルにまで引き上げ、コンプライアンスチームにスキルアップの機会を提供することができる』と語っています。

ブロックチェーン業界はまだ黎明期であるため、私たちは急速に発展する業界の中で最高レベルのコンプライアンスを維持し続けることを優先事項としています。

ACSSと密接に協力することで、私たちの制裁コンプライアンス基準を評判の良い業界団体に認められるレベルに引き上げ、コンプライアンスチームにスキルアップの機会を提供することができます。最終的には、他の業界関係者とともに、セキュリティとコンプライアンスに関する業界標準を設定し続けたいと考えています。

バイナンスは以前から「世界各国の規制を遵守してサービスを展開していること」を強調していましたが、今回の発表では『規制コンプライアンスは過去2年間バイナンスで中核的な焦点になっている』と説明されており、具体的には「2022年にBINANCEのコンプライアンスチームを500人から750人に増やした」とも報告されています。

BINANCEはこれまでに、フランス・スペイン・バーレーン・ドバイ・オーストラリアを含む合計14の管轄区域で規制上のライセンス・登録・承認を確保しているとのことで、昨年11月末には「日本市場参入に向けてサクラエクスチェンジビットコインの全株式を取得したこと」も発表されています。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら
>>「ACSS」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロバート・キヨサキ氏「経済危機が迫っている」と警告|金・銀・BTCへの投資を推奨

ロバート・キヨサキ氏「経済危機が迫っている」と警告|金・銀・BTCへの投資を推奨

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

米大手携帯電話会社「AT&T」ビットコインによる料金支払いに対応|BitPayと提携

米大手携帯電話会社「AT&T」ビットコインによる料金支払いに対応|BitPayと提携

コインチェック:仮想通貨の「ステーキングサービス」提供へ【国内取引所初】

コインチェック:仮想通貨の「ステーキングサービス」提供へ【国内取引所初】

リップル「好材料」報告続く!RippleNet拡大・ゲイツ財団との提携・上場など

リップル「好材料」報告続く!RippleNet拡大・ゲイツ財団との提携・上場など

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

注目度の高い仮想通貨ニュース

Shib Dreamの柴犬専門ニュースサイトが「日本語」に対応

Shib Dreamの柴犬専門ニュースサイトが「日本語」に対応

シバイヌで発表された「SHEboshis」とは?SHIBバーン貢献など詳細が明らかに

シバイヌで発表された「SHEboshis」とは?SHIBバーン貢献など詳細が明らかに

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

BTC・ETH・ADAがリード|暗号資産投資商品に「11億ドル」の流入

BTC・ETH・ADAがリード|暗号資産投資商品に「11億ドル」の流入

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

仮想通貨取引所ビットフォレックス「公式サイト閲覧不可」に|出口詐欺を疑う声も

仮想通貨取引所ビットフォレックス「公式サイト閲覧不可」に|出口詐欺を疑う声も

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す