オランダの仮想通貨取引所Blockportが米国市場に参入

by BITTIMES   

オランダの仮想通貨取引プラットフォームであるBlockport(ブロックポート)は、米国市場に参入する計画を明らかにしました。同社はアメリカで確立された地位を築いているcoinbase(コインベース)などに挑戦する計画を進めています。

coinbaseへの挑戦

アムステルダムに拠点を置くBlockport(ブロックポート)は、仮想通貨取引プラットフォームのパブリックベータ版をリリースしました。これにより欧州のユーザーは、
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
などの5種類の仮想通貨を購入・販売・取引できるようになりました。また同社は6月28日、米国市場に参入し、現在のリーダー的存在であるcoinbase(コインベース)に挑戦していくことを計画していると述べています。

「ブロックポートの急速な成長と、米国最大の仮想通貨取引所Coinbaseの代替市場に対する需要の高まりを受け、同社は欧州事業を米国に拡大する予定です」

サンフランシスコを拠点とするcoinbaseは、創業以来6年間、米国における最大の仮想通貨取引プラットフォームの1つとしての立場を確立していますが、ここ数ヶ月間ではユーザーからの批判も相次いでいます。

米国証券取引委員会(SEC)およびカリフォルニア州業務部監督局に提出された134ページの苦情の中でcoinbaseを批判するユーザーたちは、同社が『資金不足に対する顧客の苦情を繰り返し無視しており、顧客を体系的に欺き、ユーザーから資金を盗んだ』と主張しています。

Blockportの革新的なサービス

blockport

2017年に設立されたBlockportは『社会と取引を結びつける、直感的で使いやすい取引プラットフォーム』を開発しています。

Blockportは50万人以上の仮想通貨トレーダーを抱えており、そのうちの20%は米国に所在しています。このようなことから同社は今後数ヶ月の間に、
・米ドル(USD)の取引ペア
・ソーシャルトレードの機能
・さらに多くの暗号通貨を含む新しい機能
などをプラットフォームに追加することを予定しています。

同社のホワイトペーパーには、より高度なトレーダーに従ってその取引をコピーするようなソーシャルトレーディング機能を含めることで、『全く新しい仮想通貨取引体験を創造する』ことを目標としていることが記されており、取引をコピーするトレーダーに対して『Blockportトークン』を支払うことで、ユーザーはこのオプションを使用することができると説明されています。

イーサリアムベースのERC20トークンである「Blockportトークン」は、ユーザーがBlockportプラットフォームで追加のサービスや割引取引料金を支払うための通貨として機能します。ブロックポートは、プラットフォームとエコシステムの開発資金を調達するため、今年初めにトークンセールで1,400万ユーロ(約18億円)を調達しました。

ブロックポートの創業者であるSebastiaan Lichter(セバスチャン・リヒター)氏は、「仮想通貨取引への関心は米国では特に強かったが、市場には新規参入者にアピールするユーザーフレンドリーなソリューションがまだ不足していた」と述べています。

「私たちは"仮想通貨の出現とともに発展した新しいデジタル経済には、誰もが参加できるはずである"というビジョンに基づいてBlockportを立ち上げました。参加は安全で透明でなければなりません。」

「現在の取引プラットフォームのセキュリティ、ユーザーフレンドリーなソリューションと実践的な情報の欠如は、多くの人々が仮想通貨で取引を開始しない重要な理由です。これは重要なチャンスを逃しています。」

競争が激化する米国仮想通貨市場

米国の仮想通貨取引業界は、Gemini(ジェミニ)やcoinbaseなどのような定評のある仮想通貨取引所に挑戦する国内外の取引所が増えてきているため、近年ますます競争が激化してきています。

米国の株式仲介機関であるRobinhoodは最近、『Robinhood Crypto』と呼ばれる無料の仮想通貨取引サービスを開始しました。同社は仮想通貨の世界でその地位を拡大し、より多くの仮想通貨をサポートし、仮想通貨ウォレットサービスを提供することを検討しているとも報じられています。

このように活発化する米国の仮想通貨市場の今後の行方には世界からも大きな注目が集まっています。coinbaseは近い将来に、日本でも仮想通貨取引サービスを提供する予定であることも明らかにされているため、これらの複数の企業がこれから米国でどのような評価を受け、どういった立ち位置になっていくのかにも注目が集まります。

Blockportが取り扱うビットコインなどの仮想通貨はGMOコインから取引手数料無料で購入することができます。

GMO FX 取引の画像仮想通貨取引所GMOコインの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【重要】BINANCE:2019年3月12日に「約8時間のメンテナンス」を実施

【重要】BINANCE:2019年3月12日に「約8時間のメンテナンス」を実施

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

BitMEX:ビットコインの出金額、1日で「約91億円相当」に|調査報道でクジラも撤退か

BitMEX:ビットコインの出金額、1日で「約91億円相当」に|調査報道でクジラも撤退か

韓国大手芸能事務所「SM Entertainment」独自の仮想通貨・ブロックチェーン開発を計画

韓国大手芸能事務所「SM Entertainment」独自の仮想通貨・ブロックチェーン開発を計画

CARDANO(ADA):仮想通貨取引所「Kraken」で取扱い開始 ー Quantum(QTUM)も

CARDANO(ADA):仮想通貨取引所「Kraken」で取扱い開始 ー Quantum(QTUM)も

流出した仮想通貨、事件後1年で「20カ国以上」に拡散=日経報道

流出した仮想通貨、事件後1年で「20カ国以上」に拡散=日経報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

ビットポイント:仮想通貨の送金サービス「9月30日」再開へ

ビットポイント:仮想通貨の送金サービス「9月30日」再開へ

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月29日〜10月5日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月29日〜10月5日

Apple社「仮想通貨発行」の計画は無い|ティム・クックCEOが理由を説明

Apple社「仮想通貨発行」の計画は無い|ティム・クックCEOが理由を説明

学生支援団体「ブロックチェーン教育連盟」発足|Tron・Emurgo・NEMなどが参加

学生支援団体「ブロックチェーン教育連盟」発足|Tron・Emurgo・NEMなどが参加

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

オハイオ州:ビットコインによる税金支払いサービスの「一時停止」を発表

オハイオ州:ビットコインによる税金支払いサービスの「一時停止」を発表

Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

Bakkt:ビットコイン先物取引を「正式に開始」

Ripple投資部門:分散型金融(DeFi)構築に向け「Logos Network」を買収

Ripple投資部門:分散型金融(DeFi)構築に向け「Logos Network」を買収

警視庁:仮想通貨ビットコイン要求する「脅迫メール」に注意喚起

警視庁:仮想通貨ビットコイン要求する「脅迫メール」に注意喚起

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す