エミレーツ航空「ビットコイン決済」対応へ|NFT・メタバースなどの活用も予定

by BITTIMES   

アラブ首長国連邦のドバイを本拠とする航空会社「エミレーツ航空」が、新規顧客獲得に向けて仮想通貨・ブロックチェーン・メタバース・NFTなどを取り入れる計画であることが「ARAB NEWS」の報道で明らかになりました。同社は「ビットコイン決済への対応」や「公式サイトでのNFT販売」などを計画していると伝えられています。

こちらから読む:BINANCE、LUNA・USTの現物取引を再開「暗号資産」関連ニュース

BTC決済対応・NFT販売などを予定

アラブ首長国連邦ドバイを本拠とする航空会社「エミレーツ航空」が、新規顧客獲得に向けて仮想通貨・ブロックチェーンメタバースNFTなどを取り入れる計画であることが「ARAB NEWS」の報道で明らかになりました。

「ARAB NEWS」の報道によると、エミレーツ航空は以下のような複数の取り組みを計画しているとのことで、NFT・メタバース関連の取り組みを進めるために新しいスタッフを雇用することも予定されていると報告されています。

  • 決済手段としてのビットコイン(BTC)受け入れ
  • 公式サイトでのNFTコレクション販売
  • 航空機の記録を追跡するためのブロックチェーン活用

また、メタバース関連の取り組みについては『メタバースによって運用・トレーニング・ウェブサイトでの販売・エクスペリエンスなど、プロセス全体をメタバース型のアプリケーションに移行できるようになる。より重要なのはそれらがインタラクティブになることだ』と説明されています。

エミレーツ航空は2022年4月25日に「メタバース体験・NFTプロジェクトの発足」を発表しており、「メタバースにおける特徴的なブランド体験の構築計画」と「収集型・機能型NFTの発行」を発表した上で『初期プロジェクトはすでに進行中で数ヶ月以内に提供開始を予定している』と報告しています。

>>「ARAB NEWS」の報道はこちら
>>「エミレーツ航空」の発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

友人紹介で報酬がもらえる仮想通貨取引所まとめ|付与条件・金額なども

友人紹介で報酬がもらえる仮想通貨取引所まとめ|付与条件・金額なども

仮想通貨取引所「Binance US」公開迫る|今後数週間以内の立ち上げを発表

仮想通貨取引所「Binance US」公開迫る|今後数週間以内の立ち上げを発表

国税庁「暗号資産の税金・確定申告に関するFAQ」の内容を更新|質問や回答を記載

国税庁「暗号資産の税金・確定申告に関するFAQ」の内容を更新|質問や回答を記載

デリバティブ取引について解説

デリバティブ取引について解説

新たなM2Eアプリと話題「Aglet(アグレット)」とは?基本情報・特徴などを解説

新たなM2Eアプリと話題「Aglet(アグレット)」とは?基本情報・特徴などを解説

Shibarium基盤のミームコイン「DAMN」中央集権型取引所への上場が決定

Shibarium基盤のミームコイン「DAMN」中央集権型取引所への上場が決定

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説