11年間休眠状態のビットコインクジラ「約43億円相当のBTC」を送金

by BITTIMES   

11年ぶりに約3,100万ドル相当のBTCを移動

ビットコイン(BTC)を大量保有する"クジラ"と呼ばれるウォレットアドレスの1つが、約11年ぶりに約3,100万ドル(約43.8億円)相当のビットコインを外部送金したことが明らかになりました。

このウォレットアドレスは2012年4月11日に約1,037 BTCを受け取って以降、少額のBTCを受け取り続けており、外部送金は一度も行われていませんでしたが、2023年7月22日には1037.42 BTCが外部送金されたことが確認されています。

(画像:blockchain.com)(画像:blockchain.com

今回送金されたビットコインは「bc1qtl」から始まるウォレットアドレスに送金されましたが、その後23日にはこのウォレットから「 bc1qrw」から始まる別のウォレットへと1033 BTCが送金されています。

1,037 BTCは記事執筆時点で約43.8億円に相当しますが、このクジラが最初に1,037 BTCを受け取った2012年4月11日のBTC価格は約700円程度であったため、当時の価値は72万円程度しかなかったことになります。

ビットコイン長期保有者の活動が活発化?

このビットコインがどのような目的で外部送金されたのかについては明らかにされていないものの、大量のビットコインが市場で売却された場合にはビットコイン価格下落に繋がる可能性もあるため、仮想通貨業界では今回の動きに注目が集まっています。

ただし、最近では「原因不明の暗号資産流出事件」が多発しており、秘密鍵のような重要情報が何らかの原因で漏洩している可能性も指摘されているため、資産保護の観点から新しいウォレットへとBTCが移動された可能性もあると考えられます。

今のところビットコイン価格に大きな価格変動は見られていませんが、最近では10年間動いていなかったビットコインの移動が多数報告されているため、そのようなクジラの動きには関心が高まっています。

なお、今年4月には「約10年間に渡ってビットコインを大量保有し続けていたクジラが、数日間で約90億円相当のBTCを別ウォレットに移動させたこと」も報告されています。

長期間移動されていないBTCは「既にアクセス不可能になった"失われたBTC"」として捉えられることもありますが、今後も10年以上動きがなかったBTCに新たな動きが見られる可能性はあるため、そのような動きにも注目です。

>>クジラ関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

東京地裁:コインチェックNEM流出事件で「暗号資産XEMの返還」を命令

東京地裁:コインチェックNEM流出事件で「暗号資産XEMの返還」を命令

駐車違反金の滞納で暗号資産「40万円相当」差し押さえ:岐阜県警

駐車違反金の滞納で暗号資産「40万円相当」差し押さえ:岐阜県警

Chiliz&Socios:サッカーポルトガル代表チームの「$PORファントークン」発行へ

Chiliz&Socios:サッカーポルトガル代表チームの「$PORファントークン」発行へ

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

BINANCE「スポット取引(現物取引)の使い方」を解説|スマホアプリ・パソコンでの操作方法

BINANCE「スポット取引(現物取引)の使い方」を解説|スマホアプリ・パソコンでの操作方法

GMO:NFTマーケットプレイス運営する新会社「GMOアダム」設立|8月に事業開始予定

GMO:NFTマーケットプレイス運営する新会社「GMOアダム」設立|8月に事業開始予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

カルダノ大型イベント「Cardano Summit 2024」チケット販売開始|数量限定の早期割引も

カルダノ大型イベント「Cardano Summit 2024」チケット販売開始|数量限定の早期割引も

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す