本田圭佑×ブロックチェーン=「本田通貨」|有言実行男、引退後のビジョン

by BITTIMES   

サッカー選手として有名な本田圭佑氏が、今回の「ロシアW杯」で引退を発表し、独自の仮想通貨を発行する可能性があるというニュースが話題になっています。以前からたびたび注目されていた彼の野心と『本田通貨』について紹介します。

ワールドカップ終了で引退?

サッカー業界ではつい最近『ロシアW杯』が開催されたばかりですが、そんな中で今大会の終了とともに本田選手が引退を電撃発表する可能性があるということが報じられています。

すでに自身の集大成となる舞台を終えたあとのビジョンまで描いているという本田選手は以前から投資や企業に関するコメントを残してきました。

asagei.comの報道では、本田選手に近いサッカー関係者が次のように明かしたと報じられています。

「『サッカー選手の次は“世界を変えるビジネス”に取り掛かる』と豪語していますよ。その土台作りとして本田が最も関心を示しているのが『オンラインサロン』なんですよ。ネームバリューのある本田が『ワールドクラスの人材の募集』を打ち出してオンラインサロンを立ち上げる。結果、各界で活躍する有能なビジネスパーソンを入会させて、自分を頂点とする“疑似企業”を作るのが狙いです。本田が興味を持ち始めたのは、今年春先に突如のことでしたが、すでに8月のオープンに向けて側近スタッフにシステム構築を急がせています」

本田圭佑がCEOを務めるC2Cサービス事業

また5月の時点でも本田選手は自身のツイッターで、『本田圭佑が自身初のCEOを務めるスポーツC2Cサービス事業「Now Do」にて、優秀なプロダクトマネージャーを募集開始した』という記事をシェアしています。

この募集にはすでに多くの応募が寄せられており、現在は一旦締め切りとなっていますが、以前から本田選手がブロックチェーンスマートコントラクト、C2Cなどの可能性に魅力を感じてことは明らかです。

このようなこれまでのコメントもあり本田選手に注目が集まっていた中、先日のasagei.comの報道で『本田通貨』という仮想通貨の発行に関する全貌が、"6月12日発売のアサヒ芸能6月21日号にて詳細にレポートされている"と報じられました。

早い段階から話題になっていた『本田通貨』ですが、その詳細は明らかにされていなかったため、今年の初め頃では、本田選手と関係の深いカンボジア政府の後押しを受けて大幅な値上がりを見せるかもしれないものの、本田選手が実際にこの仮想通貨に関係するかも未定であるといった曖昧な情報だけが報じられていました。

しかし最近の本人のツイートやその他の報道から推測すると、この噂が現実になる可能性も高まってきているように感じます。

仮想通貨とサッカー業界

messi

サッカー選手と仮想通貨といえば、SIRIN LABSのアンバサダーを務めているリオネル・メッシ氏が最も有名でしょう。

メッシ氏が出演するCMは『FINNEY™phone』が発売される9月以降の上旬に公開される予定であることが明かされています。

W杯が終わった後のサッカー業界は仮想通貨でも盛り上がりを見せることになるのかもしれません。

『本田通貨』が発行されるかどうかについては依然として謎も多いですが、『1ケイスケ・ホンダ』の価格を予想しつつ、今回のW杯を観戦してみるのも良いのではないでしょうか?その他のサッカー選手が関わっている仮想通貨やブロックチェーンプロジェクトは以下の記事でまとめて紹介しています。

ビットコインなどの仮想通貨はbitbank(ビットバンク)、日本では購入できないSIRIN LABS Tokenなどの通貨はHuobi.pro(フォビ)での購入がおすすめです。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録はこちら

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン動画配信サービス「TaTaTu」映画制作会社3社とライセンス契約

ブロックチェーン動画配信サービス「TaTaTu」映画制作会社3社とライセンス契約

楽天ウォレット:仮想通貨の「現物取引サービス」を開始|主要銘柄3種類に対応

楽天ウォレット:仮想通貨の「現物取引サービス」を開始|主要銘柄3種類に対応

楽天ペイ:ハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」109店舗で利用可能に

楽天ペイ:ハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」109店舗で利用可能に

ブロックチェーンで「保護者のいない子供達」の情報管理:米国保健社会福祉省

ブロックチェーンで「保護者のいない子供達」の情報管理:米国保健社会福祉省

IOTA財団:自立分散型マーケットプレイス「Industry Marketplace」を立ち上げ

IOTA財団:自立分散型マーケットプレイス「Industry Marketplace」を立ち上げ

米ステーキハウス「ブロックチェーン導入計画」を発表|QRコードで牛肉の情報確認が可能に

米ステーキハウス「ブロックチェーン導入計画」を発表|QRコードで牛肉の情報確認が可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

Ripple投資部門:分散型金融(DeFi)構築に向け「Logos Network」を買収

Ripple投資部門:分散型金融(DeFi)構築に向け「Logos Network」を買収

金融大手Fidelity:仮想通貨カストディ「本格的に運用開始」他にはない利点を強調

金融大手Fidelity:仮想通貨カストディ「本格的に運用開始」他にはない利点を強調

Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

EOS開発企業「Block.one」罰金2,400万ドル支払いで米SECと和解

EOS開発企業「Block.one」罰金2,400万ドル支払いで米SECと和解

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

金融庁「仮想通貨関連の投資信託」に慎重姿勢|懸念を示す改正案を公表

金融庁「仮想通貨関連の投資信託」に慎重姿勢|懸念を示す改正案を公表

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

IKEA:ブロックチェーン用いた電子マネーによる「世界初の商取引」に成功

IKEA:ブロックチェーン用いた電子マネーによる「世界初の商取引」に成功

ビットコイン「新たな強気相場」突入か|著名アナリストPlanB氏が予想

ビットコイン「新たな強気相場」突入か|著名アナリストPlanB氏が予想

Facebook主導ではない、もう1つのリブラ「Open Libra」登場

Facebook主導ではない、もう1つのリブラ「Open Libra」登場

中国向け仮想通貨取引サービスで「Alipay・WeChat Pay」をサポート:BINANCE

中国向け仮想通貨取引サービスで「Alipay・WeChat Pay」をサポート:BINANCE

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す