リップルのCEOがビットコインを攻撃する理由

by BITTIMES

Ripple(リップル)社のCEOであるブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏は、アメリカの投資銀行Stifelがボストンで開催した『2018 Cross Sector Insight Conference』で以前にも増してビットコイン(BTC)に対して厳しい意見を述べています。

ビットコインと中国の関係

ガーリングハウス氏は『2018 Cross Sector Insight Conference』の中で、ビットコイン(BTC)は中国に支配下にあることを語り「そのような通貨を使いたがる国はいないだろう」と厳しく指摘しました。

メディアではあまり伝えられていませんが、注意する必要がある話をお伝えします。

ビットコインは本当に中国にコントロールされています。
ビットコイン全体の50%以上は中国の4人のマイナーによって支配されています。
中国による業界への関与は間違いないでしょうが、中国がコントロールする通貨を使いたがる国はいくつあるでしょうか?おそらくそれはないでしょう。

ガーリングハウス氏は、「ブロックチェーンの技術は金融機関に混乱を招くものではないだろうが、私たちの金融システムで重要な役割を果たす」とも述べています。

ビットコインは非常に遅い

さらに同氏はビットコインでのトランザクションが45分かかるのに比べ、リップルはわずか4秒で済むことを挙げ「リップルは最も優れたデジタル通貨」であると称賛しています。

XRP,ETH,BTCのトランザクション速度の比較(引用:ripple.com)XRP,ETH,BTCのトランザクション速度の比較(引用:ripple.com)

ガーリングハウス氏は、Money20/20カンファレンスの場でも同様に「ビットコインは人々がかつて考えていた万能薬にはならないだろうと思っている」と述べており、「リップルの方がビットコインよりも処理速度が1,000倍も高速であり、ビットコインは非常に遅い」と指摘しています。

Money20/20カンファレンスでリップルCEOが語ったコメントはこちら

リップルの問題点

しかしこれらの発言に対して、一部ではリップル(XRP)独自の明確な弱点について指摘する声も上がっています。

仮想通貨コミュニティの多くが指摘している重要な懸念の1つは、XRPがほとんど分散されていないことです。実際にXRPの総供給量の50%以上はRipple社によって管理されているため、市場の価格を操作する能力は否定できません。

もう一つの大きな問題は、リップルを扱うほとんどの銀行や金融機関がトークンの使用にほとんど関心がないという事実です。

同社が提供する主なサービスはXRPトークンの使用をほとんど必要としないため、XRP発行の動機について多くの人々が疑問を投げかけており「XRPがユーザーへの実用価値を提供するのではなく、同社の資金調達のために発行されたものではないか?」という意見も出ています。

XRPが長期的に保有者にとって良い投資になるかどうかは定かではありませんが、ビットコインに対する最近の攻撃的な姿勢は、一部のユーザーにいくつかの疑念を与えているようです。

仮想通貨に対する意見の違いやその間で交わされている議論は、ここ最近で特に増加しているようにも感じられます。しかし依然として仮想通貨全体では停滞が続いています。

今月に入ってからは、本格的な規制枠組みや各国の各種通貨への対応も明確になりつつあるため、このような議論のいくつかは近い将来には決着がつくのかもしれません。

リップル(XRP)やビットコイン(BTC)などの仮想通貨はbitbank(ビットバンク)で、日本では購入できないその他の仮想通貨などはHuobi.pro(フォビ)での購入がおすすめです。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankはこちら

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Morgan Stanley:仮想通貨の専門家をCredit Suisseから獲得|デジタル資産部門のトップに任命

Morgan Stanley:仮想通貨の専門家をCredit Suisseから獲得|デジタル資産部門のトップに任命

Coincheck:リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)を「大口OTC取引サービス」に追加

Coincheck:リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)を「大口OTC取引サービス」に追加

仮想通貨決済アプリ「SPEDN」公開|スタバなど小売大手「15社」で暗号資産が利用可能に

仮想通貨決済アプリ「SPEDN」公開|スタバなど小売大手「15社」で暗号資産が利用可能に

ビットコイン:半減期前最後の「難易度調整」を完了|3回連続で上昇

ビットコイン:半減期前最後の「難易度調整」を完了|3回連続で上昇

Bitcoinは世界の単一通貨になる|Twitter CEO

Bitcoinは世界の単一通貨になる|Twitter CEO

先着順で「ビットコインプレゼント」恩返しキャンペーン開催へ:Huobi Japan

先着順で「ビットコインプレゼント」恩返しキャンペーン開催へ:Huobi Japan

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

Huobi Global「ロシアルーブル(RUB)の入出金」をサポート|AdvCashと提携

Huobi Global「ロシアルーブル(RUB)の入出金」をサポート|AdvCashと提携

【Chiliz】PSG&JUVファントークン「100〜200%価格急騰」3つの主要取引所で取引開始

【Chiliz】PSG&JUVファントークン「100〜200%価格急騰」3つの主要取引所で取引開始

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

イタリアのバイクブランド「Soriano Motori」仮想通貨決済に対応【世界初】

イタリアのバイクブランド「Soriano Motori」仮想通貨決済に対応【世界初】

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Ripple社「米SECの訴訟問題」で声明|米国含む世界中での運用・サポートを継続

Ripple社「米SECの訴訟問題」で声明|米国含む世界中での運用・サポートを継続

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す