2023年のプレセール銘柄|チャンサー・ハイパープロAIの紹介

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

現在の仮想通貨市場は、強気な数週間を経てやや弱気な局面を迎えているが、仮想通貨投資で利益を得ようとするトレーダーの長期的な見通しは上向きだ。

チャンサー(Chancer)や、ハイパープロAI(HyperproAI)が提供するようなプレセールは、初期投資家にとってまたとない機会となっている。

トークンプレセールとは、トークンが取引所に上場される前に破格で購入できる機会だ。トークンの価値が公式ローンチ後に上昇した場合、この早期参入者には大きなリターンがもたらされる可能性がある。さらに通常プレセールは、ボーナストークンやプラットフォーム機能への限定アクセスなど、スペシャルな特典が付くことが多い。

今回紹介する2つのトークンは共に有望な銘柄として期待されている。この記事ではそれぞれの価格予測などを掘り下げていく。

チャンサー:ベッティング界の新星

チャンサーは、ベッティング市場の革命児であり、ブロックチェーン技術の変革力を証明するものである。賭け事を愛するすべてのユーザーに、新しいレベルのアクセシビリティと透明性をもたらす。

チャンサーは、分散型のベッティングプラットフォームで、ユーザーはピアツーピアのベッティングマーケットを作成し、カスタマイズすることができる。従来のプラットフォームは通常、中央集権的で運営者の気まぐれに左右されることが多く、長い間この分野を支配してきた。

チャンサーが誕生するまでは。

ユーザーは独自のベッティングマーケットを作り、オッズを設定し、独自の条件でベッティング活動を行うことができる。チャンサーはこのような仕組みを通じて、賭博・ギャンブル業界を根本から覆す。

チャンサートークン(CHANCER)は、プラットフォームの血となり肉となる。プラットフォーム上のすべての取引とベットは「CHANCER」を使用して促進されるため、このトークンは提供されるサービスの不可欠な一部となっている。トークンは、プラットフォームに関与し、ユニークな機能を活用することを可能にするツールだ。

ハイパープロAI:AI技術とブロックチェーンの新たな夜明け

ハイパープロAIは、人工知能(AI)とブロックチェーン技術を融合させた革新的なプラットフォームだ。ハイパープロAIは、AI技術に関する現実的なビジョンを提供し、投資家に報酬を与え、業界の成長を利用する一連の専門的アプリケーションを作成することを目指している。

プラットフォームは、大手金融サービス企業やその他のグローバル企業で使用されている機関向けの暗号ツールへのアクセスを顧客に提供する。

ハイパープロAIは、実世界のAIアルゴリズムと統合モデルを迅速に開発するための踏み台となるよう考案されている。このツールは、しばしば特定のタスクのために1つの企業によって作成され、2つのツールを接続する簡単な方法がない断片的なAIツールの問題に対処する。

ハイパープロAIは、AIと機械学習ツールを接続し、さまざまな市場で成功を収めるアプリケーションを作成するための標準プロトコルとしての地位を確立しようとしている。

不動産取引・データ分析・ステーキングなど、あらゆる場面でシームレスな移行を実現することで、世界の主要取引に大きな影響を与えることを目指している。加えて、不動産投資と所有の未来に根本的な変化をもたらすよう設計されており、投資家が残余収入を得るための不動産ポートフォリオを構築することをも可能にする。

チャンサーとハイパープロAI:アナリストによる比較

チャンサーとハイパープロAIは、方法は異なれど業務にAI技術を活用している。チャンサーは、AI技術を使用してベッティングマーケットに促進し、公正で透明性のある結果を保証している。このようなAI技術の利用方法により、プラットフォームに信頼と信用が加わり、ベッターにとって魅力的な選択肢となる。

一方でハイパープロAIは、AI技術を利用してプラットフォーム自体を駆動しており、投資家に対して独自のセールスポイントを提供している。AI技術を使用することで、革新的なソリューションと機能の提供が可能であり、他の仮想通貨とは一線を画している。

