真のビットコインはどちらか?|元ゴールドマンサックス関係者の見解

by BITTIMES   

ゴールドマン・サックスのMichael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏は長い間続いているビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の間で議論されているブランドの正当性についてコメントし、ビットコインキャッシュ(BCH)を批判しました。

マイケル・ノヴォグラッツ氏とは

以前ゴールドマン・サックスで勤務していたMichael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏は、ビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)の間で長い間議論されている2つの仮想通貨の正当性について、自身の考えをTwitter上で述べています。

ノヴォグラッツ氏は2015年にゴールドマン・サックスを辞めたのちに仮想通貨投資に専念し、その後市場が活発になったことによって業界で最も裕福な投資家の一人となっており、彼が今年立ち上げた仮想通貨に特化した商業銀行である「Galaxy Digital(ギャラクシーデジタル)」は、市場が軟調となる中でも280億円近くもの資金を調達しています。

そんなノヴォグラッツ氏は、ビットコイン(BTC)こそがサトシ・ナカモトが著したホワイトペーパーで論述されている仮想通貨であると主張しています。

Twitterで行われた議論の内容

Twitterの@Bitcoinアカウントは5月4日、ビットコインキャッシュ(BCH)こそが一番古い仮想通貨であり、ビットコインコア(BTC)はホワイトペーパーのない実験的な通貨であると主張しました。

Bitcoin Cashは、最も古い潜在通貨です。
そのホワイトペーパーは、2008年と2009年1月に採掘される起源となるブロックで公開されました。

Bitcoin Core(BTC)はホワイトペーパーを持っておらず、現在のモデルの下で動くだけだった実験的な通貨です。

この@Bitcoinアカウントのツイートに対して、ノヴォグラッツ氏は次のように反論しています。

もう沢山だ。ビットコインコアはBTCです。それは価値のあるストアであり、デジタルの金です。その時価総額にビットコインキャッシュは遠く及びません。もし決済通貨になりたければ、安定した価値をもたなくてはならない。なぜそれを所有するのですか?。

長い間議論されるブランドの正当性

ビットコインコミュニティ内でのブランド正当性の議論は、2017年8月のハードフォークによってビットコインキャッシュ(BCH)が誕生してから長い間続いています。ビットコインキャッシュはプロトコルを変更するによって、取引を高速かつ安価にすることを目指しています。

ビットコイン(BTC)は、G20サミットでは「通貨ではなく資産である」とも言われています。高い時価総額を誇っているビットコインは、以前から取引にかかる時間や高い送金手数料などの問題が指摘されており、実際の支払い手段としては利用しづらいという問題を抱えていました。

世界中の国々では、ビットコイン決済の普及とともにビットコインキャッシュ決済の導入も増えて来ています。

仮想通貨取引所BitTradeはビットコインやビットコインキャッシュの購入もできてセキュリティ面でも安心です。

仮想通貨取引所の画像仮想通貨取引所BitTradeの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨はどうなる?世界各国の現状と今後の動き

仮想通貨はどうなる?世界各国の現状と今後の動き

ビットコイン(BTC)の底値は「ゼロ」投資会社Creative Planning CIO:Peter Mallouk

ビットコイン(BTC)の底値は「ゼロ」投資会社Creative Planning CIO:Peter Mallouk

ビットコインキャッシュ(BCC/BCH)がもらえる取引所一覧

ビットコインキャッシュ(BCC/BCH)がもらえる取引所一覧

ビットコイン(bitcoin/BTC)200万円を突破!早すぎる高騰にバブルの崩壊の警戒感も...

ビットコイン(bitcoin/BTC)200万円を突破!早すぎる高騰にバブルの崩壊の警戒感も...

トップ10の仮想通貨で上昇続く|BTCは100万円台目前

トップ10の仮想通貨で上昇続く|BTCは100万円台目前

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月7日〜13日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月7日〜13日

注目度の高い仮想通貨ニュース

IOTA:ブロックチェーン活用した「食物アレルギー追跡アプリ」開発へ|Primorityと提携

IOTA:ブロックチェーン活用した「食物アレルギー追跡アプリ」開発へ|Primorityと提携

BINANCE:仮想通貨「先物取引プラットフォーム」公開へ|レバレッジ最大20倍

BINANCE:仮想通貨「先物取引プラットフォーム」公開へ|レバレッジ最大20倍

ブロックチェーン貿易基盤「TradeLens」海運業界で主流に|日本大手企業も参加

ブロックチェーン貿易基盤「TradeLens」海運業界で主流に|日本大手企業も参加

仮想通貨業界の注目イベント「バフェットランチ」3,4人目の参加者が決定

仮想通貨業界の注目イベント「バフェットランチ」3,4人目の参加者が決定

Cardano(ADA)対応開始、ハードウェアウォレット「ELLIPAL」で保管可能に

Cardano(ADA)対応開始、ハードウェアウォレット「ELLIPAL」で保管可能に

ビットポイント:流出した仮想通貨の調達を完了「海外取引所」での被害報告も

ビットポイント:流出した仮想通貨の調達を完了「海外取引所」での被害報告も

Cardano(ADA)決済導入に役立つ「請求URL・QRコード生成機能」追加:ヨロイウォレット

Cardano(ADA)決済導入に役立つ「請求URL・QRコード生成機能」追加:ヨロイウォレット

チリーズ(CHZ)イタリアのサッカークラブ「AS Roma」と提携|仮想通貨発行を支援

チリーズ(CHZ)イタリアのサッカークラブ「AS Roma」と提携|仮想通貨発行を支援

ビットコイン革命は「政府でも止められない」米国会議員が公聴会で発言

ビットコイン革命は「政府でも止められない」米国会議員が公聴会で発言

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

ビットコインのボラティリティ「2017年強気相場時」と同水準に

ビットコインのボラティリティ「2017年強気相場時」と同水準に

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す