リップルのCEOがビットコインを攻撃する理由

by BITTIMES

Ripple(リップル)社のCEOであるブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏は、アメリカの投資銀行Stifelがボストンで開催した『2018 Cross Sector Insight Conference』で以前にも増してビットコイン(BTC)に対して厳しい意見を述べています。

ビットコインと中国の関係

ガーリングハウス氏は『2018 Cross Sector Insight Conference』の中で、ビットコイン(BTC)は中国に支配下にあることを語り「そのような通貨を使いたがる国はいないだろう」と厳しく指摘しました。

メディアではあまり伝えられていませんが、注意する必要がある話をお伝えします。

ビットコインは本当に中国にコントロールされています。
ビットコイン全体の50%以上は中国の4人のマイナーによって支配されています。
中国による業界への関与は間違いないでしょうが、中国がコントロールする通貨を使いたがる国はいくつあるでしょうか?おそらくそれはないでしょう。

ガーリングハウス氏は、「ブロックチェーンの技術は金融機関に混乱を招くものではないだろうが、私たちの金融システムで重要な役割を果たす」とも述べています。

ビットコインは非常に遅い

さらに同氏はビットコインでのトランザクションが45分かかるのに比べ、リップルはわずか4秒で済むことを挙げ「リップルは最も優れたデジタル通貨」であると称賛しています。

XRP,ETH,BTCのトランザクション速度の比較(引用:ripple.com)XRP,ETH,BTCのトランザクション速度の比較(引用:ripple.com)

ガーリングハウス氏は、Money20/20カンファレンスの場でも同様に「ビットコインは人々がかつて考えていた万能薬にはならないだろうと思っている」と述べており、「リップルの方がビットコインよりも処理速度が1,000倍も高速であり、ビットコインは非常に遅い」と指摘しています。

Money20/20カンファレンスでリップルCEOが語ったコメントはこちら

リップルの問題点

しかしこれらの発言に対して、一部ではリップル(XRP)独自の明確な弱点について指摘する声も上がっています。

仮想通貨コミュニティの多くが指摘している重要な懸念の1つは、XRPがほとんど分散されていないことです。実際にXRPの総供給量の50%以上はRipple社によって管理されているため、市場の価格を操作する能力は否定できません。

もう一つの大きな問題は、リップルを扱うほとんどの銀行や金融機関がトークンの使用にほとんど関心がないという事実です。

同社が提供する主なサービスはXRPトークンの使用をほとんど必要としないため、XRP発行の動機について多くの人々が疑問を投げかけており「XRPがユーザーへの実用価値を提供するのではなく、同社の資金調達のために発行されたものではないか?」という意見も出ています。

XRPが長期的に保有者にとって良い投資になるかどうかは定かではありませんが、ビットコインに対する最近の攻撃的な姿勢は、一部のユーザーにいくつかの疑念を与えているようです。

仮想通貨に対する意見の違いやその間で交わされている議論は、ここ最近で特に増加しているようにも感じられます。しかし依然として仮想通貨全体では停滞が続いています。

今月に入ってからは、本格的な規制枠組みや各国の各種通貨への対応も明確になりつつあるため、このような議論のいくつかは近い将来には決着がつくのかもしれません。

リップル(XRP)やビットコイン(BTC)などの仮想通貨はbitbank(ビットバンク)で、日本では購入できないその他の仮想通貨などはHuobi.pro(フォビ)での購入がおすすめです。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankはこちら

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

【アナリスト予想】ビットコイン価格、1万ドルから「さらに25%下落」の可能性

【アナリスト予想】ビットコイン価格、1万ドルから「さらに25%下落」の可能性

下落・低迷が続くビットコイン市場「強気派一掃」の可能性も?

下落・低迷が続くビットコイン市場「強気派一掃」の可能性も?

ビットコイン価格「22万から強く反発」機関投資家は底値を待つ:元Goldman Sachs幹部

ビットコイン価格「22万から強く反発」機関投資家は底値を待つ:元Goldman Sachs幹部

Wikipedia:XRP少額決済サービス「Coil」活用に向けたテストを開始

Wikipedia:XRP少額決済サービス「Coil」活用に向けたテストを開始

Jamie Dimon:ビットコイン批判の後悔から7ヶ月、再び「仮想通貨は詐欺」発言

Jamie Dimon:ビットコイン批判の後悔から7ヶ月、再び「仮想通貨は詐欺」発言

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ(Cardano/ADA)「300円台」に突入|過去最高値突破後も価格上昇続く

カルダノ(Cardano/ADA)「300円台」に突入|過去最高値突破後も価格上昇続く

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

Square・TwitterのCEO「ビットコインの分散型取引所(DEX)構築」を計画

Square・TwitterのCEO「ビットコインの分散型取引所(DEX)構築」を計画

TAOTAO:最大5万円もらえる「はじめて取引&カムバック取引応援キャンペーン」開始

TAOTAO:最大5万円もらえる「はじめて取引&カムバック取引応援キャンペーン」開始

OKCoinJapan「IOSTの現物取引サービス」提供開始|価格はやや下落傾向

OKCoinJapan「IOSTの現物取引サービス」提供開始|価格はやや下落傾向

東京ハッシュ「暗号資産現物取引サービス+新規口座開設申込受付」を開始

東京ハッシュ「暗号資産現物取引サービス+新規口座開設申込受付」を開始

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月12日〜18日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月12日〜18日

仮想通貨マイニングの「詐欺アプリ」に要注意|120以上の偽アプリが現在も稼働=報告

仮想通貨マイニングの「詐欺アプリ」に要注意|120以上の偽アプリが現在も稼働=報告

コインチェック:オリジナルラベルビールが当たる「7周年記念キャンペーン」開始

コインチェック:オリジナルラベルビールが当たる「7周年記念キャンペーン」開始

Chiliz Exchange:コリンチャンスの「$SCCPファントークン」9月9日に取引開始

Chiliz Exchange:コリンチャンスの「$SCCPファントークン」9月9日に取引開始

NBAダラス・マーベリックス:仮想通貨決済利用者に「eギフトカード」キャッシュバック

NBAダラス・マーベリックス:仮想通貨決済利用者に「eギフトカード」キャッシュバック

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す