John McAfee & Bitfi:セキュリティカンファレンスで「最も酷いで賞」を受賞

by BITTIMES   

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏の解錠不可能な仮想通貨ウォレット「Bitfi Wallet」は幾度となくハッキング成功の主張を受けていますが、この戦いは収束する気配もなく、依然として賞金を手にした人物は現れていません。彼らは先週、世界最高峰とも言われるセキュリティカンファレンスで"特別な賞"を受賞しています。

こちらから読む:戦うことをやめない伝説の男「ジョン・マカフィー」を知る

「Bitfi Wallet」は"unhackable"

bitfi-unhackable

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏が「Bitfi Wallet」の報酬プログラムを発表してから、やがて1ヶ月が過ぎようとしています。この1ヶ月間の間でもすでに数多くのハッカー達が「ハッキングした」と主張しています。

それらの報告の内容は非常に色々なものがあり、Bitfiのデバイスで音楽を再生したり、ビデオを再生したり、ゲームをプレイしたりと様々です。root権を取得したというハッカーも複数報告されていますが、これらの報告もマカフィー氏にとっては大したことではありません。

マカフィー氏は依然として「Bitfi Wallet」は"unhackable"だと主張しています。

笑い過ぎて息ができません。
ハッカー達は「Bitfi Wallet」にDoom(シューティングゲーム)をインストールしたり、ビデオや音楽を再生したり、rootにアクセスしたりしていますが、私たちはその程度の腕前に対して報酬を支払うつもりはありません。

重要なのは、私たちのウォレットからコインを奪えた人は誰もいないということです。

このような一連の主張や討論については、すでに数多くの議論が繰り返されており、新しいハッキングの報告が出るにつれてそれらの戦いはヒートアップしてきています。最近の報告では「ウォレットとBitfiとの間で交わされるデータの送受信を傍受した」という内容も報告されており、脆弱性を指摘する意見も出ています。

このような内容を根拠に報酬の支払いを求める声も出ていますが、相変わらず実際に報酬を手にするための条件を完璧にクリアしていると認められた人物は一人も確認されていません。

これらの複雑な内容については、専門的な知識を持たない私たちのようの一般人にとっては判断が難しいものの、事実としてあるのは、マカフィー氏の言うようにウォレットからコインを盗み出した人物は今でも1人をおらず、それによって報酬を得るための条件を満たしたいう判断は下されていないということです。

そして一つだけ明らかなことは、25万ドル(約2,750万円)の賞金を手にすることができるのはウォレット内のビットコインを盗み出すことができた人だけだということです。

セキュリティバグ「Pwnie Award」

pwnie-awards

ハッキング不可能な仮想通貨ウォレットに関する議論は世界的にも大きな議論の的となっており、John McAfee氏とBitfiは8月8日、世界最高峰のセキュリティカンファレンスといわれる「Black Hat conference(ブラックハット・カンファレンス)」の中で"ある賞"を受賞しています。

彼らは今回の受賞式で『最も優れたセキュリティバグ』を決定する『Pwnie Awards』の中でも、特に一番面白い賞であるとも言われる「2018 Lamest Vendor Response(顧客への対応が非常に悪い賞)」を受賞しています。

(写真:Neha Narula)(写真:Neha Narula

マカフィー氏らは、数々の批判を受けながらも依然として「Bitfi Wallet」は"最も安全だとウォレット"であると明言しています。これに対抗する有力とみられている意見も複数報告されてはいるものの、これらの議論に決着がつくまでには、まだまだ時間がかかると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

チリーズ(Chiliz/CHZ)トルコに「Sociosの子会社」設立|市場開拓を加速

チリーズ(Chiliz/CHZ)トルコに「Sociosの子会社」設立|市場開拓を加速

ブラジル中央銀行総裁「CBDC発行に必要な条件、2022年には整う可能性」

ブラジル中央銀行総裁「CBDC発行に必要な条件、2022年には整う可能性」

MoneyGram「Ripple製品用いた取引の一時停止」を発表|SEC訴訟の不確実性を考慮

MoneyGram「Ripple製品用いた取引の一時停止」を発表|SEC訴訟の不確実性を考慮

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

NASDAQにマイニング機器製造大手「Ebang」が上場|暗号資産取引所の設立も計画

NASDAQにマイニング機器製造大手「Ebang」が上場|暗号資産取引所の設立も計画

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」サービス提供開始|ゲーム関連NFTから取扱い

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」サービス提供開始|ゲーム関連NFTから取扱い

ブルームバーグターミナル「Cardano/ADA」の情報を追加

ブルームバーグターミナル「Cardano/ADA」の情報を追加

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す