真のビットコインはどちらか?|元ゴールドマンサックス関係者の見解

by BITTIMES   

ゴールドマン・サックスのMichael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏は長い間続いているビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の間で議論されているブランドの正当性についてコメントし、ビットコインキャッシュ(BCH)を批判しました。

マイケル・ノヴォグラッツ氏とは

以前ゴールドマン・サックスで勤務していたMichael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏は、ビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)の間で長い間議論されている2つの仮想通貨の正当性について、自身の考えをTwitter上で述べています。

ノヴォグラッツ氏は2015年にゴールドマン・サックスを辞めたのちに仮想通貨投資に専念し、その後市場が活発になったことによって業界で最も裕福な投資家の一人となっており、彼が今年立ち上げた仮想通貨に特化した商業銀行である「Galaxy Digital(ギャラクシーデジタル)」は、市場が軟調となる中でも280億円近くもの資金を調達しています。

そんなノヴォグラッツ氏は、ビットコイン(BTC)こそがサトシ・ナカモトが著したホワイトペーパーで論述されている仮想通貨であると主張しています。

Twitterで行われた議論の内容

Twitterの@Bitcoinアカウントは5月4日、ビットコインキャッシュ(BCH)こそが一番古い仮想通貨であり、ビットコインコア(BTC)はホワイトペーパーのない実験的な通貨であると主張しました。

Bitcoin Cashは、最も古い潜在通貨です。
そのホワイトペーパーは、2008年と2009年1月に採掘される起源となるブロックで公開されました。

Bitcoin Core(BTC)はホワイトペーパーを持っておらず、現在のモデルの下で動くだけだった実験的な通貨です。

この@Bitcoinアカウントのツイートに対して、ノヴォグラッツ氏は次のように反論しています。

もう沢山だ。ビットコインコアはBTCです。それは価値のあるストアであり、デジタルの金です。その時価総額にビットコインキャッシュは遠く及びません。もし決済通貨になりたければ、安定した価値をもたなくてはならない。なぜそれを所有するのですか?。

長い間議論されるブランドの正当性

ビットコインコミュニティ内でのブランド正当性の議論は、2017年8月のハードフォークによってビットコインキャッシュ(BCH)が誕生してから長い間続いています。ビットコインキャッシュはプロトコルを変更するによって、取引を高速かつ安価にすることを目指しています。

ビットコイン(BTC)は、G20サミットでは「通貨ではなく資産である」とも言われています。高い時価総額を誇っているビットコインは、以前から取引にかかる時間や高い送金手数料などの問題が指摘されており、実際の支払い手段としては利用しづらいという問題を抱えていました。

世界中の国々では、ビットコイン決済の普及とともにビットコインキャッシュ決済の導入も増えて来ています。

仮想通貨取引所BitTradeはビットコインやビットコインキャッシュの購入もできてセキュリティ面でも安心です。

仮想通貨取引所の画像仮想通貨取引所BitTradeの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインの強気相場「人民元下落」が開始の合図|鍵は「7.00」BitMEX CEO

ビットコインの強気相場「人民元下落」が開始の合図|鍵は「7.00」BitMEX CEO

SBI VCトレード:貸暗号資産「VCTRADE LENDING」サービス開始

SBI VCトレード:貸暗号資産「VCTRADE LENDING」サービス開始

【速報】BINANCE:ハッキングでビットコイン「約44億円」相当が流出

【速報】BINANCE:ハッキングでビットコイン「約44億円」相当が流出

取引所からのビットコイン出金が急増|3月の暴落後に「310,000BTC以上」が移動

取引所からのビットコイン出金が急増|3月の暴落後に「310,000BTC以上」が移動

米高級ホテル「Kessler Collection」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなど8銘柄

米高級ホテル「Kessler Collection」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなど8銘柄

ビットポイント「ビットコインがもらえる!新規口座開設キャンペーン」開催

ビットポイント「ビットコインがもらえる!新規口座開設キャンペーン」開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

SEBC「シンボル(XYM)」取扱い開始|フォロー&リツイートキャンペーンも開催

SEBC「シンボル(XYM)」取扱い開始|フォロー&リツイートキャンペーンも開催

JPYC決済で「徳島県海陽町へのふるさと納税」が可能に|Disportと地方創生を推進

JPYC決済で「徳島県海陽町へのふるさと納税」が可能に|Disportと地方創生を推進

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年8月15日〜21日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年8月15日〜21日

全世界のNFTクリエイターを発掘・支援「XANALIA NFTART AWARD 2021」開催へ

全世界のNFTクリエイターを発掘・支援「XANALIA NFTART AWARD 2021」開催へ

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

エルサルバドルで法定通貨化控えるビットコイン「5万ドル突破」価格変動にも要注意

エルサルバドルで法定通貨化控えるビットコイン「5万ドル突破」価格変動にも要注意

Visa:CryptoPunksのNFTアート作品「約1,650万円」で購入

Visa:CryptoPunksのNFTアート作品「約1,650万円」で購入

米Coinbase:BTC・ETH・PoS・DeFi関連の暗号資産に「5億ドル」投資へ

米Coinbase:BTC・ETH・PoS・DeFi関連の暗号資産に「5億ドル」投資へ

Huobi Japan:新規口座開設でHTが必ず当たる「クーポンキャンペーン」開催

Huobi Japan:新規口座開設でHTが必ず当たる「クーポンキャンペーン」開催

パレット(Palette)「メインネット正式稼働」発表受けPLT価格も上昇中

パレット(Palette)「メインネット正式稼働」発表受けPLT価格も上昇中

仮想通貨市場全体で「価格急落」エルサルバドル政府はビットコイン押し目買い

仮想通貨市場全体で「価格急落」エルサルバドル政府はビットコイン押し目買い

Upbit運営会社「Dunamu」韓国初の暗号資産事業者ライセンス申請

Upbit運営会社「Dunamu」韓国初の暗号資産事業者ライセンス申請

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す