ビットコイン「2023年内の過去最高値更新」予想|半減期サイクルは関係ない?

by BITTIMES   

CrediBULL Crypto氏のBTC価格予想

Twitterで34万人以上のフォロワーを持つ著名アナリストのCrediBULL Crypto(@CredibleCrypto)氏は2023年7月2日に、自身が考えるビットコイン(BTC)の今後の値動きについて詳しく説明する長文ツイートを投稿しました。

CrediBULL Crypto氏はYouTube動画での解説なども行なっている著名な仮想通貨アナリストであり、今年4月には「長期的な停滞期間が終了して、ビットコインの大規模な強気相場が始まった」との見方を示していました。

同氏は今回のツイートで『2018年から始まったBTCのサイクルはまだ終わっていない』との考えを示しており、2023年にはビットコイン価格が過去最高値(ATH)を更新する可能性があるとの予想を語っています。

以下のチャートは今後6ヶ月間、そして2024年から2025年にかけて、多くの人が完全に不意を突かれるだろうと私が考える全ての理由を完璧に示しています。

2023年のビットコイン過去最高値更新を信じているかどうかに関わらず、これは検討する価値のあるアイデアです。

深く掘り下げていきましょう...

BTCサイクルは半減期ベースではない?

仮想通貨業界では、約4年周期で訪れるビットコインの「半減期」が価格予想などの判断材料として重要視されていますが、CrediBULL Crypto氏はそのような半減期に関する一般的な考え方の問題点を指摘しています。

半減期に基づく一般的な考え方は「BTCの価格サイクルは約4年周期の半減期ベースである」というものですが、CrediBULL Crypto氏は「時間の経過とともにサイクルの長さが伸び、ROI(投資利益率)が低下する」という考え方を提唱しています。

この考え方は元々2019年に提示され、2020年に改良されたものであり、2020年4月に同氏が投稿したツイートでもこの考え方が示されています。

スレッド投稿:対数成長曲線で予想されるように、ピークからピークまでの経過時間は増加し、底からピークまでのROIは減少すると予想されます。BTCの安値が31,000ドルであると仮定すると、それが意味するものは以下のようになります。

同氏は過去のBTCチャートから見ても「底値から最高値に達するまでの時間は徐々に長くなり、ROIは低下する」ということが明確に示されていると説明しており、"初期参入者の方が高い利益率を得られる"という傾向から見てもこれは自然なことだと説明しています。

2021年の10万ドル予想が外れた理由

ビットコイン価格は多くの著名人が「1BTC=10万ドル越え」を予想していた中で2021年11月頃から大幅下落し、最終的には10万ドルに達することなく2022年11月に15,000ドルまで下落していましたが、今回のツイートではこの暴落についての見解も示されています。

CrediBULL Crypto氏は『BTCが過去最高値を更新して60,000ドル付近まで上昇した際には、ほとんどの人が"2021年12月にブローオフトップ(*1)を迎え、次の1〜2ヶ月で10万ドル以上に達する"と予測していた』と述べており、そのような予想の背景に"半減期だから"という考え方があったことを説明しています。

(*1)ブローオフトップ:取引量が急増し、価格が上昇した後に急落する現象のこと。

同氏はそのような10万ドル越え予想が外れた理由について「前回のブローオフトップは2017年12月に発生したため、半減期サイクル理論に基づくと次のブローオフトップは4年後の2021年12月になる」という考え方に基づいていたためだと指摘しています。

2017年1月〜2023年7月 BTC/USDの週足チャート(画像:TradingView)2017年1月〜2023年7月 BTC/USDの週足チャート(画像:TradingView)

CrediBULL Crypto氏はそのような予想に賛成していなかった少数派の1人であったとのことで、「時間の経過とともにサイクルの長さは伸びる」という考えから『次のブローオフトップは2023年以降に起きる』と信じていたと説明されています。

なお、同氏は人々が10万ドル予想を語っている中で「少なくとも3万ドル〜4万ドルまでの調整が入る」と予想するYouTube動画を公開していたとも報告されています。

2018年から続くサイクル「最後の第5波」が到来?

ビットコイン価格が15,000ドルまで下落したことによって、仮想通貨業界では「前回のサイクルは69,000ドルの高値で終了した」「2024年の半減期までは過去最高値を更新しない」といった予想が多く出ていますが、CrediBULL Crypto氏はそのような考えは思い込みであると述べています。

同氏は「人々は半減期に固執しすぎて、BTCの成長/進化を4年間隔の半減期サイクル以外の視点で見ることを避けている」と指摘しており、『2018年に始まった現在のサイクルはまだ終了しておらず、15,000ドルの安値から始まった最終的な"第5波"の上昇が残っている』との考えを示しています。

なお、69,000ドルを超える新たな高値への上昇は「5年続いたサイクルの終わり」を告げるものになるとのことで、これが実現すれば同氏が以前提唱していたサイクルの長さと一致することになるとも説明されています。

CrediBULL Crypto氏は「半減期はスケジュール通りに行われる折り込み済みのイベントである」と説明しており、以下のチャートを提示して「これは半減期と関連しない形で作成されているため、"サイクルの長さ"という考え方を理解しやすくなっている」と語っています。

過去最高値更新後の大幅下落を予想

CrediBULL Crypto氏は今回の投稿で2023年6月23日のツイートを引用し『ビットコインは今年中に過去最高値を更新する可能性があり、それは10月になる可能性がある』との見解を示しています。

なお、具体的な価格については触れられていないものの、コメント欄に投稿された「大まかな目標価格をつけるとすれば12万ドル〜15万ドル(約1,730万円〜2,165万円)程度か?」という質問には"妥当な範囲"と回答されています。

また、別のコメントに対しては『2023年の過去最高値に続いて、過去最大の弱気相場が始まる』とも回答されており、2025年までには弱気相場の深みに入るとの予想も示されています。

下落予想については詳しく説明されていないものの、同氏は『次のブローオフトップに続いて、ドットコムバブル規模の暴落/崩壊が起きると予想している』とも語っています。

「仮想通貨市場でドットコムバブル規模の大暴落が起きる」という予想は数年前から語られており、先日は仮想通貨アナリストのMichaël van de Poppe氏もそのような考えを語っています。

>>価格予想関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」Polygonの技術を採用

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」Polygonの技術を採用

bitFlyer:プロ向け取引ツールに「ETH/JPY」通貨ペア追加

bitFlyer:プロ向け取引ツールに「ETH/JPY」通貨ペア追加

ディープコイン(DEP)インド・台湾など「3つの暗号資産取引所」に今月上場

ディープコイン(DEP)インド・台湾など「3つの暗号資産取引所」に今月上場

ITI・Kiii:日本国内のWeb3ビジネス普及促進に向け「Slash Fintech Limited」と業務提携

ITI・Kiii:日本国内のWeb3ビジネス普及促進に向け「Slash Fintech Limited」と業務提携

日銀・黒田総裁の「暗号資産」に対する見解はいかに?|藤巻議員の質疑に応答

日銀・黒田総裁の「暗号資産」に対する見解はいかに?|藤巻議員の質疑に応答

eスポーツトーナメントで独自仮想通貨「AFAVC」発行へ:アルゼンチンサッカー協会

eスポーツトーナメントで独自仮想通貨「AFAVC」発行へ:アルゼンチンサッカー協会

注目度の高い仮想通貨ニュース

BlackRock「政府系ファンド・年金基金のビットコインETF参入」を予想=報道

BlackRock「政府系ファンド・年金基金のビットコインETF参入」を予想=報道

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す