英大手銀行「2024年末のビットコイン価格予想」を上方修正|BTCマイナーの売りが関係?

by BITTIMES   

2023年末に5万ドル、2024年末に12万ドル

英大手銀行のスタンダードチャータード銀行が、2023年7月10日の調査報告書で「ビットコイン価格は2023年末までに5万ドル(約700万円)に達し、2024年末には12万ドル(約1,685万円)まで上昇する可能性がある」との予想を示したことが複数メディアの報道で明らかになりました。

スタンダードチャータード銀行は4月のビットコイン価格予想で「2024年末までに10万ドル」という予想を示していたものの、現在は"この予想は保守的すぎた"と考えているとのことで、最新の予想では12万ドルまで予想価格が引き上げられていると報じられています。

価格上昇の要因は「BTCマイナーの利益増加」

価格上昇を予想する理由としては「金融の不安定化」や「BTCマイナーの利益増加」などが挙げられており、「BTC価格上昇でマイナーの利益が増加すると、マイナーが新たに採掘したBTCを売却する数量が少なくなり、BTCの供給量が減少して結果的に価格上昇につながる」との見解が示されています。

報告によると、2023年第1四半期には、世界中のBTCマイニングの20%を占める大手上場マイナー12社が"採掘したBTCの106%"を売却したとのことですが、この売却割合は第2四半期に100%を下回り、供給量が減少し、価格上昇につながったとされています。

スタンダードチャータード銀行は新たに採掘されたビットコインの売却割合が約20〜30%に減少すると予想した上で「ビットコイン価格は2023年末までに約5万ドルまで上昇する」との予想を示しているとのことです。

BTCマイナーの資金源は主に3つ?

また、同銀行がBTCマイナーと直接話した結果「BTCマイナーは"BTC売却・株式売却・借入"という3つの資金源を有している」ということが明らかになったとも報じられています。

資金源は3つあるものの、現状としては株価が低いため株を売却する可能性は低く、金利が高いため借入も不利な状況で、結果的に現在のサイクルで現金を調達する最も現実的な選択肢は「ビットコインの売却」になっているとのことです。

したがって、今後はBTCマイナーによるビットコイン売却が行われる可能性があるものの、BTC価格が上昇すれば売りも大幅に減少すると予想されるため、BTC価格上昇でマイナーの売却が減少すればBTC価格は10万ドルを超えて上昇する可能性があると予想されています。

ここ最近で語られるビットコイン価格予想は基本的に「過去最高値更新に向けて上昇する」という内容となっているものの、「過去最高値更新の時期」や「予想される到達価格」については意見が分かれており、「2023年内に過去最高値を更新する」という予想や「2024年の半減期で15倍になる」という予想もでています。

>>価格予想関連の最新記事はこちら

ロイター報道

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインを獲得できるLNゲーム「CoinClimber」リリース:Qpic × Nayuta

ビットコインを獲得できるLNゲーム「CoinClimber」リリース:Qpic × Nayuta

チリーズ(Chiliz/CHZ)「Coinbase Custody」とカストディ契約を締結

チリーズ(Chiliz/CHZ)「Coinbase Custody」とカストディ契約を締結

Coinbase Commerce「ドージコイン(DOGE)」をサポート|合計7銘柄に対応

Coinbase Commerce「ドージコイン(DOGE)」をサポート|合計7銘柄に対応

仮想通貨決済のSlash「Mantle Network」と提携|SVLエコシステムの移行も発表

仮想通貨決済のSlash「Mantle Network」と提携|SVLエコシステムの移行も発表

Trust Wallet「ETHプールステーキング」提供開始|最低0.025 ETHから利用可能

Trust Wallet「ETHプールステーキング」提供開始|最低0.025 ETHから利用可能

注目度の高い仮想通貨ニュース

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す