賞金は仮想通貨!中国で話題のモバイルゲーム・トーナメント

by BITTIMES   

中国の福建省のeGamingトーナメントグループは、世界的に人気のモバイルゲーム『King of Glory(王者荣耀)』の大会の賞金として人民元(CNY)だけでなく仮想通貨を新たに追加しています。

King of Glory(王者荣耀)

中国の福建省のeGamingトーナメントグループは、世界的に人気のモバイルゲームである『King of Glory(王者荣耀)』を利用して、アマチュアチームが州と都市のトーナメントで中心的な役割を果たすことを可能にします。

King of Gloryは現在世界で最もプレイされているゲームの一つであり、毎日5,000万人以上のプレイヤーがアクセスしており、月間のプレイヤー人数は2億人以上のにものぼります。このゲームは世界中で大会が開かれているその他のゲームと比べ、急速にユーザー数を増やしています。

仮想通貨での報酬

福建eGamingは、中国のeSport市場の指数関数的成長に対応するために、中国全土にさらに5つの『eSportsアリーナ』を開設する予定です。

さらにこれらの新たな分野の他にも中国の最初の報酬制度として、人民元(RMB/CNY)と仮想通貨の両方を採用しています。

(左)福建eGamingトーナメントグループの福州アリーナ-(右)アマチュアチームは、Fujian eGamingの江蘇アリーナ(左)福建eGamingトーナメントグループの福州アリーナ-(右)Fujian eGamingの江蘇アリーナ(goldvoice.clubから)

福建eGamingの広報担当者であるチェン氏は、次のように述べています。

「プレイヤーと視聴者の大半は30歳未満です。彼らはゲームと仮想通貨に非常に興味があり、その多くの人々は人民元の代わりに仮想通貨を持つことを好みます。このようなことから、私たちがトーナメントの勝者の報酬として仮想通貨を追加するのは当然のことであり、これが中国市場で独自に確立するのに役立つだろうと考えています。」

ここ最近では、仮想通貨を使ったゲームも続々と増えてきています。チェン氏の述べているように、ゲームのプレイヤーの多くは仮想通貨にも興味を持っており、課金制のゲームだけでなく、実際に仮想通貨を通じてキャラクターなどの売買ができるゲームの需要も高まってきています。

ゲームを使って競い合う『e-sports』も世界的に注目を集めてきているため、今後もこのようなゲームの祭典に仮想通貨が導入されることが増えてくると考えられます。

e-sportsとは

『e-sports』は、エレクトロニック・スポーツの略であり、電子機器を使用して行う娯楽や競技、スポーツ全般を指す言葉です。コンピューターゲームやビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際に使用されています。

日本ではまだ聞き慣れていない方も多い言葉ですが、世界的は急速に普及してきており、2022年のアジアカップからはメダル種目として正式に採用されることも決定しています。

簡単に説明すると、ゲームで対戦して優勝者を決定するという競技なのですが、非常に高額な賞金が与えられることでも有名であり、2016年に開催された『Dota2 international 2016』の優勝賞金は10億1,000万円、賞金総額は23憶1,000万円となっていました。

仮想通貨を活用したゲームと共にe-sportsのような祭典にも注目です。

日本でも仮想通貨が稼げる夢のようなゲームとして「BitHunters(ビットハンターズ)」というゲームが以前から話題となっています。

(引用:goldvoice.club

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨は今後5年で主流に「現金を使用するのは犯罪者だけ」著名投資家Tim Draper

仮想通貨は今後5年で主流に「現金を使用するのは犯罪者だけ」著名投資家Tim Draper

仮想通貨法案成立で日本が仮想通貨先進国へ

仮想通貨法案成立で日本が仮想通貨先進国へ

太陽光で仮想通貨マイニング|オーストラリアで年間採掘量「650BTC」の新プロジェクト

太陽光で仮想通貨マイニング|オーストラリアで年間採掘量「650BTC」の新プロジェクト

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月8日〜14日

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月8日〜14日

CARDANO(ADA)の今後に影響大?仮想通貨取引所「IronX」正式オープン【日本語対応】

CARDANO(ADA)の今後に影響大?仮想通貨取引所「IronX」正式オープン【日本語対応】

仮想通貨マイニングマシンの輸入を禁止|ロシアの厳しい対応

仮想通貨マイニングマシンの輸入を禁止|ロシアの厳しい対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

Libraテストネット:プロジェクト数は「30以上」に|プレメインネットも公開

Libraテストネット:プロジェクト数は「30以上」に|プレメインネットも公開

Bakkt:仮想通貨カストディサービス「全ての機関向け」に提供開始

Bakkt:仮想通貨カストディサービス「全ての機関向け」に提供開始

アリババ Pictures:ブロックチェーンで「映画配信権」トークン化へ、Breakerと協力

アリババ Pictures:ブロックチェーンで「映画配信権」トークン化へ、Breakerと協力

物流・支払いの自動化に「ブロックチェーン技術」活用へ:Walmart Canada

物流・支払いの自動化に「ブロックチェーン技術」活用へ:Walmart Canada

盗まれたイーサリアムが「複数ウォレット」に移動|分散型取引所で資金洗浄の可能性も

盗まれたイーサリアムが「複数ウォレット」に移動|分散型取引所で資金洗浄の可能性も

BINANCE:世界に流通する「180種類全ての法定通貨」サポートを計画

BINANCE:世界に流通する「180種類全ての法定通貨」サポートを計画

コカ・コーラ:製品の「サプライチェーン管理」にブロックチェーン技術活用

コカ・コーラ:製品の「サプライチェーン管理」にブロックチェーン技術活用

ブロックチェーンで「サーモン製品の生産情報」を公開:Cermaq×Labeyrie

ブロックチェーンで「サーモン製品の生産情報」を公開:Cermaq×Labeyrie

ブロックチェーンでアート作品を共同所有「STRAYM」正式にサービス開始

ブロックチェーンでアート作品を共同所有「STRAYM」正式にサービス開始

ロールス・ロイス:航空ブロックチェーン企業「ブロックエアロ」に助成金授与

ロールス・ロイス:航空ブロックチェーン企業「ブロックエアロ」に助成金授与

ペンタブレット製品大手「ワコム」アートブロックチェーン活用でスタートバーンと提携

ペンタブレット製品大手「ワコム」アートブロックチェーン活用でスタートバーンと提携

カルダノ財団:詐欺の可能性がある「Cardano Gold」について注意喚起

カルダノ財団:詐欺の可能性がある「Cardano Gold」について注意喚起

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す