BINANCE、イスラム武装組織「ハマス」関連の仮想通貨口座を凍結

by BITTIMES

要請を受けて「ハマス関連の仮想通貨口座」を凍結

暗号資産取引所BINANCEが、イスラエルに攻撃を仕掛けたパレスチナ・ガザ地区を実効支配する武装組織「ハマス」に関連する仮想通貨口座を凍結したことが明らかになりました。

BINANCE(バイナンス)の共同創業者であるYi He氏は2023年10月10日に中国のメッセージアプリ「WeChat」でこのことを報告しており、「今回の措置はハマスを標的としたもので、パレスチナの人々を標的としたものではない」とされています。

なお、今回の口座凍結はイスラエルの法執行機関からの要請を受けて実施されたものであり、「ハマスは国連によってテロ組織に指定されているため、銀行などのを含めた全ての企業や組織は凍結要請に従わなければならない」ということも説明されています。

多くの人々から「口座凍結は事実なのか」と聞かれました。

ハマスは国連によってテロ組織に指定されています。そのため、銀行や取引プラットフォームを含むすべての国際組織は、凍結要請を受けた際に協力する必要があります。これはバイナンスが独自に決定できるものではありません。

私に政治的な立場はありません。どの取引プラットフォームもこの法的要求を拒否することはできません。パレスチナには政府があります。ハマスは現地の武装勢力であり、民間人を虐殺しています。

これが問題です。ハマスとパレスチナは違います。この凍結はハマスを対象としたものであり、パレスチナを対象としたものではありません。

参考までに、ロシアとウクライナの戦争中もロシア人のアカウントは凍結されませんでした。なぜ自分のアカウントが凍結されると思ったのでしょうか?何か問題があったのですか?

イスラエル警察も「仮想通貨口座凍結」を報告

「ハマス関連の仮想通貨口座凍結」については、イスラエル警察からも2023年10月10日の投稿で報告されています。

イスラエル警察のサイバー部隊は、国防省・イスラエル安全保障局・その他の国家情報機関と協力し、ハマスが活動資金調達に使用する仮想通貨アカウントの凍結に成功しました。

仮想通貨は誰でも簡単にウォレットを作成でき、世界中の人々に自由に通貨を送金できるようになっていますが、違法行為や犯罪行為における仮想通貨の使用に関しては適切な対応が求められています。

今回のニュースでは「ハマス関連の仮想通貨口座を凍結したこと」が報告されていますが、先日は今回の戦争で影響を受けた避難民を支援するために仮想通貨で寄付を受け入れる「Crypto Aid Israel」という取り組みが開始されたことも報告されています。

なお、イスラエル警察が押収した資金はイスラエルの国庫に送られる予定であるとも報じられています。

>>BINANCE関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

国内初「スイ(SUI)のステーキングサービス」提供へ:OKCoinJapan

国内初「スイ(SUI)のステーキングサービス」提供へ:OKCoinJapan

ビットコインの「アクティブアドレス数」100万件を突破、価格上昇で関心高まる

ビットコインの「アクティブアドレス数」100万件を突破、価格上昇で関心高まる

ワールドコイン(WLD)「PayPal・OpenAIとの提携」を検討=報道

ワールドコイン(WLD)「PayPal・OpenAIとの提携」を検討=報道

エストニアの仮想通貨取引所「Kriptomat」リップル(XRP)の取り扱い開始

エストニアの仮想通貨取引所「Kriptomat」リップル(XRP)の取り扱い開始

ナスダックCEOは仮想通貨取引所への参入も検討

ナスダックCEOは仮想通貨取引所への参入も検討

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:最大10万円が当たる「暗号資産預入キャンペーン第2弾」開催へ【法人口座】

GMOコイン:最大10万円が当たる「暗号資産預入キャンペーン第2弾」開催へ【法人口座】

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

X Payments「必要とされるすべての機能」を提供予定|決済・資産運用なども可能に?

X Payments「必要とされるすべての機能」を提供予定|決済・資産運用なども可能に?

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す