ビットコインキャッシュ(BCH)の非接触型ウォレットアプリ「HandCash」

by BITTIMES

ビットコインキャッシュ(BCH)決済にも対応している近距離無線通信(NFC)を搭載した、仮想通貨ウォレットアプリ『HandCash(ハンドキャッシュ)』の機能や魅力を実際に利用している動画と一緒に紹介します。

HandCash(ハンドキャッシュ)とは

handcash

HandCash(ハンドキャッシュ)は、誰でも簡単にビットコインキャッシュ(BCH)の取引ができる非接触型のウォレットアプリです。
近距離無線通信(NFC)という技術を採用することによって、QRコードの読み取りやアドレスの入力をする必要がなく、より簡単にBCHでの取引を行うことができます。

NFCは、SuicaやEdy、ApplePayなどのように端末を近づけるだけで瞬時にデータを送受信することが可能です。

ウォレットのバックアップができる『NFCタグシール』

『NFCタグシール』を使えば、ウォレットを簡単にバックアップすることができます。
以下の動画では、実際にNFCタグシールにウォレットをバックアップして、そこから復元という作業を行なっています。

一般的なウォレットでバックアップを取るためには、リカバリーフレーズを紙などに書き写して安全に保管する必要がありますが、NFCタグシールを使えば書き写す必要がないため、簡単にバックアップを行うことができます。書き写す際の誤字脱字などの心配がないだけでなく、紙などに比べ、より安心して保管することができます。

現在はAndroid版のみの公開となっていますが、公式サイトではiOS版も2018年の春にリリース予定であることが書かれています。

HandCash(ハンドキャッシュ)の詳細やインストールは以下のリンクからどうぞ。
公式ホームページ:handcash.io
アプリダウンロードページ(Android版):play.google.com

ビットコインキャッシュがコンビニで利用可能に?

仮想通貨の時価総額ランキング*4位のビットコインキャシュ(BCH)は、近い将来に日本のコンビニでも支払いに利用できるようになると言われています。
*2018年6月時点

以下の動画ではビットコインジーザスとして有名なRoger Ver(ロジャー・バー)氏が「日本のコンビニでBCH決済が可能になる」と語っています。

コンビニでのBCH決済が可能になった時には、HandCashは多くの人にとって必須のアプリになるでしょう。
その他のウォレットアプリには、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨も一緒に保管することができるアプリなどもあるため、今のうちからお気に入りのアプリを探してみるといいでしょう。

仮想通貨のウォレットは必須アイテム

仮想通貨ウォレットは自分の大切な資産を守るためにも特に重要なものの一つです。
未だに取引所で保管している方も多いようですが、coinchaeck(コインチェック)ネム(XEM)流出事件の後にも世界中で同様の事件が起きているため、仮想通貨の開発者からも注意の声が上がっています。

先週韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)で起きた約3,000万ドル(約33億円)相当の仮想通貨が流失したハッキング事件の際には、ライトコイン(LTC)創業者であるCharlie Lee(チャーリー・リー)氏が、次のように注意を促しています。

またハッキングです。
幸いBithumbは全額カバーできますが、3000万ドルは小額ではありません。
私が何度も言いましたように、あなたが積極的に取引している通貨だけを賢く保持してください。
取引が終わったらすぐに引き出すべきです。

最近は色々な機能を備えた数多くのアプリがリリースされているため、今のうちからセキュリティ面や機能性などについても調べながら、自分のライフスタイルに合ったお気に入りのウォレットを探してみてください。

セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)は6月末まで取引手数料無料でビットコインキャッシュなどの仮想通貨が購入できます。また、 Zaif(ザイフ)では月々一定額で各種仮想通貨を積立てることもできます。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 BCHを取引手数料無料で購入できる取引所bitbankはこちら

仮想通貨取引所 Zaif の画像 仮想通貨の積立もできる取引所Zaifはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップル社が「xCurrent」を使った一般向け送金アプリを発表

リップル社が「xCurrent」を使った一般向け送金アプリを発表

ビットコインキャッシュが選ばれる理由|ビットコインとの違い

ビットコインキャッシュが選ばれる理由|ビットコインとの違い

ビットコインデビットカード初心者に最適なVANDLE CARD(バンドルカード)

ビットコインデビットカード初心者に最適なVANDLE CARD(バンドルカード)

iOS用ウォレットアプリ 「BRD」がビットコインキャッシュに対応

iOS用ウォレットアプリ 「BRD」がビットコインキャッシュに対応

GMOグループが本格的な仮想通貨取引アプリをリリース | イギリス

GMOグループが本格的な仮想通貨取引アプリをリリース | イギリス

カナダ人ラッパーが「Lil Windex/Bitcoin Ca$h」をリリース

カナダ人ラッパーが「Lil Windex/Bitcoin Ca$h」をリリース

注目度の高い仮想通貨ニュース

フェルナンド・アロンソ「KODAK」のブロックチェーンで全データ管理へ

フェルナンド・アロンソ「KODAK」のブロックチェーンで全データ管理へ

熊本電力がマイニングファームを本格稼働|日本をBlockchain技術の中心へ

熊本電力がマイニングファームを本格稼働|日本をBlockchain技術の中心へ

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月1日〜7日

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月1日〜7日

仮想通貨KINと3億人が使うチャットアプリ「Kik」が統合

仮想通貨KINと3億人が使うチャットアプリ「Kik」が統合

幻冬舎が仮想通貨やブロックチェーンのウェブメディア「あたらしい経済」を創刊|独自トークンも発行予定

幻冬舎が仮想通貨やブロックチェーンのウェブメディア「あたらしい経済」を創刊|独自トークンも発行予定

Ethereum Classicムーン間近か?coinbaseへの上場が早まるとの見解も

Ethereum Classicムーン間近か?coinbaseへの上場が早まるとの見解も

ロナウジーニョ「Blockchainで世界に貢献したい」ICOやVRスタジアム開発予定

ロナウジーニョ「Blockchainで世界に貢献したい」ICOやVRスタジアム開発予定

BCHとBTCのウォレットアプリが250万ダウンロード突破|Bitcoin.com

BCHとBTCのウォレットアプリが250万ダウンロード突破|Bitcoin.com

Bithumbがハッキング被害に!仮想通貨約33億円相当が流出

Bithumbがハッキング被害に!仮想通貨約33億円相当が流出

スタンフォード大学がブロックチェーン研究センターを設立|イーサリアム財団も支援

スタンフォード大学がブロックチェーン研究センターを設立|イーサリアム財団も支援

Ganapatiグループ、オンラインカジノで直接ベット可能な「G8Cトークン」を発行するICOを実施|7月7日発表

Ganapatiグループ、オンラインカジノで直接ベット可能な「G8Cトークン」を発行するICOを実施|7月7日発表

ビットコインキャッシュ(BCH)のW杯ゲームアプリがリリース|Bitcoin Cash Football

ビットコインキャッシュ(BCH)のW杯ゲームアプリがリリース|Bitcoin Cash Football

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す