スペインの航空会社「Vueling」仮想通貨決済対応へ

by BITTIMES   

スペインの格安航空会社である「Vueling(ブエリング航空)」が、同国の暗号資産取引所「Criptan」と協力して、2023年第3四半期までに仮想通貨決済に対応する予定であることが明らかになりました。

こちらから読む:ビットポイント、FLRの配布・取扱開始日を発表「暗号資産」関連ニュース

暗号資産取引所「Criptan」と協力

スペインの格安航空会社である「Vueling(ブエリング航空)」が、スペインの暗号資産取引所「Criptan」と協力して2023年第3四半期までに仮想通貨決済に対応する予定であることが明らかになりました。

ブエリング航空は顧客が仮想通貨で航空券を取得できるようにするために、ブロックチェーン技術とNFTの利用を検討しているとのことで、これによってブエリング航空は「仮想通貨を支払い手段として受け入れるヨーロッパで最初の格安航空会社」になるとも報じられています。

仮想通貨決済の機能は2023年第3四半期までにはブエリング航空のウェブサイトで利用可能になる予定で、航空会社が共同運営する旅行代金決済ネットワーク「ユニバーサル・エア・トラベルプラン(UATP)」の技術が使用される予定だと伝えられていますが、利用可能な仮想通貨の種類などについては明らかにされていません。

「Criptan」のCEOであるJorge Soriano氏は『仮想通貨決済を導入することによって顧客にその可能性を示すことができ、ユーザー体験を向上させられると確信している』と語っています。

航空業界では仮想通貨決済に対応する企業が世界的に増えてきており、空港内に仮想通貨ATMを設置する事例なども報告されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SHIBデザインの「指輪型ウォレット」登場なるか|Tangemがリング形状の新製品を開発中

SHIBデザインの「指輪型ウォレット」登場なるか|Tangemがリング形状の新製品を開発中

東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

自民党Web3PT:税制改正に向け緊急提言「仮想通貨同士の交換の非課税化」など求める

自民党Web3PT:税制改正に向け緊急提言「仮想通貨同士の交換の非課税化」など求める

アルゼンチン「契約におけるビットコイン・仮想通貨の利用」を許可

アルゼンチン「契約におけるビットコイン・仮想通貨の利用」を許可

ITI・Kiii:日本国内のWeb3ビジネス普及促進に向け「Slash Fintech Limited」と業務提携

ITI・Kiii:日本国内のWeb3ビジネス普及促進に向け「Slash Fintech Limited」と業務提携

【速報】売買停止中のコインチェックの記者会見がスタート

【速報】売買停止中のコインチェックの記者会見がスタート

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説