Shiba Inuのサメ・イルカが「1兆枚以上のSHIB」を蓄積|Shibarium公開に期待高まる

by BITTIMES

8週間弱で900万ドル相当のSHIBを蓄積

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)のレイヤー2スケーリングソリューション「Shibarium」の正式リリースに期待が高まる中で、仮想通貨SHIBの大量保有者が保有量をさらに増やしていることが明らかになりました。

仮想通貨業界では、大量の仮想通貨を保有しているウォレットが「クジラ」と呼ばれていますが、クジラほど保有量が多くない大口保有者達は「イルカ」や「サメ」と呼ばれています。

SHIBコミュニティでは約2ヶ月間で仮想通貨SHIBを買い集める動きが活発化してきてるとのことで、仮想通貨分析企業「Santiment」は『1,000万〜1,000億枚のSHIBを保有するサメとイルカが、8週間弱で900万ドル相当のSHIBを蓄積した』と報告しています。

900万ドルは記事執筆時点で約12.7億円に相当する金額であり、Santimentはこの買い集めについて『これは時価総額ランキング14位に位置する仮想通貨としてはかなりの金額である』と説明しています。

😺シバイヌは特に退屈だった週の最後の時間帯に予想外の勝利を収めました。1,000万〜1,000億枚のSHIBトークンを保有するサメとイルカのウォレットは、8週間弱で〜900万ドル相当のSHIBを蓄積しました。

これは14位にランク付けされた暗号資産としてはかなりの金額です。

SHIB買い増加の背景は?

SHIBの大量買いは、Shiba Inuのレイヤー2スケーリングソリューション「Shibarium」の正式リリースに対する期待感によるものだと見られています。

Shibarium(シバリウム)は、取引速度・コスト・拡張性・開発などといった様々な面にメリットをもたらすレイヤー2技術であり、メタバース分散型取引所ゲームなどといった大規模なShiba Inuエコシステムを構築するための基盤になると期待されています。

シバリウムは「2023年8月にリリースされる可能性が高い」と言われているため、この正式リリースに対する期待感からSHIB買いが増加している可能性があります。

また、最近では「Shibarium専用のYouTubeチャンネルが公開されたこと」や「Shibarium Bridgeのベータ版が公開されたこと」も報告されているため、このような複数のニュースからも今後の展開に注目が集まっています。

【最近のSHIB関連ニュース】
Shibarium、8月リリースの可能性
Shibarium専用YouTubeチャンネル公開
Shibarium Bridge、ベータ版公開

Shiba Inuでは「SHIB:The Metaverse」と呼ばれるハイクオリティなメタバースも構築されていますが、最近ではこのメタバースのティザー動画なども公開されているため、そのようなSHIB関連サービスの最新情報にも注目です。

>>シバイヌ関連の最新記事はこちら

SHIBを売買できる暗号資産取引所SBI VCトレードはこちらSHIBを売買できる暗号資産取引所SBI VCトレードはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン業界における「教育・ロビー活動」の重要性を主張:NY州議員

ブロックチェーン業界における「教育・ロビー活動」の重要性を主張:NY州議員

Chiliz Exchange:コリンチャンスの「$SCCPファントークン」9月9日に取引開始

Chiliz Exchange:コリンチャンスの「$SCCPファントークン」9月9日に取引開始

Oasys(OAS)SBI VCトレードと提携|日本国内での普及に向けて協力

Oasys(OAS)SBI VCトレードと提携|日本国内での普及に向けて協力

シバイヌ(SHIB)「Shibariumの再稼働」を正式発表|怪しいトークンに関する注意喚起も

シバイヌ(SHIB)「Shibariumの再稼働」を正式発表|怪しいトークンに関する注意喚起も

【速報】GMOコイン:暗号資産「オーエムジー(OMG)」の取り扱い開始|日本国内初

【速報】GMOコイン:暗号資産「オーエムジー(OMG)」の取り扱い開始|日本国内初

【日本初】実在する公園に命名できる「命名権NFT」販売へ:山形県西川町×HEXA

【日本初】実在する公園に命名できる「命名権NFT」販売へ:山形県西川町×HEXA

注目度の高い仮想通貨ニュース

メタマスクでビットコインを管理できる拡張機能「Zion」登場

メタマスクでビットコインを管理できる拡張機能「Zion」登場

メキシコの億万長者、ポートフォリオに「ビットコイン」や「Microstrategy株」

メキシコの億万長者、ポートフォリオに「ビットコイン」や「Microstrategy株」

Shibarium:エクスプローラーで「ブロック生成再開」を確認|BONE反映の報告も

Shibarium:エクスプローラーで「ブロック生成再開」を確認|BONE反映の報告も

CoinGecko「Shibarium」の専用カテゴリー追加|GeckoTerminal・DEXToolsもサポート

CoinGecko「Shibarium」の専用カテゴリー追加|GeckoTerminal・DEXToolsもサポート

Sony子会社:ブロックチェーン開発に向け「スターテイル・ラボ」と合弁会社設立へ

Sony子会社:ブロックチェーン開発に向け「スターテイル・ラボ」と合弁会社設立へ

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Shibarium:接続ウォレット数が「40万」を突破|日々2倍以上のペースで増加中

Shibarium:接続ウォレット数が「40万」を突破|日々2倍以上のペースで増加中

三菱UFJ信託銀行 × Ginco「暗号資産信託」提供に向けて協業

三菱UFJ信託銀行 × Ginco「暗号資産信託」提供に向けて協業

eコマース大手Shopify「Solana Pay」に対応|USDC決済の受け入れが可能に

eコマース大手Shopify「Solana Pay」に対応|USDC決済の受け入れが可能に

仮想通貨で成功している億万長者は何人?暗号資産と富裕層に関するレポート公開

仮想通貨で成功している億万長者は何人?暗号資産と富裕層に関するレポート公開

ターミネーターにインスパイアされた「ミームネイター」ミームコイン市場の支配を目標に掲げる

ターミネーターにインスパイアされた「ミームネイター」ミームコイン市場の支配を目標に掲げる

「ビットコイン現物ETFの承認は避けられない」元SEC委員長がコメント

「ビットコイン現物ETFの承認は避けられない」元SEC委員長がコメント

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所などNEW

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

マーブレックス(MARBLEX/MBX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

マーブレックス(MARBLEX/MBX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ワールドコイン(WLD)とは?分散型IDで仮想通貨を配布する話題のプロジェクト

ワールドコイン(WLD)とは?分散型IDで仮想通貨を配布する話題のプロジェクト

人気のタグから探す