しかし、AIには多くの利点がある一方で、仮想通貨技術においてはまだ比較的新しい技術であることに注意する必要がある。そのため投資家は、各プラットフォームがAIをどのように利用しているのか、また投資における潜在的なリスクとリターンを理解することが重要になる。

チャンサーの価格予測

CHANCERトークンは、現在プレセールの段階にあり、ハイリターンを伴う低リスクの投資機会を提供している。

トークンあたりの価格はわずか0.01000ドルで、最終段階では0.02100ドルに設定される。投資家は有望な新規ベンチャーへの投資に初期段階から参加するチャンスを得ることができるのだ。

市場アナリストは「チャンサーはホットな仮想通貨投資であり、年末までに1.00ドルに達する可能性がある」と予測している。これは、プレセールの最終段階で参加した投資家でも、48倍の利回りを期待できるということを意味する。

結論:チャンサー・ハイパープロAI

チャンサーとハイパープロAIは、共に独自のセールスポイントを提供し、業務にAIを活用している。チャンサーのユニークなベッティングプラットフォームと有望なプレセールは、仮想通貨投資の機会として特に魅力を放っている。

オンラインベッティング業界は2022年に630億ドル以上の規模に達し、急速に成長しているため、チャンサーは非常に有利なビジネスから利益を得る絶好のポジションにいると見られている。

ハイパープロAIは、AI開発者が急速に集まっている市場で事業を展開している。より著名なプレーヤーに淘汰されないほどの地位を確立することができれば、その見返りは莫大なものになるだろう。

チャンサーとハイパープロAIは、エキサイティングな機会を提供しているが、チャンサーのプレセールとユニークなプラットフォームは、投資家にとって傑出した選択肢となっている。

加えてチャンサーはプレセール期間中、早期投資家に10万ドル相当のトークンをプレゼントするチャンスなど、さまざまな特別なプレゼントを予定している。

現在チャンサーは、プレセールの第1ステージを展開しており、$0.01でトークンの購入が可能だ。チャンサーの詳細は以下のリンク先ページから確認することができる。

CHANCERの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

UAE政府とヴェノム財団「国家カーボンクレジット制度」の立ち上げに合意

UAE政府とヴェノム財団「国家カーボンクレジット制度」の立ち上げに合意

ミームネーターの調達額が700万ドルを突破、プレセールが最終段階に近づく

ミームネーターの調達額が700万ドルを突破、プレセールが最終段階に近づく

Bitget「Revoland」のローンチパッド上場を発表|Huawei Cloud初のブロックチェーンゲームを実現

Bitget「Revoland」のローンチパッド上場を発表|Huawei Cloud初のブロックチェーンゲームを実現

ソラナ価格の下落によりボンクの価格が急降下する中、ミームネーターはプレセールで最高値を更新

ソラナ価格の下落によりボンクの価格が急降下する中、ミームネーターはプレセールで最高値を更新

プレセールで数百万ドルを調達した今注目の仮想通貨はこの2つ!

プレセールで数百万ドルを調達した今注目の仮想通貨はこの2つ!

2024年のBitcoin半減期前に注目したい5つのスモールキャップな仮想通貨

2024年のBitcoin半減期前に注目したい5つのスモールキャップな仮想通貨

注目度の高い仮想通貨ニュース

米検察:BINANCE創業者CZ氏に「懲役3年」を求刑

米検察:BINANCE創業者CZ氏に「懲役3年」を求刑

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

ビットポイント:ワンチャンつかめ「柴犬コイン(SHIB)購入キャンペーン」開始

ビットポイント:ワンチャンつかめ「柴犬コイン(SHIB)購入キャンペーン」開始

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

K9 Finance DAO「4億1,000万KNINEトークンのバーン提案」で投票実施

K9 Finance DAO「4億1,000万KNINEトークンのバーン提案」で投票実施

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す