コインチェック1億リップル(XRP)補填完了!サービスの全面再開迫る

by BITTIMES   

お詫びと訂正:この記事で「1億リップル(XRP)」と表記していた内容は誤りであり、正しくは「10億リップル(XRP)」です。当メディアをご購読いただいております皆様、並びにコインチェック様にお詫びいたします。誠に申し訳ございませんでした。今後、このような事がありませんよう細心の注意を払ってまいりますので、どうかご容赦いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(追記:2018年6月22日)

Coincheck(コインチェック)のサービス全面再開が近づいているようです。6月14日には、コインチェックのアドレスにおよそ580億円に相当する約10億リップル(XRP)が送金されていることがわかりました。

今週中にもサービス再開か

マネックスグループの松本大社長は4月6日に行われた記者会見の中で、6月中にサービスを全面再開できるよう目指していることを明かしていたため、ここ最近でコインチェックのサービス再開に期待が高まっていましたが、6月14日にはコインチェックのアドレス宛に約10億XRPが送金されていることも明らかになりました。

コインチェックのアドレス宛に送金されたリップル(bithomp.comから)コインチェックのアドレス宛に送金されたリップル(引用:bithomp.com)

現在の日本円価格に換算すると、およそ580億円にも昇るXRPが送金されたことで、コミュニティの間で大きな話題を呼んでいます。一部では『本日18日にも再開されるのでは?』とも言われていますが、早ければ今週中にはサービスが全面的に再開されるだろうという見方が強まっています。

コインチェックは以前からユーザー数が多いことでも知られているため、そのすべてのユーザーがまた新たに取引を開始するとは言えないにしても、これまでよりもはるかに市場が活気付くことが予想されます。

匿名通貨の廃止は本日から

また、コインチェックはZcash(ZEC)DASH(DASH)Monero(XMR)Augur(REP)の取り扱いを本日18日をもって廃止しています。

廃止の理由についてCoincheckは「金融庁からの業務改善命令を厳粛かつ真摯に受け止め、深く反省し、マネーロンダリングの防止とテロ資金供与対策の管理体制の整備と強化のために、これらの仮想通貨を取り扱うことが適切ではないと判断した」と説明しています。

また対象通貨を18日の時点でもコインチェックアカウントで保有していた場合は、市場価格で売却され、日本円に転換されることになっていました。

コインチェックからの匿名通貨廃止の発表はこちら

本日付けでこれらの通貨も売却し、リップル(XRP)を補充も行なっていることなどから考えると、今週中にサービス再開となる可能性も十分考えられます。

リップル(XRP)の底値は?

1億XRPが送金された前後のリップルチャート(coingecko.comから)1億XRPが送金された前後のリップルチャート(引用:coingecko.com)

コインチェックに10億XRPが送金された2018年6月14日の時点では、1XRP=57円で取引されていました。

今年の4月にも51円付近まで下落したのちに反転し、その後は100円を前後まで上昇しています。現在の下落も50円台でとどまっており、コインチェックも今の時期に10億XRPを補填していることなどから考えると、50円以下に下がる可能性は低いとも考えられるため、一部では『今が買い時である』という意見も出ています。

現在リップル(XRP)はわずかに下落しながらも、58円前後で取引されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

ブロックチェーン活用した「不動産運用事業」始動|王族の土地をトークン化:バリ島

ブロックチェーン活用した「不動産運用事業」始動|王族の土地をトークン化:バリ島

リップル(XRP)ドバイ最大手仮想通貨取引所「BitOasis」で取り扱い開始

リップル(XRP)ドバイ最大手仮想通貨取引所「BitOasis」で取り扱い開始

日本仮想通貨交換業協会に「コインチェック」など5社が参加|会員数がさらに拡大

日本仮想通貨交換業協会に「コインチェック」など5社が参加|会員数がさらに拡大

時代は令和へ:暗号資産、今後の「重要ポイント」と期待される「銘柄6選」

時代は令和へ:暗号資産、今後の「重要ポイント」と期待される「銘柄6選」

SBI北尾社長:XRPの需要拡大に向けた「今後の計画」などについて説明

SBI北尾社長:XRPの需要拡大に向けた「今後の計画」などについて説明

注目度の高い仮想通貨ニュース

ドージコインとミームネーター、2024年の注目銘柄は?

ドージコインとミームネーター、2024年の注目銘柄は?

脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

シバイヌ提携のD3「*SHIB Name Token」ローンチ日を発表|ShibArmy限定割引も

シバイヌ提携のD3「*SHIB Name Token」ローンチ日を発表|ShibArmy限定割引も

BTC・ETH・ADAがリード|暗号資産投資商品に「11億ドル」の流入

BTC・ETH・ADAがリード|暗号資産投資商品に「11億ドル」の流入

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

メタマスク「セキュリティアラート機能」提供開始|アプリ&拡張機能で利用可能

メタマスク「セキュリティアラート機能」提供開始|アプリ&拡張機能で利用可能

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

Telegram:仮想通貨TONで「50%の広告収益分配」100カ国で導入へ|TON価格急騰

Telegram:仮想通貨TONで「50%の広告収益分配」100カ国で導入へ|TON価格急騰

柴犬(SHIB)の新NFT「Sheboshis」待望のお披露目|販売分は即完売

柴犬(SHIB)の新NFT「Sheboshis」待望のお披露目|販売分は即完売

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す