ビットコインキャッシュ(BCH)の非接触型ウォレットアプリ「HandCash」

by BITTIMES   

ビットコインキャッシュ(BCH)決済にも対応している近距離無線通信(NFC)を搭載した、仮想通貨ウォレットアプリ『HandCash(ハンドキャッシュ)』の機能や魅力を実際に利用している動画と一緒に紹介します。

HandCash(ハンドキャッシュ)とは

handcash

HandCash(ハンドキャッシュ)は、誰でも簡単にビットコインキャッシュ(BCH)の取引ができる非接触型のウォレットアプリです。
近距離無線通信(NFC)という技術を採用することによって、QRコードの読み取りやアドレスの入力をする必要がなく、より簡単にBCHでの取引を行うことができます。

NFCは、SuicaやEdy、ApplePayなどのように端末を近づけるだけで瞬時にデータを送受信することが可能です。

ウォレットのバックアップができる『NFCタグシール』

『NFCタグシール』を使えば、ウォレットを簡単にバックアップすることができます。
以下の動画では、実際にNFCタグシールにウォレットをバックアップして、そこから復元という作業を行なっています。

一般的なウォレットでバックアップを取るためには、リカバリーフレーズを紙などに書き写して安全に保管する必要がありますが、NFCタグシールを使えば書き写す必要がないため、簡単にバックアップを行うことができます。書き写す際の誤字脱字などの心配がないだけでなく、紙などに比べ、より安心して保管することができます。

現在はAndroid版のみの公開となっていますが、公式サイトではiOS版も2018年の春にリリース予定であることが書かれています。

HandCash(ハンドキャッシュ)の詳細やインストールは以下のリンクからどうぞ。
公式ホームページ:handcash.io
アプリダウンロードページ(Android版):play.google.com

ビットコインキャッシュがコンビニで利用可能に?

仮想通貨の時価総額ランキング*4位のビットコインキャシュ(BCH)は、近い将来に日本のコンビニでも支払いに利用できるようになると言われています。
*2018年6月時点

以下の動画ではビットコインジーザスとして有名なRoger Ver(ロジャー・バー)氏が「日本のコンビニでBCH決済が可能になる」と語っています。

コンビニでのBCH決済が可能になった時には、HandCashは多くの人にとって必須のアプリになるでしょう。
その他のウォレットアプリには、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨も一緒に保管することができるアプリなどもあるため、今のうちからお気に入りのアプリを探してみるといいでしょう。

仮想通貨のウォレットは必須アイテム

仮想通貨ウォレットは自分の大切な資産を守るためにも特に重要なものの一つです。
未だに取引所で保管している方も多いようですが、coinchaeck(コインチェック)ネム(XEM)流出事件の後にも世界中で同様の事件が起きているため、仮想通貨の開発者からも注意の声が上がっています。

先週韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)で起きた約3,000万ドル(約33億円)相当の仮想通貨が流失したハッキング事件の際には、ライトコイン(LTC)創業者であるCharlie Lee(チャーリー・リー)氏が、次のように注意を促しています。

またハッキングです。
幸いBithumbは全額カバーできますが、3000万ドルは小額ではありません。
私が何度も言いましたように、あなたが積極的に取引している通貨だけを賢く保持してください。
取引が終わったらすぐに引き出すべきです。

最近は色々な機能を備えた数多くのアプリがリリースされているため、今のうちからセキュリティ面や機能性などについても調べながら、自分のライフスタイルに合ったお気に入りのウォレットを探してみてください。

ビットコインキャッシュ(BCH)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

分散型検索エンジン「BitClave」ってなに?

分散型検索エンジン「BitClave」ってなに?

Amazonなどで使えるビットコイン決済アプリ「FOLD」Lightning Networkに対応

Amazonなどで使えるビットコイン決済アプリ「FOLD」Lightning Networkに対応

CARDANO(ADA)など3銘柄|仮想通貨アプリ「Abra」で利用可能に

CARDANO(ADA)など3銘柄|仮想通貨アプリ「Abra」で利用可能に

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月6日〜12日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月6日〜12日

ビットコインSVの「上場廃止」仮想通貨企業が続々と発表|BTC価格に影響する可能性も

ビットコインSVの「上場廃止」仮想通貨企業が続々と発表|BTC価格に影響する可能性も

リップル(XRP)の今後に影響大?|upholdにXRP追加

リップル(XRP)の今後に影響大?|upholdにXRP追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

土地登記にブロックチェーン技術活用へ|アブダビ政府機関がインドIT企業と提携

土地登記にブロックチェーン技術活用へ|アブダビ政府機関がインドIT企業と提携

ビットポイント:仮想通貨の送金サービス「9月30日」再開へ

ビットポイント:仮想通貨の送金サービス「9月30日」再開へ

BINANCE:DOGE・NPXSなどを含む「合計30種類」の通貨ペア廃止へ|30日午後5時から

BINANCE:DOGE・NPXSなどを含む「合計30種類」の通貨ペア廃止へ|30日午後5時から

Apple社「仮想通貨発行」の計画は無い|ティム・クックCEOが理由を説明

Apple社「仮想通貨発行」の計画は無い|ティム・クックCEOが理由を説明

ブロックチェーンは地方の未来を変えるのか:熊本ブロックチェーンカンファレンス2019

ブロックチェーンは地方の未来を変えるのか:熊本ブロックチェーンカンファレンス2019

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

テレグラム:TONブロックチェーン公開時期の「延期」を提案|投資家に署名求める

テレグラム:TONブロックチェーン公開時期の「延期」を提案|投資家に署名求める

Ethereum上のブロックチェーンドメイン「.crypto」登録受付開始:Unstoppable Domains

Ethereum上のブロックチェーンドメイン「.crypto」登録受付開始:Unstoppable Domains

金融大手Fidelity:仮想通貨カストディ「本格的に運用開始」他にはない利点を強調

金融大手Fidelity:仮想通貨カストディ「本格的に運用開始」他にはない利点を強調

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す